コンテンツへ

    掲載日:2021.05.31

    【山梨/山中湖】上質ヴィラでリゾートを満喫“Rakuten STAY VILLA 富士山中湖”

    山中湖の湖畔に佇む「Rakuten STAY VILLA 富士山中湖」は、5棟のうち2棟が愛犬同伴で楽しめる独立型ヴィラ。スタイリッシュな一軒家を独占して、別荘で過ごすようなリラックスした休日を満喫しましょう。タブレット端末で無人チェックインを行なえるなどのシステムも嬉しいですね。

    一軒屋貸し切りで憧れのヴィラステイ

    室内には窓が多く配置され、自然光がたっぷり降り注ぐ
    室内には窓が多く配置され、自然光がたっぷり降り注ぐ

    2020年の夏、山中湖から徒歩3分の立地に「Rakuten STAY VILLA 富士山中湖」がオープンしました。
    5棟あるすべてが独立型ヴィラで、そのうち2棟は愛犬と一緒に宿泊が可能です。
    間取りは、1階にリビングとダイニング、キッチンがあり、2階に2つのベッドルームとバスルームが備わった2LDKです。

    室内にはオリジナルのインテリアやアートがセンスよく配され、まるでおしゃれなショールームを訪れたよう。
    それでいて、自宅のようにくつろげるアットホームな雰囲気も味わえます。

    2階からもリビングの様子が確認でき、オープンな雰囲気
    2階からもリビングの様子が確認でき、オープンな雰囲気

    1階のリビングは吹き抜けになっていて、明るく、開放感でいっぱい。
    愛犬の利用は1階のみに限られますが、大型犬でも窮屈な思いをすることなく、快適に過ごせます。

    ゆとりある広さのキッチンとダイニング
    ゆとりある広さのキッチンとダイニング

    清潔感あふれるホワイトカラーのキッチンは広々して使い勝手がよく、調理などの作業もスムーズに進みます。
    ダイニングはウッドカラーのナチュラルな風合いが温もりを感じるスペースに。
    リラックスでき、自然と会話も弾みます。

    食器のほか、電子レンジや炊飯器など調理器具も種類豊富に用意されているので、ぜひ食材と調味料を持ち込んで、自慢の手料理を楽しみましょう。

    風が心地よいウッドデッキで夕食を
    風が心地よいウッドデッキで夕食を

    おすすめは、テーブルと椅子がセッティングされたプライベートデッキでのバーベキュー。
    本格的なグリルが用意されているから、焼き上がりもバッチリです。
    お肉やシーフード、野菜、好きな食材を事前に準備して、にぎやかに美味しいひと時を過ごしてください。

    ビューバスとふかふかベッドに癒される

    ジャグジーの水音や、やさしい泡にも癒される。シャワールームは1階にも
    ジャグジーの水音や、やさしい泡にも癒される。シャワールームは1階にも

    大きな窓から外の景色が楽しめるビューバスを完備。
    レインシャワー付きで、洗練されたデザインが魅力のバスルームです。

    湖畔の風景を眺めながらただのんびりお風呂につかる、そんなリゾートらしい贅沢なバスタイムを堪能しましょう。

    吹き抜け横の寝室は明るく開放感がある
    吹き抜け横の寝室は明るく開放感がある
    ダブルベッドが並ぶ向かい側にロフトが備わり、ダブルサイズのスペースが確保されている
    ダブルベッドが並ぶ向かい側にロフトが備わり、ダブルサイズのスペースが確保されている

    2階のベッドルームは趣の異なる2部屋が用意され、どちらの部屋にもダブルベッドが設置されています。

    ベッドルームのひと部屋にはプロジェクターが取り付けられ、ホームシアターの迫力ある映像で映画や動画を楽しむことができます。

    専用ドッグランで和やかな時間を

    家族水入らずで楽しめるプライベートドッグラン
    家族水入らずで楽しめるプライベートドッグラン
    湖畔の空気とふかふかの芝生が心地いい
    湖畔の空気とふかふかの芝生が心地いい

    テラスの前にはプチドッグランが整備されています。

    大型犬がのびのびとできる十分な広さがあり、湖畔の爽やかな空気に包まれて和やかな時間を過ごすことができます。
    小型犬なら走りまわって楽しめますよ。

    タブレットで簡単チェックイン

    管理棟にはチェックインなどに利用するタブレット端末が用意されている
    管理棟にはチェックインなどに利用するタブレット端末が用意されている
    玄関にはスマートロック(電気錠)を採用。チェックイン後にタブレットでキーナンバーが表示される
    玄関にはスマートロック(電気錠)を採用。チェックイン後にタブレットでキーナンバーが表示される

    非対面のチェックインシステムが導入されているのも特徴です。

    別棟となる管理棟に用意されたタブレット端末を使用して、無人のままでチェックインとチェックアウトを行います。
    設備についての質問も、タブレットからコールセンターに問い合わせることができます。

    また、敷地内の防犯カメラのほか、24時間365日、緊急駆けつけを受ける警備システムを完備。
    セキュリティ対策を万全に、安心してリゾートステイを満喫できる環境が整えられています。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る