コンテンツへ

    掲載日:2018.03.01

    働く人の出張めし ~名古屋で必ず食べるべきご当地限定グルメ6軒~

    出張先での楽しみといえば、現地でのごはん。仕事が目的とはいえ、せっかく地方へ来たのならご当地のおいしいものを食べて帰りたいですよね。しかも、地元の人も通う穴場や名店のグルメにありつけたらなお最高! そこで、日本を飛び回る忙しいビジネスパーソンに代わって出張先での昼&夜ごはんをナビゲート。今回は個性的なご当地グルメ満載の、名古屋で食べたい絶品出張めしを紹介します!

    名古屋ローカルで人気! ランチで行きたい“新名古屋めし”

    手羽先、きしめん、あんかけパスタ、味噌煮込みうどん、ひつまぶし etc…。日本トップクラスのご当地グルメの数と知名度を誇る名古屋めし。一辺倒じゃいかない個性派グルメが多い名古屋に、さらに新たな名古屋めしが続々と登場中。そこで、地元民も支持する“新名古屋めし”を紹介します。

    新名古屋めしの雄! 汁なし台湾ラーメン「皿台湾」

    名古屋発祥で全国的に広がった台湾ラーメンと台湾まぜそば。もはや説明するまでもない認知度ですが、その進化系となる「皿台湾」なるものが名古屋人たちを虜にしているとか。それをいただけるのが「人生餃子」です。

    「人生餃子」だけど名物は皿台湾
    「人生餃子」だけど名物は皿台湾

    場所は名古屋中心街から少し離れた中川区八剱町。決してアクセスのいい立地ではないにも関わらず、連日行列をなす人気ぶり。名物の「皿台湾」とはいわゆる汁なしの台湾ラーメンで、客の9割が注文するのだとか。

    たっぷり野菜とがっつりニンニクでスタミナ抜群!

    「皿台湾」680円。「辛口」80円、「野菜大盛り」200円など追加トッピングも可能
    「皿台湾」680円。「辛口」80円、「野菜大盛り」200円など追加トッピングも可能

    こちらが噂の皿台湾。とにかくものすごいボリューム!! たっぷりのった野菜に隠れて麺が見えません。具は、もやし、ニラ、豚ミンチをたまり醬油・酒・ニンニクで炒めていて、香ばしい匂いに食欲がそそられます。

    細麺の茹で加減が絶妙で、麺だけ食べても味が絡んでいて美味!
    細麺の茹で加減が絶妙で、麺だけ食べても味が絡んでいて美味!

    ズズッと勢いよく麺をすすると、ニンニクと唐辛子がガツンと効いていて後を引く味。ほんのり醬油の風味もあって、ワイルドでシンプルな味わいはまさに男性好み。最初はピリ辛程度ですが、食べ進めていくと徐々に口の中でヒーヒーと刺激が増していく感覚。でもこの辛さが病みつきに。ちなみに今回は普通の辛さですが、ちょい辛、辛口と好みに合わせて辛さも調節できます。辛口は唐辛子パウダーでまっ赤に覆い尽くされるとか!

    1枚140円の「チャーシュートッピング」も人気。皿の半分を覆いつくすかのような大きさ!
    1枚140円の「チャーシュートッピング」も人気。皿の半分を覆いつくすかのような大きさ!

    「茹で時間を短くして、もやしとニラの食感に負けないように」と、麺は細麺で少し固めの食感に仕上げているそう。その狙い通り、麺と野菜のシャキシャキ食感が面白い! 麺を茹でるのは女将さんの担当で、中華鍋を振る店主と女将さんの息の合ったコンビネーションもお見事です。

    名物誕生のきっかけは“賄いメシ”

    もともとは、店主が修業先の賄いで作ったのがはじまりという皿台湾。「台湾ラーメンが食べたいけどスープが切れていて、そこでスープなしで作ってみたんです」と店主の水谷さん。独立から半年後、メニューに載せるなりじわじわとクチコミで広がっていき、今に至るという。「ここらは準工業地帯だから、ボリュームがあってニンニクたっぷりの濃い味つけが労働者たちにウケたんでしょうね」と、店の場所も皿台湾の人気に一役買ったと話します。

    店主こだわりの餃子も絶品!

