ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

湘南・江の島エリアを1日で楽しむ!
おすすめモデルコース

2018.07.05ANAオリジナル

ANAオリジナル
湘南・江の島エリアを1日で楽しむ! おすすめモデルコース

そろそろ夏も本番。海風や潮の香りを感じたくなってきた方も多いのではないでしょうか。そんな願いを叶えてくれる湘南エリアは、都内から電車なら1時間半程度とアクセスも良く、関東近郊にお住いの方はもちろん、東京旅行に来た方にもぜひ足を延ばしてほしいエリアです。最近では、外国人観光客にもとても人気で、見かけない日はありません。

今回は湘南の中でも江の島エリアに限定し、湘南在住スタッフのとっておきスポットを1日で巡るモデルコースをご紹介。(定番スポットから、まだガイドブックには載っていない本当は教えたくないあのお店まで…)知っているとパートナーや友だちに自慢できること間違いなしです! あたたかい地元の方々の笑顔とともにご紹介します。

Text by
Naoko Kawakami
(MASTER PLAN)
Photo by
Eri Miyama

【10:00】江の島エリアへは江ノ電で

江の島エリアへは、以下の3つの電車で行くことができます。

・江ノ島電鉄 江ノ島駅
(江ノ島電鉄は、藤沢駅~鎌倉駅 間を走行)

・小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅
(小田急江ノ島線は、相模大野駅~片瀬江ノ島駅 間を走行)

・湘南モノレール 湘南江の島駅
(湘南モノレールは、大船駅~湘南江の島駅 間を走行)

利用する路線にもよりますが、旅気分を味わいたいなら、断然、江ノ島電鉄(通称:江ノ電)がおすすめ! レトロな緑色の外観が特徴の江ノ電をテレビなどで見たことある方も多いはず。今回はこの江ノ電を藤沢駅から利用しました。

藤沢駅。江ノ電は日中12分に1本発車するので、事前に時刻表をチェックしましょう URL:https://www.enoden.co.jp/train/time-table/
藤沢駅。江ノ電は日中12分に1本発車するので、事前に時刻表をチェックしましょう

江ノ電は単線で、狭い住宅地の間を走ったり、車窓から海を望めるのが人気です。(注:藤沢駅~江ノ島駅間は海を望むことができません)

先頭車両に乗れば、運転手さんのすぐ近くで、街中を走る様子を楽しむことができます
先頭車両に乗れば、運転手さんのすぐ近くで、街中を走る様子を楽しむことができます

江ノ島駅に着くと、かわいい服を着たスズメのオブジェがお出迎え。今回撮影に同行してくださった江ノ島電鉄の方の話によると、近隣の女性がボランティアでお手製の服を縫い続け、月に1~2回衣替えをしてくれているそう。季節によってさまざまな色の衣装をまとうスズメたちは、いつも私たちを和ませてくれています!

この日は、グリーンと紫の服でした
この日は、グリーンと紫の服でした

江ノ島駅を降りてすぐの踏切も、人気の撮影スポットです(踏切にはご注意ください!)。江ノ島駅の外観も、列車とマッチしていてレトロでステキです。

運が良ければ、鎌倉行き・藤沢行きの上下線が並んでいるタイミングを狙えます
運が良ければ、鎌倉行き・藤沢行きの上下線が並んでいるタイミングを狙えます

では、さっそく江の島へ向かいましょう! 江の島へ向かう道は、「すばな通り」がおすすめです。おいしいグルメスポットや、湘南らしいおみやげのお店が並んでいますので、寄り道しながら江の島への道中も楽しみます。

江ノ島駅からすぐのタリーズを左手に、まっすぐ進みます
江ノ島駅からすぐのタリーズを左手に、まっすぐ進みます
この通りの名前を知らない方も多いですが、地元民には「すばな通り」の愛称で親しまれています
この通りの名前を知らない方も多いですが、地元民には「すばな通り」の愛称で親しまれています