コンテンツへ

    掲載日:2018.04.19

    出発前までグルメ三昧! 福岡空港でランチも夜も楽しめる博多のソウルフード10選

    ANA's tweet

    福岡空港にはラーメンはもちろん、ありとあらゆるグルメが沢山!!何を食べようか毎回迷ってしまいます。中でも私が食べたあつあつのビーフバター焼きは、主食としても良し、おかずとしても良しでボリューム満点。さまざまなトッピングがあるのも魅力の1つで、福岡に行く度に違う味を試したくなるほどです。旅の始まりは空港でまずは腹ごしらえ、旅の終わりは空港で食べ納め、はいかがでしょうか?

    2020年の完成へ向けてリニューアル中の福岡空港国内線ターミナルビル『greenblue(グリーンブルー)』。2017年1月には大型フードホール「the foodtimes」(ザ フードタイムズ)、同年11月には「ラーメン滑走路」がオープンして話題となりました。今回はそのなかから、地元で人気の「福岡ソウルフード」を厳選して紹介します。
    ANAオリジナル

    パスタなのにご飯のおかずに?! 「天神B.B.Quisine」のビーフバター焼き

    明太子をトッピングした「めんたいも焼き」1,280円。柚子胡椒風味の角切りポテトサラダものる

    福岡の洋食の老舗・風月グループで1968年に考案された「ビーフバター焼き」の専門店。鉄板でさっと焼き上げられた牛肉にバターを絡め、醤油をベースにした秘伝のバーベキューソースで仕上げたソウルフードです。そのまま食べてもおいしいですが、白ご飯のおかずとしてプレートに残るソースまで味わい尽くすのが地元民のスタンダード。明太子などのトッピングでカスタマイズすれば、伝統グルメをさらに楽しむことができます。

    国内線ターミナル2階にある大型フードコート「the foodtimes」(ザ フードタイムズ)内にある、円形のオープンキッチンが目印
    天神B.B.Quisine

    住所:福岡空港国内線ターミナル2「the foodtimes」(ザ フードタイムズ)
    TEL:092-260-1631
    営業時間:6:00~21:45(LO21:00)
    定休:なし

    地元民に愛される老舗「因幡うどん」で "やわい"麺とかしわ飯を味わう

    「ごぼう天うどん」530円。ごぼう天は、薄くスライスされたゴボウ入の丸いかき揚げ型。
    「かしわ飯にぎり」は1個120円、2個240円

    福岡のうどんの食感を表現するなら「やわい(やわらかい)」がぴったり。「因幡うどん」は創業60年以上の歴史をもつ「やわい」うどんの人気店です。地元民が大好きな「ごぼう天うどん」は、因幡うどんでは丸型です。かつおやいりこ、北海道産の昆布などでとったスープは香りがよく、最後の一滴まで飲み干してしまうほど。鶏と野菜を炊き込んだかしわ飯も忘れずに。時間とお腹に余裕があれば福岡空港店限定の「博多鶏うどん」(680円・提供は10時から)もぜひ。

    うどんのゆで時間はわずか数分。「えび天うどん」530円や、「丸天うどん」500円も人気
    因幡うどん 福岡空港

    住所:福岡空港国内線ターミナル2階「the foodtimes」(ザ フードタイムズ)
    TEL:092-611-1011
    営業時間:8:00~21:30(LO21:00)
    定休:なし

    福岡に帰ってきた知る人ぞ知るラーメン店 「博多焦がし味噌専門 五行」

    「焦がし味噌ラーメン」890円。鶏と豚の清湯スープに平打麺がよく絡む

    厨房で豪快に上がる火柱に、芳醇な香り……。タレを中華鍋で焦がすこのユニークな一杯を食べて「あぁ、これこれ」と唸る福岡県民も少なくありません。というのも、西麻布や京都にも店舗を持つ「五行」は福岡創業のラーメン店「一風堂」発のブランドだから。味噌や醤油のタレは中華鍋で300度以上に熱した高温のラードに焦がされ、スープに香ばしさとコクを与えてくれます。スープは味噌、豚骨、醤油の3種があります。

    味噌や醤油の焦げる香りが食欲をそそる
    博多焦がし味噌専門 五行

    住所:福岡空港国内線ターミナル3階「ラーメン滑走路」
    TEL:092-621-7070
    営業時間:10:00~21:45(LO21:00)
    定休:なし

