コンテンツへ

    掲載日:2018.07.05

    定番の絶品しらす丼ランチから穴場カフェまで! 湘南・江の島を1日で楽しむデート・女子旅に最適なモデルコース

    そろそろ夏も本番。海風や潮の香りを感じたくなってきた方も多いのではないでしょうか。そんな願いを叶えてくれる湘南エリアは、都内から電車なら1時間半程度とアクセスも良く、関東近郊にお住いの方はもちろん、東京旅行に来た方にもぜひ足を延ばしてほしいエリアです。最近では、外国人観光客にもとても人気で、見かけない日はありません。 今回は湘南の中でも江の島エリアに限定し、湘南在住スタッフのとっておきスポットを1日で巡るモデルコースをご紹介。(定番スポットから、まだガイドブックには載っていない本当は教えたくないあのお店まで…)知っているとパートナーや友だちに自慢できること間違いなしです! あたたかい地元の方々の笑顔とともにご紹介します。
    ANAオリジナル

    【10:00】江の島エリアへは江ノ電で

    江の島エリアへは、以下の3つの電車で行くことができます。

    • 江ノ島電鉄 江ノ島駅
      (江ノ島電鉄は、藤沢駅~鎌倉駅 間を走行)
    • 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅
      (小田急江ノ島線は、相模大野駅~片瀬江ノ島駅 間を走行)
    • 湘南モノレール 湘南江の島駅
      (湘南モノレールは、大船駅~湘南江の島駅 間を走行)

    利用する路線にもよりますが、旅気分を味わいたいなら、断然、江ノ島電鉄(通称:江ノ電)がおすすめ! レトロな緑色の外観が特徴の江ノ電をテレビなどで見たことある方も多いはず。今回はこの江ノ電を藤沢駅から利用しました。

    藤沢駅。江ノ電は日中12分に1本発車するので、事前に時刻表をチェックしましょう URL:https://www.enoden.co.jp/train/time-table/

    藤沢駅。江ノ電は日中12分に1本発車するので、事前に時刻表をチェックしましょう

    江ノ電は単線で、狭い住宅地の間を走ったり、車窓から海を望めるのが人気です。(注:藤沢駅~江ノ島駅間は海を望むことができません)

    先頭車両に乗れば、運転手さんのすぐ近くで、街中を走る様子を楽しむことができます

    江ノ島駅に着くと、かわいい服を着たスズメのオブジェがお出迎え。今回撮影に同行してくださった江ノ島電鉄の方の話によると、近隣の女性がボランティアでお手製の服を縫い続け、月に1~2回衣替えをしてくれているそう。季節によってさまざまな色の衣装をまとうスズメたちは、いつも私たちを和ませてくれています!

    この日は、グリーンと紫の服でした

    江ノ島駅を降りてすぐの踏切も、人気の撮影スポットです(踏切にはご注意ください!)。江ノ島駅の外観も、列車とマッチしていてレトロでステキです。

    運が良ければ、鎌倉行き・藤沢行きの上下線が並んでいるタイミングを狙えます

    では、さっそく江の島へ向かいましょう! 江の島へ向かう道は、「すばな通り」がおすすめです。おいしいグルメスポットや、湘南らしいおみやげのお店が並んでいますので、寄り道しながら江の島への道中も楽しみます。

    江ノ島駅からすぐのタリーズを左手に、まっすぐ進みます
    この通りの名前を知らない方も多いですが、地元民には「すばな通り」の愛称で親しまれています

    【10:30】朝ごはん代わりに「インスタ映え」スムージーを

    まずは、「#imore(アイモア)」のスムージーを朝ごはん代わりにいかがでしょうか。2018年4月にオープンしたばかりのこちらのお店は、インスタ映えするビジュアルが人気で、早くも行列店となっています。

    すばな通りに面した大きなスムージーの看板が目印です。店舗は2階

    オーダーを受けてから、一つひとつ丁寧に作るため、できあがるまでに5分くらいかかりますが、フレッシュなスムージーを飲むため、ここは我慢です…。

    この日は、5種類ある中から「BLUE SMOOTHIE」と「PINK SMOOTHE」の2種をオーダーしました。BLUE SMOOTHIEは、パイン・リンゴ・バナナをベースに、ノンアルコールのブルーキュラソーで色付けしています。PINK SMOOTHIEは、人参・イチゴ・バナナ・ラズベリーで作られていて最後はフルーツで飾り付け。どのスムージーにもグラスの底にチアシードが入っていて、美容はもちろん、ダイエット効果にも期待大です!

