コンテンツへ

    掲載日:2016.08.04

    赤ちゃんの海デビューは沖縄で!赤ちゃん旅の直前ガイド

    赤ちゃんが誕生し、初めて家族で過ごす夏休み。海デビューを計画している人も多いことでしょう。土地勘のある場所であっても、初めてのベビー連れ旅行は不安がつきものです。すでに旅先が決まっている人も多いかと思いますが、まずは沖縄でもおすすめの島やホテルを紹介しながら、旅先での不安を解消する注意点を紹介していきましょう。
    ANAオリジナル

    赤ちゃんと行く沖縄 おすすめ旅先&おすすめホテル

    写真提供/ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
    写真提供/ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

    赤ちゃんにとって初めての旅行。飛行機に乗るのも初めてなら、何よりアクセスのよさにこだわりたいもの。沖縄にはたくさんの魅力的な島々がありますが、直行便が飛んでいる島がいちばんです。

    そこでまず思い浮かぶのが沖縄本島。独身時代の沖縄旅行は、にぎやかな国際通りに近い那覇市内のリーズナブルなホテルをチョイスしていた人でも、ここはビーチ際のリゾートホテルをおすすめします。まだ歩けない赤ちゃん連れなら、ビーチが近く、万が一海を怖がることを考慮してプールのあるホテルをチョイスするといいでしょう。

    おすすめは那覇空港から約1時間20分の恩納村にあるANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート。目の前に穏やかな海が広がり、赤ちゃんの海デビューにぴったりなロケーション。ボーネルンドによる室内遊び場「万座キッズプレイランド」がオープンしたことも話題になっています。1~12歳が対象ですが、保護者同伴で思いっきり体を動かすことができます。

    ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、妊婦さんにやさしいマタニティサービスも提供しています。おなかに赤ちゃんがいても安心して旅行を楽しめるのはいいですね。

    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー
    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー

    沖縄特有ののんびりした雰囲気を楽しみたいママ・パパは、羽田、大阪からANAの直行便が運航する宮古島がおすすめです。のんびりドライブでさらに宮古島の離島へも渡れ、沖縄の離島のさまざまな表情に出合えるのも魅力。
    ファミリー向けといえば、東洋一美しいと称される与那覇前浜ビーチを目の前にした宮古島東急ホテル&リゾーツが有名です。広々としたキッズプールを併設したプールも人気です。赤ちゃん連れのゲストも多く、気兼ねすることなく過ごせるのもママ・パパにとっては安心ポイント。

    写真提供/ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
    写真提供/ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

    羽田、大阪、名古屋、福岡からANAの直行便が運航する石垣島も根強い人気があります。飛び切り美しい海に包まれ、沖縄らしさを残す小さな離島へ船で気軽に行けるのが魅力です。
    石垣空港から車で約20分、石垣市内まで約10分という好ロケーションにあるANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、施設やサービスが充実していて小さな子供連れには安心。4~12歳を対象にしたキッズクラブは、紙粘土のシーサー作りや貝殻やサンゴを使った工作教室など沖縄らしい体験型のプログラムが充実していることでも知られています。3歳以下でも保護者同伴で利用できます。赤ちゃん連れのママ・パパも時間を持て余すことなく交代で子守をして、ダイビングやシュノーケリングなど、アクティブに石垣島を満喫するアクティビティに参加できますよ。

    いずれのホテルもベビーベッドやベビーカー(基本的に事前申込み)の無料貸し出しはもちろん、お砂場セットの無料貸し出しもあります。さらに施設内の売店でミルクやおむつ(水遊び用も)、おしりふきといったベビーグッズを販売しています。
    基本的にレストランに離乳食の用意はありませんが、予約すれば対応してくれるところがほとんど。ビュッフェにあるおかゆや果物で対応するか、食べなれた離乳食(売店での販売もあり)を持ち込んで、温めてもらうというのもひとつの手です。

    とかしくマリンビレッジがあるとかしくビーチ 写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー
    とかしくマリンビレッジがあるとかしくビーチ
    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー

