コンテンツへ

    【北海道 釧路市・阿寒川】いつ行ってもニジマスが迎えてくれる原始の流れ

    道東エリアでニジマスねらいなら

    トラウト王国北海道においても道東エリアは別格だ。銘川は枚挙に暇がないが、ニジマスねらいなら阿寒川が一番といっていい。上流域は阿寒湖漁業協同組合が管理し、2003年に北海道で初めてキャッチ&リリースを遊漁規則化。阿寒湖流出口~雄観橋下流端はキャッチ&リリースエリアに設定され、ルアー・フライオンリーでエサ釣りは禁止(雄観橋下流端~ピリカネップ取水口はエサ釣り可能)。ルアーもフライも、レギュレーションでシングルフックのバーブレス1本、フックサイズ25mm以内と決められている。

    ヒット直後から猛烈なダッシュで抵抗し、アングラーを翻弄する野生のニジマス
    ヒット直後から猛烈なダッシュで抵抗し、アングラーを翻弄する野生のニジマス
    Kenji Nishi Photo
    漁協管理エリアの中ほどに架かる雄観橋。この下流端から上流がキャッチ&リリースエリアに設定されている
    漁協管理エリアの中ほどに架かる雄観橋。
    この下流端から上流がキャッチ&リリースエリアに設定されている
    Kenji Nishi Photo

    いつでも魚がいて釣れる安心感

    コンディションのよい50cmアップを掛けると、ヒットした場所から瀬をひとつ下るほどのファイトを見せる
    コンディションのよい50cmアップを掛けると、
    ヒットした場所から瀬をひとつ下るほどのファイトを見せる

    阿寒川の魅力は何といっても、ニジマスの魚影がすこぶる多いこと。昔と変わらない原始の自然が残り、よほどの大雨でない限り水量が安定しているのも特筆すべき点。そのため、ほかの河川が全く釣りにならないときでも「阿寒川だけはできる」というのは珍しくない。いつでも魚がいて釣れる安心感のある川は、北海道広しといえど、そう多くはない。

    抜群の渓相、求められるテクニック

    紅葉の時期はマッチング・ザ・ハッチの釣りを満喫できる。ただし、川面に落ち葉が多いときは釣りにくい
    紅葉の時期はマッチング・ザ・ハッチの釣りを満喫できる。
    ただし、川面に落ち葉が多いときは釣りにくい

    渓相の素晴らしさも群を抜いている。バイカモがゆらめく清澄な流れは蛇行を繰り返し、コケが生えた倒木や岩盤が随所に見られる。遡行していくと「次はどんなポイントなのだろう?」と期待に胸が高鳴り、体力の消耗を忘れてしまうほど。そうした背景から訪れる釣り人も多く、フィッシングプレッシャーは高い。さらに、岸際に障害物が目立ち、複雑な反転流が絡み合う場所が少なくなく、狡猾な大ものをキャッチするにはテクニックが求められる。しかし、それも阿寒川の面白さといえるだろう。

    オーバーハングの深みに潜んでいるグッドサイズは手ごわい。ルアーを追ってきたがUターンしていった
    オーバーハングの深みに潜んでいるグッドサイズは手ごわい。ルアーを追ってきたがUターンしていった

    仕掛け

    シーズン初期は水深のある淵や流れの緩い倒木周りが好ポイントで、フライはニンフやイマージャーが効果的。水温が上がってくる6月以降になると、瀬にグッドサイズのニジマスが付く。トビケラの種類が豊富ゆえ、フライはそれを模したパターンが必携。夏はシケーダ(セミ)やマドラーミノーなどのビッグドライも楽しい。ルアーは50mm前後のミノーがオールマイティーに使えるが、早瀬を攻略するにはヘビーシンキングタイプが欠かせない。

    倒木が流れを遮る「いかにも」というポイント。こんな場所では、複数のレーンを流してみたい
    倒木が流れを遮る「いかにも」というポイント。こんな場所では、複数のレーンを流してみたい
    Kenji Nishi Photo
    ロングティペット・リーダーのシステムでキャッチ。スレた魚には長めのナチュラルドリフトが有効だ
    ロングティペット・リーダーのシステムでキャッチ。
    スレた魚には長めのナチュラルドリフトが有効だ
    Kenji Nishi Photo
    最新の情報は遊漁券を取り扱っている『フィッシングランド阿寒』で聞いてみよう。目の前は阿寒湖
    最新の情報は遊漁券を取り扱っている
    『フィッシングランド阿寒』で聞いてみよう。
    目の前は阿寒湖
    北海道の多くのフィールドがそうであるように、近年はヒグマの目撃情報が増えている。鈴は必ず身に付けたい
    北海道の多くのフィールドがそうであるように、近年は
    ヒグマの目撃情報が増えている。鈴は必ず身に付けたい

    阿寒湖温泉街の宿泊施設はどこもアングラーを心から迎えてくれる。また、阿寒国立公園は今年、指定から80年を迎え、さまざまなイベントが企画されている。釣りとセットで阿寒を満喫してはいかがだろう。

    アクセスが容易な雄阿寒ホテル跡の駐車場前の流れ。温泉が湧き出ている。初めての方はここからアプローチしてみたい
    アクセスが容易な雄阿寒ホテル跡の駐車場前の流れ。温泉が湧き出ている。
    初めての方はここからアプローチしてみたい

    この釣り場へのアクセス

    阿寒川

    たんちょう釧路空港からレンタカーを利用する場合、阿寒川まで約40分。根室中標津空港からは約2時間。

    釣り場情報

    〈阿寒川〉

       
    釣り場 阿寒湖流出口~ピリカネップ取水口
    遊漁期間 (ニジマス・アメマス・イトウ) 5/1~10/31
    (ヤマメ) 7/1~10/31
    遊漁時間 日の出1時間前~日没1時間後
    遊漁料 日券1,500円、回数券(12回分)15,000円
    管轄漁協 阿寒湖漁業協同組合(TEL:0154-67-2750)
    問合先 フィッシングランド阿寒(TEL:0154-67-2057)
    交通 たんちょう釧路空港からR240を北上して阿寒湖方面へ
    • 釣り場情報は2014年度のものです。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る