    ごろっと入ったフルーツを…
    機械とスタッフの手で、一つひとつ丁寧に攪拌して作ります

    できあがったスムージーはこちら! 上のデコレーションはすぐ崩れてしまうため、インスタ用写真を撮る場合は急いで撮影して!! ハッシュタグは、店名通り「#imore」で。

    「PINK SMOOTHE」660円(左)、「BLUE SMOOTHIE」660円(右)

    どちらのスムージーも、フルーツや野菜だけの自然な甘さでとってもおいしく、行列の理由は「インスタ映え」だけではないんだな、と納得。冷たくてゴクゴク飲めて、これからの暑い季節にぴったりです。チアシードのおかげで腹持ちも良さそうなので、朝ごはんは軽めにこちらで済ませて、お昼ごはんに備えましょう。この日は、テラス席でゆっくりとスムージーをいただきましたが、テイクアウトも可能なので、天気のいい日は外でスムージー片手に散歩を楽しんでも良さそうですね。

    アメリカの大学を卒業後、外資系コンサル企業に勤め、その後一念発起して起業した代表の松本さん(左)。
    若い経営者のパワーを感じました
    #imore(アイモア)

    住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-8-39 2F
    営業時間:10:00~18:00/火曜休

    【11:15】女子がときめくハワイアンジュエリーのお店へ♡

    次は、私も大好きなハワイアンジュエリーのお店、「lei pikake(レイピカケ)」をご紹介します。鵠沼海岸から昨年末に移転してきたばかりのこちらのお店は、青と白を基調としたデザインとなっており、魅力的なアクセサリーがいっぱいの店内は、入るだけでも幸せな気分になります。

    海を感じる白とブルーのさわやかな外観で、つい足を踏み入れたくなります

    ハワイアンジュエリーは、一つひとつハンドメイドされており、温もりのあるデザインが魅力です。本格的なゴールドのアイテムはもちろん、お手頃なアイテムまで、ラインナップは充実しています。ハワイアンジュエリーは、女性だけでなく、男性も楽しめるアイテムがいっぱい! 大切な人へのプレゼントに選んでみては?

    大切なプレゼントにはオーダーメイドも可能です

    スタッフの方々は、親切にフィッティングアドバイスをくれるだけでなく、彼女たち自身が身に付けているジュエリーコーディネートもとってもステキなんです! 私は、いつもそのスタイリングにも注目しています。

    試しにアイテムを着けてみるだけでも、遠いハワイの職人さんの思いが伝わってくる気がします
    いつかは手に入れたい、憧れのゴールドバングル

    lei pikakeのキュートなスタッフに会いに、ぜひ立ち寄ってみてください!

    笑顔あふれるスタッフのみなさん
    lei pikake(レイピカケ)

    住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-9-6 第2えのはビル1B
    電話番号:0466-66-6319
    営業時間:10:00~18:00/定休日なし(12月31日及び1月1日のみ休み)
    URL:http://www.leipikake.com/

    【12:00】湘南のおしゃれメンズが集うセレクトショップへ

    lei pikakeをあとにし、150mほど行くと、右手の少し奥にオシャレな外観が見えてきます。この建物が、古着を中心としたセレクトショップ「ACE GENERAL STORE(エース・ジェネラル・ストア)」です。すばな通りから少し右手に入ったところですので、見逃さないように注意してくださいね。