    「人生餃子」というだけに、もちろん餃子にも自信あり。というか「もともと餃子が大好きでこの道に入ったんです。ウチ、本当は餃子屋なんですよ(笑)」と水谷さん。愛知県産の肩ロースの赤身部分を粗挽きにして、ごろっと肉の食感を残しているのがポイント。こちらもニンニクがガツンと効いたシンプルかつ王道な味わいで、ビールが恋しくなります。

    「餃子」(6個)330円。特製の“じゃりじゃり(特製ラー油)”をタレに混ぜて召し上がれ!
    「餃子」(6個)330円。特製の“じゃりじゃり(特製ラー油)”をタレに混ぜて召し上がれ!

    名古屋はもちろん、最近は近県在住者や全国のラーメン通も訪れている「人生餃子」。地元民にも愛される、“真”名古屋めしをぜひ一度ご賞味あれ!

    人生餃子

    住所:愛知県名古屋市中川区八剱町3-61
    電話番号:052-352-6118
    営業時間:11:00~15:00(14:30L.O.)、17:00~21:30(21:00L.O.)
    ※昼夜ともにスープが売り切れしだい終了/月曜休

    味噌煮込みうどんの名店が仕掛ける、注目の新名古屋めし

    きしめん、味噌煮込みうどんは言わずと知れた代表的な名古屋めし。ですが、県外の人にはあまりイメージがないけれど、実はカレーうどんも名古屋人たちが好んでよく食べる料理のひとつ。

    「飲んだ後の〆カレーうどん」が名古屋の定番

    一説によると、その発祥は昭和50年代頃。名古屋の錦で飲んだ後の〆にカレーうどんを食べるのが自然と広がり、名古屋独自の定番になったとか。カレーにはターメリック(ウコン)などのスパイスが使用されていることから、「カレーうどんで〆ると二日酔いしない」という説も。

    「山本屋本店」が本気でカレー煮込みうどんを作ったら…

    古民家を改築したおしゃれな雰囲気の店内
    古民家を改築したおしゃれな雰囲気の店内

    なかでも味噌煮込みうどんを彷彿させる「カレー煮込みうどん」は、名古屋らしさが詰まった一品。今回紹介するカレー煮込みうどん専門店「鯱市」は、名古屋の味噌煮込みうどんの老舗「山本屋本店」が手掛ける姉妹店。実は、もともとは山本屋本店の新メニューとして数年がかりで開発を進めていたそうですが、いざお店で出すとなるとカレーの香りが味噌煮込みの風味を邪魔してしまう…という理由から、「鯱市」を立ち上げることになったそう。

    鯱市オリジナルの土鍋。最後までスープが冷めずに美味しくいただける
    鯱市オリジナルの土鍋。最後までスープが冷めずに美味しくいただける

    運ばれてきた土鍋の蓋を開けると、ぐつぐつと煮えたぎるカレー風味の出汁の香りがふわり。この匂いだけですでにおいしさを確信!

    「カレー煮込みうどん」770円、「生たまご」50円
    「カレー煮込みうどん」770円、「生たまご」50円

    出汁は山本屋本店と同じ、鰹を中心に鯵節、鶏ガラ、たまり醤油の和風仕立て。生麺を土鍋で煮込んでから、特製のカレールウを足して完成させるそう。和風出汁に合うカレールウを開発したとあって、出汁の風味を消すことなく見事に調和しています。

    鍋蓋を皿がわりにしていただくのが鯱市流。紙エプロンの用意があるのもうれしい
    鍋蓋を皿がわりにしていただくのが鯱市流。紙エプロンの用意があるのもうれしい

    うどんも「山本屋本店」のものを使用。毎日職人が手打ちで作るうどんは、土鍋で煮込んでいるのにシコシコの食感が残っていて絶妙。そこにカレー出汁が絡んでデラうまい! 食べている間にカレーが煮詰まり、うどんに味が染み込んで、どんどんおいしく変化していくのも“煮込み”の魅力。

    トッピング豊富で〆もアレンジ自在

    人気ナンバー1は「牛すじ」1,280円!
    人気ナンバー1は「牛すじ」1,280円!

