ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

『魔女の宅急便』の舞台になった街!?
街全体が世界遺産「ポルト」の魅力を紹介

2017.11.02ANAオリジナル

ANAオリジナル
『魔女の宅急便』の舞台になった街!?街全体が世界遺産「ポルト」の魅力を紹介

パン、ボタン、コップ、タバコなどポルトガル由来の外来語も数多く、キリスト教や鉄砲の伝来など日本とのつながりが深いポルトガル。隣接するスペインから2時間程度のフライトで行けるため、スペイン~ポルトガルを周遊する旅が日本人に人気です。

首都リスボンを中心に魅力的な小さな街が点在しますが、なかでもポルトガル発祥の地と言われる第2の首都ポルトは必ず訪れたい場所のひとつ。実はここ、ジブリ映画の代表作『魔女の宅急便』の舞台のモデルになったとウワサされる街なのです。

Text by
Ayano Sakai(verb)
小高い丘、オレンジ色の屋根の家、石畳の坂道

小高い丘、オレンジ色の屋根の家、石畳の坂道。ドウロ川の対岸に広がる街並みもキキの住んでいた「海に浮かぶ街」そのもの!

ジブリの公式サイトでは、スウェーデンのストックホルムやバルト海のゴトランド島ヴィスビーの街が「大いに参考にした場所」として発表されていますが、おそらくこの街もロケハンしたのでは?と思わずにいられないほど“魔女宅”的な世界が広がっています。

見上げたらキキが空を飛んでいそう!な石畳の坂道
見上げたらキキが空を飛んでいそう!な石畳の坂道
見上げたらキキが空を飛んでいそう!な石畳の坂道

街の絶景スポット「ドンルイス・一世橋」

ドンルイス・一世橋

ポルト中心地には、世界遺産にも登録されている歴史地区があり見所が満載。川に隔たれた2つの街を結ぶ「ドンルイス・一世橋」は、ポルトの街を一望できる絶景スポット。二重構造の橋の上層はメトロ、下層は車が走っていて、どちらも歩いて渡ることができます。高所かつ、真横をメトロが走る迫力もスリリング!

(写真提供/トリップアドバイザー)
(写真提供/トリップアドバイザー)

橋のふもとの川沿いにはレストランやバーが並び、開放的なテラス席でランチやディナーを楽しむ人たちで大にぎわい。川を行き来する遊覧船を眺めながらランチを楽しんだり、夜はライトアップされたドンルイス・一世橋や対岸の街の夜景を眺めたり、素敵な景色にどっぷり浸りながら過ごす時間は至福そのもの。

素敵なアズレージョが街のそこかしこに!

ポルト大聖堂
ポルト大聖堂
サン・ベント駅
サン・ベント駅

ポルトの古い街並みを彩るのが、アズレージョという彩色タイルで装飾された家や建物たち。なかでも、旧市街を一望できる丘の上に建つポルト大聖堂の回廊や、サン・ベント駅のアズレージョの美しさは圧巻。この壮大な絵画は、何枚ものタイルから創られています。

(写真提供/トリップアドバイザー)
(写真提供/トリップアドバイザー)
街の小さな路地に佇むカラフルな家々
街の小さな路地に佇むカラフルな家々
街の小さな路地に佇むカラフルな家々

さらに街中にはカラフルで様々な色・柄のアズレージョの家が立ち並び、あてもなくぶらぶら歩いているだけで楽しい気分になります。どこを切り取っても絵になるかわいい風景の連続に、シャッターを切る手が止まりません。

ポルト随一の高さを誇る「クレリゴスの塔」

クレリゴスの塔。展望台に登ることができる
クレリゴスの塔。展望台に登ることができる

観光客に人気の観光スポットが、ポルト随一の高さを誇る「クレリゴスの塔」。イタリア人建築家ニコラウ・ナゾーニによって1749年に完成したバロック様式の教会(塔は1763年完成)です。

