ANA Inspiration of Japan

ANA Travel & Life

千と千尋の世界へ!
台湾、九份を訪れるなら夕暮れどきがベストタイム

2015.12.03ANAオリジナル

ANAオリジナル
九份

細い路地の階段に沿って建つ古い館に、提灯が灯るノスタルジックな風景。この写真を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
これは台湾にある九份(きゅうふん、台湾読みでジョウフン)という町の一角。台北から車で1時間ほど、近辺には特に見どころのない小さな町であるにもかかわらず、連日多くの観光客が詰めかける人気の町です。今回はその九份についてご紹介いたしましょう。

Text by
Naoko Sumita

かつて金の町として賑わった、山あいの集落

山あいの静かな村が一転、ゴールドラッシュの賑わいを迎えたのは清朝時代の終わりのこと。19世紀後半から20世紀前半にかけて、台湾全土から人々が集まり、九份は栄華を極めました。1900年代半ばには徐々に採掘量が減り、1971年についに閉山。九份はかつての静かな地方の村へと戻りました。

日本統治時代の建物や西洋建築が混在する九份の町並み
日本統治時代の建物や西洋建築が混在する九份の町並み

1989年、映画「非情城市」の舞台になったことをきっかけに再び注目を集めると共に、日本では、九份の町中にある建物が2001年公開の映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆婆の湯屋を彷彿させるとして話題に。日本統治時代に建てられた古い建物が残ることから、どこか懐かしい雰囲気が漂う町並みは日本人の琴線に触れ、今や台湾で行きたい観光地ナンバーワンとなりました。

あの景色を百倍キレイに見るには、訪れる時間がポイント!

さて、九份を訪れる人々がぜひ見たいと思うのが、提灯の灯るあの茶藝館の光景。そこで注意しなくてはならないのが、訪れる時間帯です。当然ですが、昼間は提灯がともっていないので、なんとなく殺風景な感じがしてしまいます。

茶藝館の名前は「阿妹茶酒館」。メインストリートの「基山街」を抜けてすぐの階段下にあります。

こちらが昼間の様子。まあ普通の風景です。

茶藝館の下の広場は、一日中世界各国から訪れる観光客で賑わう
茶藝館の下の広場は、一日中世界各国から訪れる観光客で賑わう

それが、夕暮れになるとこんな感じ。途端にメロウな雰囲気が漂います。これは、1月の午後5時頃撮影したもの。

日が完全に落ちる前の茶藝館。坂の途中の小さなスペースが撮影のベストポイント
日が完全に落ちる前の茶藝館。坂の途中の小さなスペースが撮影のベストポイント

すっかり日が落ちてしまうとこんな感じ。個人的には、日が完全に暮れる前の少し明るい時間帯がオススメです。

日が暮れてしまうと陰影がつきすぎるが、妖しい雰囲気は増すのでこれはこれで味わい深い
日が暮れてしまうと陰影がつきすぎるが、妖しい雰囲気は増すのでこれはこれで味わい深い

なので、午後2時~3時頃台北を出発し、3時~4時あたりに九份に到着、その後九份を散策し、夕暮れを楽しんだ後、九份で夕食、もしくは台北に戻り夕食を食べるというスケジュールが良いでしょう。