    「鯱市」はトッピングも充実。スープをごはん(200円)にかけるもよし、鍋にごはんとチーズ(210円)を入れてカレーリゾットにしても絶品! 自分好みにアレンジを楽しみながら、最後の1滴まで余すことなく堪能すべし。

    アツアツのうどんとスパイシーなカレーが合わさった「カレー煮込みうどん」は、冷えた体を芯から温めてくれる冬の最強グルメ。名古屋の老舗が提案する渾身の一杯に脱帽です。

    鯱市 大須店

    住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-4
    電話番号:052-262-2531
    営業時間:11:00~20:00L.O.(ランチタイムは平日11:00〜15:00 ※ごはん1杯無料サービス)/無休

    愛知を丸ごと味わう名古屋ハヤシ

    名古屋の居酒屋を中心に、じわじわとその名が広がりつつあるのが「名古屋ハヤシ」なる新名物。ハヤシライスといえば、ごはんとルウがセパレートに盛られたものが一般的ですが、「名古屋ハヤシ」はそれとは一線を画すビジュアル。ごはんにルウを混ぜ、その上に卵黄をのせた盛り付けがなんとも斬新!

    「デミグラス×赤味噌」の新感覚ハヤシライス

    これが噂の名古屋ハヤシ!
    これが噂の名古屋ハヤシ!

    実はこれ、「名古屋ハヤシで名古屋を盛り上げよう」との目的で、名古屋の飲食店店主たちで結成された「名古屋ハヤシ倶楽部」の参加店で提供しているメニューなんです。味は、洋食の定番デミハヤシに赤味噌を加えた、コクの深い味わいが特徴。さらに、愛知、岐阜、三重の食材を88%使うこと、別添えの調味料で味の変化を楽しめるようにする、卵を使う、など“名古屋ハヤシ8ヶ条”を満たせばアレンジ自在とのこと。

    「名古屋ハヤシ定食」1,000円。味噌カツ2串付きで名古屋感満載!
    「名古屋ハヤシ定食」1,000円。味噌カツ2串付きで名古屋感満載!

    今回は、「那古屋 沢瀉食堂」でランチタイムに提供している「名古屋ハヤシ定食」を紹介。デミグラスソース×赤味噌のハヤシライスの真ん中で輝くのは名古屋コーチンの卵。皿の脇には柚子胡椒をトッピング。

    3段階の食べ方で、ひと皿で3度おいしい!

    まずはそのままひと口。いつものハヤシライスより、赤味噌の甘みが加わりコク深い味わい。途中で卵を割って混ぜると、ぐんとまろやかになります。さらに、柚子胡椒を少し足すと、ほんのり爽やかな風味が加わり“味変”を楽しめます。ひとつで三度おいしい食べ方といえば、ひつまぶしにも通じます。おいしいのはもちろん、他県を抜きん出るエンタメ感も名古屋グルメならではの魅力といえるでしょう。

    皿の底には鯱鉾のイラストが
    皿の底には鯱鉾のイラストが

    「那古屋 沢瀉食堂」では夜も名古屋ハヤシがいただけるので、飲んだあとの〆にもおすすめです。

    那古屋 沢瀉食堂

    住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38 B1F
    電話番号:052-589-3550
    営業時間:11:30~14:00、17:00~24:00/無休

    「旨くて安い」が当たり前! ハイレベルな小箱酒場がひしめく“今池呑み”が面白い

    栄や錦といった煌びやかな繁華街もいいけど、たまには小さな大衆酒場が連なる街で名古屋の夜を過ごすのもおすすめ。そこでイチオシなのが今池エリア。ここ数年、小狭い立ち飲み屋やカウンターだけの個性的な店が増え、はしご酒が楽しい街になりつつあります。しかも、雰囲気と価格は庶民的なのに、料理や酒はハイレベル。そんな小さき名酒場がひしめく今池で、地元の呑兵衛もおすすめの3軒を紹介します。

    握りも大将のキャラも抜群! 立ち喰い寿司「マグロー」

    今池でいま増えているのが小さな立ち飲み屋。そのなかで屈指の人気を誇るのが、立ち喰い寿司の「マグロー」です。店内は15人も入ればいっぱいの狭さ。にも関わらず、開店直後から客が続々やってきて18時頃には寿司屋がすし詰め状態に! その人気の秘密は、鮮度のいいネタをリーズナブルに味わえること。そして大将のキャラクターにあります。

    すし詰め状態の店内!
    すし詰め状態の店内!

    本格的な握りが100円台!

