医療機器を持ち込みされるお客様

航空輸送の可否について確認させていただいております。バッテリーの種類を事前にお知らせください。

ご予約時

ご利用の医療機器について医療機器名・メーカー名・製品名・型番・サイズ・バッテリーの種類などを「ANAおからだの不自由な方の相談デスク」までお知らせください。

機内で一部の医療用電子機器のご利用が可能です。電動式の医療機器には作動時に電波を発信するものやバッテリーが危険物に該当するものなどがございますので、機内へお持ち込み、ご使用いただけるものかを確認しております。また、お知らせいただく際には、「医療機器用シート(PDFファイル)」もご利用ください。

なお、当日空港にて改めて確認をさせていただく場合がございます。

酸素濃縮器(POC)、人工呼吸器をお持ち込みになるお客様は、ANA所定の診断書の提出が必要です。

前の座席の下などに収納できないサイズの医療機器を持ち込まれる場合は、別途座席を購入していただく必要がございます。機内持ち込み手荷物のサイズなどについては「手荷物について ~機内持ち込み手荷物(日本国内線 / 国際線)」をご覧ください。

前の座席の下などに収納できないサイズの医療機器を持ち込まれる場合は、別途座席を購入していただく必要がございます。機内持ち込み手荷物のサイズなどについては「手荷物について ~機内持ち込み手荷物(国際線)」をご覧ください。

  • ※AED等、ハサミがセットされているものの場合、ハサミは機内にはお持ち込みいただけません。

なお、以下は、危険物に該当しないため事前にご連絡いただく必要はありません。

  • インシュリン注射・エピペンなどの自己使用注射器(針)を持ち込み、使用される場合
  • 心臓ペースメーカーを装着されているかたやおからだに金属製の固定具が入っている場合
  • 人工肛門(ストーマ)を装着されている場合
  • 体温計やパルスオキシメーターなどの乾電池・ボタン電池で作動する機器を使用される場合

バッテリーのご用意について

ご自身でバッテリーをご用意ください。種類と容量によっては機内での使用やお預かりができない場合がありますので、事前にお知らせください。
機内シート電源は、安定的な電源供給はできかねるため、お客様の健康に影響がでる可能性がある医療機器にはご利用いただけません。

なお、酸素濃縮器(POC)および人工呼吸器作動用のバッテリーは、ご搭乗時間の150%をお持ちいただくようお願いいたします。

座席指定について

安全上の理由により、非常口座席にはお座りいただけません。

  • ※機材変更、その他やむを得ない理由により、予告なしに座席が変更になる場合がございます。
  • ※日本国内線ではWeb等で事前座席指定をご利用いただけない運賃が一部ございます。

コードシェア便について

ANA便名で提携航空会社が運航するコードシェア便については、運航会社の規定が適用されます。ANAグループとはお手伝い内容が異なりますので、詳しくは各運航会社にお問い合わせください。

ご搭乗時

出発当日はお早めに空港へお越しください。

空港でのお手続き時間の目安

事前にご申告いただいた医療機器に関しましても、当日カウンターや保安検査場にて医療機器の確認をさせていただく場合があります。

事前改札サービス

「事前改札サービス」をご利用頂けます。
ご希望のお客様は搭乗口係員までお知らせください。機内準備が整い次第、初めにご案内いたします。なお、運航状況により実施できない場合がございます

ご到着時

降機に際しお手伝いを希望されたお客様は、係員がお手伝いに伺うまでお待ちください。到着ロビーやお出迎えの方まで、係員がご案内いたします。ご予約時もしくはANAおからだの不自由な方の相談デスクへ、事前にお申し付けください。