    外では、お店が提供しているコーヒーを愉しむ人の姿も

    オーナーの伊藤さんは、商品のセレクト、古着の買い付けはもちろん、古着のリメイクのデザインやプロデュースも手掛け、なんとご自身で店舗のデザインもされています。10代の頃、3年ほどニューヨークで過ごした経験のある伊藤さん。若い頃に現地で感じた感性を大事に、独自のセンスでお店を展開しています。同じ敷地内にある、いつも予約でいっぱいの人気カフェ「DIEGO BY THE RIVER(ディエゴ・バイ・ザ・リバー)」や「LAWDY BREW(ローディー・ブリュー)」の内装デザインにも関わったそう。

    こだわりの品が所狭しと、でもすっきりと、並んでいます
    食器も買い付けており、沖縄のやちむん(焼物)や琉球ガラスなども並びます

    今も年に数回はニューヨークの古着屋に買い付けに行って、こだわりの一品を求め続けているのだとか。「こだわりと言っても、単純に自分がいいと思ったものを、ブランドなどにこだわらずに仕入れています。古着のジーンズなど、ちょっとした型の希少性だけで高値がついたりするじゃないですか? うちは、そういうものではなく、純粋にかっこいいと思ったもの、アンテナに引っかかったものを集めるようにしているんです」(伊藤さん)

    伊藤さんプロデュースのアイテムの数々

    男性向けアイテムだけでなく、女性向けアイテムも充実していますので、カップルもぜひ訪れてみてください! 茅ヶ崎の「i don’t know coffee roaster」で豆を仕入れているという、おいしいコーヒーも飲めますよ。

    ゆったりとした雰囲気のオーナー伊藤さんが、自らコーヒーを淹れてくれます
    ACE GENERAL STORE(エース・ジェネラル・ストア)

    住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-13-8
    電話番号:0466-60-3331
    営業時間:12:00~20:00/火曜休
    URL:https://www.ace-generalstore.com/

    【12:30】すばな通りを楽しんだら、いよいよ江の島へ

    すばな通りを抜けると、江の島が目の前に広がってきます。「江の島弁天橋」を渡って、江の島へ。展望灯台の「江の島シーキャンドル」を見ると「あー、江の島に来たな」と感じる方も多いのではないでしょうか。

    歩行者が江の島へ向かえる道はこの江の島弁天橋のみなので、迷うことはありません

    橋を渡りきったら、江の島に到着。ここから島内をご案内します。

    【12:45】江の島弁財天仲見世通り~江島神社へ

    島に着くとすぐ、「江の島弁財天仲見世通り」の入り口が目の前に。その魅力的な雰囲気に、初めて訪れる方でも吸い込まれるように入ってしまうはず。

    こちらの青銅の鳥居が目印です。食事処やおみやげ店など、誘惑がいっぱい(笑)

    少し登ってから振り返って見下ろすと、とても雰囲気のある江の島弁財天仲見世通りの様子が望めます。

    賑わう江の島弁財天仲見世通り

    江の島弁財天仲見世通りを登りきると、「江島神社」の入り口に。「朱の鳥居」の前では、外国人観光客もこぞって記念撮影をしていました。

    境内へ向かう、登りの階段が続きます

    鳥居から石段を上ったところにある龍宮城を模した「瑞心門」は、石段を登りながら見上げると迫力があります。

    「瑞心門」という名の由来は、人々が瑞々しい心でお参りできるようにと名付けられたそう

    約160段の階段を登りきると、「辺津宮(へつみや)」に到着です。ここはいつも参拝客で賑わっています。

    辺津宮(へつみや)

    ここ江の島には、古くから伝わる伝説があります。その伝説は『江島縁起』という絵巻物に記されています。

    伝説によれば、鎌倉には昔、五つの頭を持つ龍がいて悪行を重ねていました。そこへ天女が舞い降り、天女に恋心を抱く五頭龍を諭し、悪行をやめさせました。この五頭龍をまつるのが龍口明神社(鎌倉市腰越)です。その後、五頭龍は海を離れ、山に姿を変えました。これが現在の藤沢市龍口山です。そして、天女の天下りとともに出現した島が現在の江の島。天女は江島神社に奉られている弁財天です。江島神社には弁財天堂(奉安殿)があり、裸弁財天像(妙音弁財天)が奉られています。
    (「江島神社」公式ホームページより抜粋)

