コンテンツへ

掲載日:2021.08.23

【逗子】 愛犬と一緒に夏休み。海に包まれるスモールラグジュアリーホテル“MALIBU HOTEL”

2020年春、リビエラ逗子マリーナ内にオープンしたMALIBU HOTEL(マリブホテル)は、客室数わずか11室、オールスイートのスモールラグジュアリーホテルです。青い海、まっすぐに続く椰子の並木道、富士山を望むハーバービューの絶景、そしてリュクスなレストラン。どこを切り取っても美しい風景に癒される至福のバケーションを、愛犬と一緒に楽しみましょう。

青いウォーターテラスを臨むドッグフレンドリールームへ

美しいウォーターテラスに浮かぶように建つ「MALIBU HOTEL」

1971年開業、日本を代表するマリーナの1つとして知られる「リビエラ逗子マリーナ」。
約5万坪ある同マリーナの一角に、2020年3月、全11室のスモールラグジュアリーホテル「MALIBU HOTEL」とロサンゼルスで大人気のレストラン「Malibu Farm」の日本第1号店がオープンし、滞在型マリーナリゾートへと生まれ変わりました。

ドッグフレンドリールーム入り口の専用テラス。愛犬の足洗い場とリードフックを完備

MALIBU HOTELが提案するのは「何もしない贅沢な時間」。
「ロサンゼルスのインテリアデザイナーTOP20」にも選ばれた「ALEXANDER DESIGN」がインテリアを監修した客室は、1室ごとに異なる趣とスタイル、窓からの眺望を楽しむことができます。
全11室のうちウォーターテラスに面し、専用のガーデンやアプローチを備えた「PRIVATE VILLA」タイプの2室は、愛犬と宿泊できるドッグフレンドリールーム。入り口では大きなDAY BEDのある広々としたテラスが出迎えてくれます。

屋外と一体感のある広々としたリビングスペース

室内は約50平方メートルと、ゆとりのある広さ。
大きな窓から外の景色が良く見え、室内外が一体化したような開放感に溢れています。
室内はリビングスペースとベッドスペースに分かれていて、大きなソファのあるリビングスペースでは愛犬と一緒にのんびり寛ぎの時間を過ごすことができます。
リビングスペースにはケージやトイレなど愛犬用のアメニティを完備。
床には滑りにくいモルタルが使われているので、愛犬が自由に歩き回っていても気にせず見ていられますね。

清潔感あふれるベッドルーム。愛犬の立ち入りはNG
大きなDAY BEDでお昼寝や読書を楽しんでも
アメリカ西海岸の雰囲気が感じられる宿泊者専用ガーデン。丁寧に手入れされており、季節ごとの表情を楽しめる

お天気の良い日は、アウトドアリビングとしても使えるガーデンテラスで過ごすのがおすすめ。
目の前の専用庭を散策したり、レストランからテイクアウトした軽食やドリンクを楽しんだりするのも良いですね。
ロビーを通らずにテラスから直接外に出入りでき、人の目を気にしなくて済むので、怖がりな性格の愛犬ものんびりリラックスできそうです。

明るく居心地の良いロビー。抱っこや、ケージやバギーに入れておけば愛犬の同伴も可能

ドッグフレンドリーなスタッフが笑顔で出迎えてくれるのも、MALIBU HOTELの魅力の1つ。
気軽に声をかけて、近隣の観光スポットやレストランのおすすめメニューなど、とっておきの情報を教えてもらいましょう。

日本初上陸のレストラン「マリブファーム 逗子マリーナ」で味わう地産地消のヘルシーランチ

マリブファーム 逗子マリーナ 店内席からテラス席を臨む

MALIBU HOTELと同時にリビエラ逗子マリーナにオープンしたレストラン「マリブファーム 逗子マリーナ」は、アメリカ ロサンゼルスで大人気のレストラン「Malibu Farm」の日本支店です。
本場マリブを彷彿とする美しい店舗デザインは、マリブファームの魅力の1つ。
サッシを全開にでき、店内席とテラス席が一体化した開放感あふれる店構えに、リゾート気分が盛り上がります。

テラスと店内が一体化し、開放感たっぷり
広々としたテラス席は愛犬同伴OK
人気のウォーターテラス席。紺碧の水盤が水鏡になりヤシの木が映る

愛犬と一緒に利用できるテラスは約70席。
マリーナの海に繋がるかのような青く美しい水盤に三方を包まれた「ウォーターテラス席」、暖炉を囲む「ファイヤーテラス席」などシチュエーションに応じて使い分けられるのが特徴です。
席と席の間も広いので、隣のテーブルを気にせずに愛犬とゆったり食事を楽しむことができそうです。

「MALIBU ETHICAL SHOP」前のカウンター席はリードフック付きで、愛犬と過ごしやすい
ブラータチーズとフレッシュフルーツのサラダ 2,400円(税込、サービス料別)

「FRESH、ORGANIC、LOCAL」をコンセプトにオーナーシェフ、ヘレン・ヘンダーソンが考案したマリブファームのメニューは「厳選した素材の美味しさが際立ち、身体にも優しい」と評判を呼び、アメリカ国内に展開する5店舗は長蛇の列ができるほどの人気を博しています。
ここリビエラ逗子マリーナのお店でもヘレンの理念を受け継ぎ、「ブラータチーズとフレッシュフルーツのサラダ」など本店で人気のメニューを始め、湘南の野菜や相模湾の魚介類など新鮮な地元食材を使った地産地消の日本限定メニューを提供し、話題を集めています。

MALIBU ランチボックス 2,400円(税込)

おでかけ先やお部屋でのランチには、マリブファーム特製「MALIBU ランチボックス」のテイクアウトがおすすめ。
環境に優しい紙製のボックスには、スパイシーアイオリビーフバーガーにポテト、彩のきれいなサラダがぎっしり。
船のオーナーの中には、洋上でこのバーガーを食べながらランチタイムを過ごす方もいらっしゃるそうです。

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
ページの先頭に戻る