    少し足を延ばしたところでおすすめなのが、海の美しさで知られるケラマ諸島です。沖縄本島・泊港から高速艇で約35分。コバルトブルーのサンゴ礁の海に囲まれた渡嘉敷島はファミリーに人気があります。素朴な離島でプールがあるような大型ホテルはありませんが、穏やかで美しいとかしくビーチを目の前にした、とかしくマリンビレッジはおすすめです。真っ白なパウダーサンドのビーチをお砂場にして、のんびり海遊び、ビーチ遊びを楽しめます。美しい沖縄の風景を目の前にして、ママ・パパも日常を忘れてこの上ない解放感に浸れますよ。

    ただし小さな離島なので島の医療施設で対応できることは限られます。さらに大きな商店はないので、必要なものは抜かりなくそろえていくことをおすすめします。

    何を食べさせる? 離乳食期のべビちゃんにおすすめの沖縄料理

    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー
    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー

    離乳食期の赤ちゃん連れのママが気になるのは食事の面。アレルギーなどさまざまな点を考えると、食べなれた市販の離乳食が安心です。もちろん現地でも手に入りますが、希望の商品が確実に手に入るかといった心配や、買い出しの手間を考えたら持っていくのがいちばんです。

    また、離乳食後~完了期の赤ちゃんであれば、沖縄料理に挑戦させてみたいという気持ちもわきますよね。でも沖縄料理は油分が多く、味も比較的濃い目のものが多いので、少し注意して試してください。
    そんななか、アレルギーさえなければ、ゆし豆腐はおすすめ。おぼろ豆腐のようにふわふわ軟らかいお豆腐で、飲食店では出汁をかけてスープのような状態で提供されていますが、そのままでも美味。豆本来の甘味を楽しめます。ぜひスーパーやお豆腐店で購入して、試してみてください。

    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー
    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー

    小麦粉麺を使用した沖縄そばを食べさせてみたい!と思うママ・パパも多いはず。飲食店の多くは子供用の器とフォーク・スプーンを貸してくれるので、分け与えやすい沖縄料理ともいえます。その際注意したいのが、麺の長さ。島によって麺は太さに差があるものの、どれも歯ごたえのある食感です。ヌードルカッターを持参し、月齢に合った食べやすいサイズに切ってあげるといいでしょう。

    真夏の沖縄で注意したいこと

    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー
    写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー

    赤ちゃん連れの沖縄旅行で注意したいことは、何といっても照り付ける強い日差しです。帽子はもちろん、日焼け止めをこまめに塗って、さらにビーチではラッシュガードを着せるなど万全の対策を。
    ビーチで遊ばせる際は時間帯にも気を付けて。比較的日差しの柔らかい午前中がベストです。とはいえビーチは日陰が少ない場所なので、木陰を陣取る、あるいはパラソルなどを借りて意識的に日陰をつくるのが大切。親子ともども無理をせず、しっかり休憩をはさみましょう。

    また、大人よりも汗っかきな赤ちゃんは容易に熱中症になってしまいますので、こまめな水分補給を怠りなく。手軽に手に入る一般的なアイソトニック飲料もおすすめです。これらは突然の発熱や下痢時の水分補給にも役立つので、パウダー状のものを忍ばせておくと安心です。
    万が一の病気に備えて、健康保険証と母子手帳は必ず持参しましょう。沖縄本島、宮古島、石垣島であれば小児科を備えた大きな病院もあるので安心です。

    プールや海で遊ぶときは、水遊び用おむつを忘れずにはかせましょう。ささやかなことですが、ほかのゲストへの配慮として、水遊び用おむつの上から水着をはかせるのがマナーです。

    赤ちゃん連れの旅行は本当に荷物が多くなりますよね。準備だけでも大変なのに、せっかく立てた計画も赤ちゃんの調子でままならないことも多いかと思います。でも、家族で出かける初めての沖縄旅行は、きっと素晴らしい思い出になるはずです。あまり予定を詰め込みすぎずに、美しい沖縄の海とゆったりとした空気に癒されながら、赤ちゃんと過ごす大切な時間を心から楽しんでくださいね。

    ライター:Hikaru Arasawa
    Cover Photo by ANA InterContinental Manza Beach Resort

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る