    江の島が天女だったなんて、ちょっとロマンチックですね! 私も、家内安全・身体健全を祈願しました。辺津宮のすぐ隣には、その天女(弁財天)が安置されている「奉安殿」があります(拝観料200円)。

    朱色が鮮やかな「奉安殿」
    穏やかな表情の妙音弁財天(左)と、八臂(はっぴ)弁財天(右)

    何度来ても新しい発見のある江島神社をあとに、さらに島の上に向かいます。

    江島神社

    住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-8
    電話番号:0466-22-4020
    営業時間:8:30~17:00
    URL:http://enoshimajinja.or.jp/

    【13:15】 「江の島エスカー」に乗って、ラクラク頂上の「サムエル・コッキング苑」へ♪

    「極力階段を登りたくない!」という方は、「江の島エスカー」を利用しましょう。私は江島神社までは徒歩で登りましたが、エスカーは全部で3区に分かれており、好きな場所から乗車可能です。

    この日はエスカーの3区(100円)のみ利用。全区を利用する場合は360円

    エスカーを降りると、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の競技会場にも選ばれた、「江の島ヨットハーバー」が広がります。

    江の島ヨットハーバーが一望できます

    展望灯台「江の島シーキャンドル」は、「江の島サムエル・コッキング苑」の中にあります。

    「江の島サムエル・コッキング苑」の入り口。大人1名 200円、小人1名100円

    サムエル・コッキング苑は、明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」から付けられた名前だそうで、和洋折衷の南国ムードあふれる植物園です。行く季節によってさまざまな花や植物が楽しめたり、冬には美しいライトアップが見られたりと、私の好きなスポットのひとつです。

    この日は花のアーチが楽しめました
    展望灯台「江の島シーキャンドル」は、サムエル・コッキング苑の苑内にあります

    江の島シーキャンドルはもちろん上まで登ることができます(大人1名 300円、小人1名150円)。エレベーターで上まで上がってみましょう。

    展望階では、さっき渡ってきた弁天橋や鎌倉・逗子の方まで見渡すことができます。反対に回れば、茅ヶ崎方面も。空が澄んでいれば、美しい富士山の輪郭にうっとりと見惚れる方も多いでしょう。

    展望階は、ぐるっと一周できます
    江の島島内の緑の多さに改めて驚きます

    更に上の階に展望デッキがあり、階段で登ることもできますので、お時間があればぜひ登ってみてください!

    江の島サムエル・コッキング苑+江の島シーキャンドル+江の島エスカーがセットになった「江の島展望灯台セット券」(大人1名750円、小人1名370円)もあるので、全部楽しみたい方はこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

    江の島エスカー、江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル(展望灯台)

    住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-28
    電話番号:0466-23-2444(江ノ島遊園事業所)
    営業時間:9:00~20:00(最終入場 19:30)、江の島エスカーは9:00~19:05
    URL:https://enoshima-seacandle.com/

    【14:00】次はお待ちかねのランチ、江の島の大人気店「とびっちょ」へ!

    たくさん歩いてお腹が空いてきた頃、お待ちかねのランチへ。江の島グルメの鉄板、大人気店の「とびっちょ」へ向かいます。江の島にとびっちょは「本店」、「弁財天仲見世通り店」、「Cafeとびっちょ店(2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の競技会場内)」の3店ありますが、この日は本店におじゃましました。

    なんとテンションの上がる外観でしょう…!