    新しいけどベーシック"脱泡系"って? 「博多屋台 一幸舎 OLD STYLE 福岡空港国内ターミナル店」

    「味玉ラーメン」900円。「替え玉」(麺のみおかわり)は150円

    豚骨100%"元祖泡系"の「博多一幸舎」の新ブランド。通常の濃厚スープとは違った"泡のない"あっさりスープで、昔ながらの屋台を思わせるラーメンを提供しています。高温・短時間で炊きあげた豚骨スープはさらりとした口当たりで、スッとキレがあります。ザクザクとした自家製の細ストレート麺の食感は独特の口当たりと歯ごたえ。ごまやニンニク、紅生姜、激辛辛子高菜などのトッピングでアレンジするのも、屋台らしい自由な楽しみ方です。

    屋台をイメージしたスープが多くの常連客に愛されている
    博多屋台 一幸舎 OLD STYLE 福岡空港国内ターミナル店

    住所:福岡空港国内線ターミナル3階「ラーメン滑走路」
    TEL:092-710-4901
    営業時間:10:00~21:45(LO21:00)
    定休:なし

    福岡のあの名物を掛け合わせ 「ラーメン海鳴」のクセになる新定番

    「ラーメンDX辛子明太子」1,150円には明太子を1腹分使用。
    さらに明太子パウダーで仕上げる。ポップなラーメンカップは有田焼の特注品

    福岡といえばラーメンと明太子。その両方を一度で満喫できるのが「ラーメン海鳴」の「ラーメンDX辛子明太子」です。聞くと、明太子を漬け込むための原液を独自のレシピでつくり、鍋でスープと合わせているとか。2009年の開業から「魚介豚骨」の先駆けとして人気を博した同店は、豚骨スープにバジルをミックスした「ラーメンジェノバ」で女性ファンをつかむなど、創作麺にも定評があります。ありそうでなかった、二度おいしい一杯です。

    注文は入口の券売機で。白を基調とした店内にはテーブル席もある
    ラーメン海鳴

    福岡空港国内線ターミナル3階「ラーメン滑走路」
    TEL:092-612-1102
    営業時間:10:00~21:45(LO21:00)
    定休:なし

    福岡空港で20年以上進化し続ける味 ちょい飲みするなら「屋台ラーメン 玉龍」

    「玉龍ラーメン」680円。リーズナブルな価格も人気の秘密

    かつて中洲にあった百貨店「福岡玉屋」の食品部門からスタートし、福岡空港で20年以上営業するラーメン店。麺には福岡県産のラーメン専用小麦「ラー麦」を採用しています。スープは豚骨をメインに、鹿児島県産のブランド鶏「南国元気鶏」の鶏ガラだけでとったスープをブレンドしているそうで、コクがあってまろやかな味わいです。アルコールとおつまみのお得なセット(1,000円~)もあり、夕方以降は仕事終わりのサラリーマンでにぎわいます。

    入り口に屋台車を配したにぎやかな雰囲気の店内
    屋台ラーメン 玉龍

    福岡空港国内線ターミナル3階「ラーメン滑走路」
    TEL:092-612-3188
    営業時間:10:00~21:45(LO21:00)
    定休:なし

    福岡に来たらやっぱり食べたい 一人鍋もOKの「博多もつ鍋おおやま」

    「もつ鍋」1人前1,380円(税抜き)、2名以上の場合は2人前から
    シメにはちゃんぽん麺、うどん玉、雑炊セットがある

    福岡に来たら一度は味わいたい「もつ鍋」。鍋といっても、大人数で入店しなくてもいいんです。「おおやま」では1人前から注文オーケー。スープはみそ味としょうゆ味の2種類。看板のみそ味は、九州味噌と西京味噌など数種類の味噌を絶妙にブレンドした特製タレが使われています。九州産を中心とした国産牛の小腸はぷりっと歯ごたえがあり、脂身のうま味がたっぷりです。ニンニク抜きでも注文できるので、飛行機搭乗前でも気兼ねなく食べられます。

    屋台風の明るい雰囲気と1人で来店できる手軽さが人気。サイドメニューも充実している
    博多もつ鍋おおやま 空港店

    福岡空港国内線ターミナル3階
    TEL:092-622-5500
    営業時間:10:00~21:45(LO21:00)
    定休:なし

    福岡屈指の注目エリア「糸島」の名物がそろう 「ANA FESTAカフェ&バル糸島」

    全国のゴルフ場の美味しいメニューランキングで3年連続1位を獲得した、芥屋ゴルフ倶楽部の名物「特製鯛茶漬け」1,200円。
    1日50食限定、提供は11時から