屋上へと続く225段の螺旋階段を上りきると、疲れが吹き飛ぶような美しい絶景が
屋上へと続く225段の螺旋階段を上りきると、疲れが吹き飛ぶような美しい絶景が

展望台(といってもかなり狭い)からは、大聖堂やドウロ川なども見渡せ、ドンルイス・一世橋からとはまた異なる眺望が楽しめます。

フォトジェニックな“世界で最も美しい図書館”

(写真提供/トリップアドバイザー)
(写真提供/トリップアドバイザー)
“世界で最も美しい本屋”ことレロ・エ・イルマオンの内観
“世界で最も美しい本屋”ことレロ・エ・イルマオンの内観

そこから歩いて行ける距離にある、“世界で最も美しい本屋”と称される「レロ・エ・イルマオン」もぜひ立ち寄りたい場所のひとつ。1869年の老舗書店を一躍有名にしたのが、世界的人気の映画『ハリー・ポッター』。作者のJ.K.ローリングはポルトで英語教師をしていたことがあり、作中に登場するフローリッシュ アンド ブロッツ書店のイメージはレロ・エ・イルマオンをヒントにしたそう。中央にある階段のデザインやアールデコ様式の内装が素敵で、インスタ目的で訪れる客で店の外には長蛇の列が…!

ポルトガルは絶品の海鮮料理だらけ!

海鮮料理

旅のお楽しみといえば食事。海と山の幸に恵まれたポルトガルは、素材を活かしたシンプルでおいしい料理がいっぱい。代表的なものがバカリャウ(干しダラ)を使った料理で、大衆店から高級レストランまで、様々なバカリャウ料理が味わえます。アサリやタコ、イワシなど日本でもおなじみの海鮮類を使った料理も充実していて、日本人の舌に合うものが多いのもうれしいかぎり。

ポルト発祥のフランセジーニャ (写真提供/トリップアドバイザー)
ポルト発祥のフランセジーニャ
(写真提供/トリップアドバイザー)
干しダラのコロッケ。中にはチーズがトロリ
干しダラのコロッケ。中にはチーズがトロリ

さらにこの土地ならではの食事を楽しみたいなら、ぜひ地元の人たちの台所「ボリャオン市場」へ。ポルトの公設市場で、魚屋、肉屋、八百屋、果物屋、花屋、おみやげ屋、パン屋など、あらゆるお店が揃っていて、地元民たちの日常風景をのぞけます。カフェや大衆的なレストランもあり、お茶をしたりランチを取るのに最適。ワインも安く、昼から一杯どころかボトルを開けているテーブルも珍しくありません。このラフで陽気な雰囲気も和みます。

ボリャオン市場の様子
ボリャオン市場の様子
ボリャオン市場の様子
ボリャオン市場の様子

食事でひとつ心得ておきたいのが、ポルトガルのカフェやレストランは全体的に料理のサーブが遅いということ。「もしかしてオーダー入ってないのかな?」と心配になるほど、なかなか料理が運ばれないこともしばしば。

ポルトガル人はおっとりした気質の人が多く、お店のサービスにおいても“ポルトガル時間”が流れていると肝に銘じましょう。その後のスケジュールが狂わないように、食事の時間はあらかじめ長めに設定しておくといいかもしれません。

新鮮なムール貝やタコのさっぱりした前菜も定番
新鮮なムール貝やタコのさっぱりした前菜も定番
新鮮なムール貝やタコのさっぱりした前菜も定番
どこで食べてもおいしかったエビ、イカ、アサリなどが入ったシーフードリゾット
どこで食べてもおいしかったエビ、イカ、アサリなどが入ったシーフードリゾット
お皿にたっぷりのったイワシの炭火焼。香ばしいにおいが食欲をそそる
お皿にたっぷりのったイワシの炭火焼。香ばしいにおいが食欲をそそる

ポルトは街全体が絵画のように美しく、どこか懐かしくいい意味で垢抜けていない雰囲気も、旅する人の心をほっと和ませてくれます。そして、おっとりとしていて親切な国民性も魅力。

坂道の上り下りで1日歩くとへとへとですが、その疲れをも癒す風景にたくさん出会えるはず。くれぐれも足元はスニーカーかローヒール靴を忘れずに!