    とびっちょは行列の絶えない人気店なので、来てもその行列に驚き、入るのを諦めていた方も多いかもしれません…。ですが、そんな方に朗報です! 希望の時間(30分単位)を目安に席が空き次第、優先的に案内してもらえる「優先順番予約」ができるようになりました。電話またはWebから前日までの予約がおすすめとのこと。詳細はお店までお問い合わせください。

    外のディスプレイでそのボリューム感が伝わってきます
    1階はカウンター、2階はテーブル席とお座敷席になっています

    この日は、「釜揚げしらす&生しらす丼」、「しらすのかき揚げ1枚」、「とびっちょ丼」をオーダーしました。

    「釜揚げしらす&生しらす丼」1,350円(右上)、「しらすのかき揚げ」1枚850円(中央)、「とびっちょ丼」1,890円(左下)

    出てきてその迫力に圧倒されます。顔よりも大きいどんぶり&かき揚げ!! まずは、あたたかいうちにしらすのかき揚げから。かき揚げの中にもトッピングにも、釜揚げしらすがたっぷり。玉ねぎ・人参といっしょにさっくりと揚げてあるので、まったくもたれません。こちらは丼ものもあって、そちらも人気のメニューだとか。食べ盛りの方には、このかき揚げを惜しげもなく2枚ものせ、甘だれで仕上げた「しらすかき揚げ丼2枚」(1,350円)もおすすめ!

    続いて、とびっちょ丼をいただきます。その時々で旬なネタをふんだんに使ったこちらのどんぶりはとびっちょNo.1メニュー! あまりの豪華さに、どれからいただくか迷います。とびっちょのどんぶりは、海鮮ネタだけでなく、野菜がたっぷりなところもうれしいポイント。ネタはもちろんどれもとびっきり新鮮。この日は、旬の桜海老まで楽しむことができました。

    そして、お目当ての釜揚げしらす&生しらす丼! しらす好きにはたまらない欲張りな一品。釜揚げしらすはふわふわと柔らかく、生しらすも鮮度が良いので臭みもまったくなく、箸が止まりません。

    2種類のしらすの、このコントラストが神々しく見えてきます

    もともと寿司職人だったという代表の堀田さんは、とびっちょを6店も展開するも、とってもあたたかいお人柄が地元でも評判です。そんな堀田さんが、とびっちょのしらすに関するこだわりを教えてくれました。
    「とびっちょのしらすは、釜揚げしらすは静岡産、生しらすは地元湘南産のものを使用しています。釜揚げしらすは、水揚げされてすぐに茹でています。鮮度はもちろん、質・サイズにもこだわって、仕入れています。そして、大事なのが釜揚げの際の塩加減。これがお店の味の肝と言ってもいいほどです。あと、しらす丼にお付けしている特製ポン酢も、しらすに合う味の研究をして、オリジナルで開発したものなんですよ」

    生しらすは鮮度が命なので、江の島近辺でその日に獲れた新鮮なしらすしか出さないという徹底ぶり。もちろん、漁獲量が少ないときや、1月~3月中旬の禁漁期間、時化(しけ)などにより船が出港しない日は食べることができません。運良くお店に生しらすがあった場合は、「釜揚げしらす&生しらすのハーフ丼で!」とオーダーしちゃいましょう。

    その他にぜひ試して欲しいのは、研究熱心な堀田さんがオリジナルで開発した「しらすビール」です。しらすのエキスを感じるビールを、しらす料理のお供にぜひ。

    ボトルもおしゃれな「しらすビール」650円

    そして最後に、私が個人的にぜひおすすめしたいのが、もちもちとした食感がたまらない「しらすパン」です。熱々の揚げたてで提供されるこちらのパンは、中にとろ~りチーズとしらすが入っていて本当においしい。テイクアウトもできますので、お腹に余裕があったらぜひ頼んでみてください!

    もちもちの生地と、チーズとしらすがコラボした「しらすパン」3個入り 250円
    自ら店頭にも立つ、代表の堀田さん。手に持った「しらすブラックコロッケ」150円も絶品です
    とびっちょ 本店

    住所:神奈川県藤沢市江の島1-6-7
    電話番号:0466-23-0041
    営業時間:11:00~20:00(L.O.)/不定休
    ※荒天などにより、早い時間に閉店の場合あり
    URL:http://tobiccho.com/

    ライター:Naoko Kawakami (MASTER PLAN)
    Photo by Eri Miyama

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る