    2018年2月にオープンした「ANA FESTAカフェ&バル糸島」では、福岡県西部にある糸島エリアの食材を使用した軽食や土産品が販売されています。地元で人気の「またいちの塩」を使ったおにぎり(226円~)や「伊都の豚」のソーセージ入りのフランクドッグ(700円~)などの軽食をテイクアウトするのもよし。時間があれば福岡のクラフト生ビールを飲み比べるのもよし。スポーツバースタイルの店内でイートインもできます。

    店舗のロゴマークは美しい夕陽が見られる「二見ヶ浦の夫婦岩」がモチーフに
    福岡市・別府にショップを構える「THE BREWMASTER(ザ・ブルーマスター)」の4種の生ビール飲み比べセット1,500円。
    福岡名産の苺「あまおう」や、かぼすを使ったビールも
    ANA FESTA カフェ&バル 糸島

    福岡空港国内線ターミナル2階
    TEL:092-621-4049
    営業時間:6:00~最終便出発まで(LO21:00)
    定休:なし

    出発前に旨い魚でサクッと一献 早朝から乾杯できる「しらすくじら磯貝」

    手前から「くじら三種刺」1,490円、「がめ煮」626円、「博多ごまさば」950円、「酢モツ」626円

    福岡市内に数店舗を展開する居酒屋「博多漁家 磯貝」の系列店「しらすくじら」。ここでは滑走路を眺めながら地元の名物が1日中味わえます。仕入れは玄界灘でとれた新鮮な魚が届く福岡市内の長浜鮮魚市場と姪浜港から。福岡県産の甘いうまくち醤油と、九州産の柑橘類・だいだい入りのポン酢で近海の旬の味覚を楽しんで。店頭ではお弁当やおにぎりの販売もしているので、フライトまでの時間がないときやお土産を買いたいときにもおすすめです。

    「明太子弁当」1,058円。ビールやお酒のアテにもぴったり
    離発着する飛行機を眺めながら乾杯。メニューには福岡の郷土料理や地酒、焼酎もそろう
    九州産直 角打ち しらすくじら磯貝

    福岡空港国内線ターミナル2階
    TEL:092-710-6113
    営業時間:6:30~最終便出発まで(LO21:00)
    定休:なし

    福岡空港限定品もあり! 老舗明太子ブランドなど3店舗が開店

    ふくやの「明太キッシュ」1個300円、5個1,500円。
    福岡サンパレス ホテル&ホールの坂本総料理長が福岡空港での限定販売用に開発した新商品

    2018年3月24日、国内線ターミナルに新しい土産店がオープンしました。明太子の生みの親でもある「ふくや」、博多の老舗料亭「稚加榮(ちかえ)」、九州の海産物・畜産品専門店「しゅん家」の3店がラインナップ。各店の売れ筋商品のほか、福岡サンパレス ホテル&ホールの坂本総料理長考案の「ふくや」の空港限定商品「明太キッシュ」や「稚加榮」の「明太子チーズサンド」など、明太子を使った商品も数多く並びます。

    稚加榮(ちかえ)の「明太子チーズサンド」8枚入り1,080円。
    明太子を濃厚なチーズに練り込み、新鮮なエビをふんだんに使った煎餅でサンド
    しゅん家の「えんがわ明太」200g 1,080円、330g 1,620円。かれいのえんがわと辛口の明太子を合わせた珍味
    ふくや/稚加榮(ちかえ)/しゅん家

    福岡空港国内線ターミナル2階
    TEL:ふくや:092-260-7333/稚加榮(ちかえ):092-623-3082/しゅん家:092-624-0340
    営業時間:6:30~21:00
    定休:なし

    時間帯やシチュエーションに合わせてさまざまな選択肢が広がる福岡空港国内線ターミナル内の「福岡のソウルフード」。2、3軒ハシゴするのも福岡らしい楽しみ方ですよ。

    • 税込価格を表示しております

    地域限定の特別プライス!今ならおトクにいけるかも

    国内の地域限定でおトクなおすすめ路線をピックアップしました。
    おトクな路線の空席・予約を今すぐチェック!

    ライター:Mayu Yasunaga (chikara)
    Photo by Seiji Ishigaki (BLOCKBUSTER)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る