    「生えび」130円
    「生えび」130円
    「いか」100円
    「いか」100円

    大将の吉田誠さんは、ご近所にある「すし旬」出身の板前さん。なので、カジュアルな立ち喰い寿司ながらも握りは本格的。例えば、いかは醤油で味つけたハラワタでいただき、エビの身は甘くやわらく、パリッと焼いた頭も一緒にいただけます。

    左から、「まぐろ赤身(天然)」150円、「まぐろ脂赤身(養殖)」200円、「煮穴子」250円
    左から、「まぐろ赤身(天然)」150円、「まぐろ脂赤身(養殖)」200円、「煮穴子」250円

    まぐろは養殖と天然とがあり、どちらも漬けで。脂乗りのいい養殖と、もっちりとした本来のまぐろの味を楽しめる天然との食べ比べを。どれもひと仕事利いていて、醤油いらずでいただけるのも特徴です。

    寿司ネタは全てつまみでも頼める。二段目がつまみの価格
    寿司ネタは全てつまみでも頼める。二段目がつまみの価格

    ネタは日替わり含めて7~8種類あり、価格は握り100円から一番高いネタで250円と驚くほどリーズナブル!

    お酒のアテも充実していて、名物のさば漬け炙りは必ず頼みたい逸品。ちなみにお酒類も驚きの安さで、生ビール(エビス)390円、日本酒(日本盛)280円、純米酒400円、ワインや焼酎もあり、どれもなみなみ注がれます。

    隣客と飲みニケーションも面白い!

    大将の吉田誠さん。手が空けば会話も楽しめる
    大将の吉田誠さん。手が空けば会話も楽しめる

    大将と常連客との軽妙なやりとりも楽しく、初めて会った隣客と自然と会話が始まることもここでは日常茶飯事。落ち着いて食べる高級寿司もいいですが、そもそも寿司はファストフード。こんな風に活気ある雰囲気の中、寿司で一杯やってサクッと帰るという原点に浸るのもいいもんです。

    おいしくて安くて楽しい、今の今池らしさを体感できるイチオシの1軒。基本的に平日でもいつも混んでいますが、開店時に入った最初のお客さんたちが入れ替わる19時頃が比較的狙い目です。

    マグロー

    住所:愛知県名古屋市千種区今池1-12-6
    電話番号:なし
    営業時間:17:30~23:00頃まで/日曜・祝日・水曜休 ※予約不可

    プレミア銘柄が300円! 超破格の日本酒バー「なかむら参」

    今池の立ち飲み屋を語るうえでもうひとつ外せない店が、「なかむら参」。こちらも開店直後から混み合う人気店で、なんといっても日本酒を軸とした酒のセレクトと価格のパフォーマンスが高いことが魅力。

    一番高い日本酒もワンコインでおつりがくる

    日本酒はおすすめ5銘柄で、一升瓶が切れたら別の銘柄が登場。1杯250円、300円、400円の3段階の値段設定で、この日は「獺祭」、「鍋島」など日本酒にさほど詳しくなくても聞き覚えがあろうプレミア銘柄がラインナップ。しかも300円という破格! 日本酒好きを唸らす、希少で珍しい銘柄や季節限定品が登場することも。

    左から、「焼きあご」(3匹)、「牛肉と豆腐の煮つけ」、「ツナ&ポテトサラダ」、「漬け物の盛り合わせ」。全て1皿100円
    左から、「焼きあご」(3匹)、「牛肉と豆腐の煮つけ」、「ツナ&ポテトサラダ」、「漬け物の盛り合わせ」。全て1皿100円

    お酒がメインの店なのでしっかりとした食事メニューはありませんが、おつまみが全て100円とこれまた安い! 小鉢サイズなので、食事前の1杯や2軒目、3軒目のサク飲みにちょうどいい量。月曜から木曜は「乾きものDAY」で、籠の中のお菓子を1人2つまで無料サービス!

    コンセプトは「客が使いやすい店」

    その日の日本酒が画面に表示される、ご主人作成のスクリーン
    その日の日本酒が画面に表示される、ご主人作成のスクリーン
    ウィスキーのラインナップも充実。3は300円、4は400円と一目瞭然で明朗会計!
    ウィスキーのラインナップも充実。3は300円、4は400円と一目瞭然で明朗会計!

    「うちは夫婦2人でやっているので人件費が抑えられたり、外装にお金をかけないようにしたりして、できるだけ提供価格を安くしています。二人ともあまりよそで飲み歩かないから、“店はこうあるもの”っていう既成概念がないんですよね(笑)。だから、お客さんが使いやすい店を目指していったらこうなりました」と、女将さん。

    女将さんがカウンターに立ち接客を担当、ご主人はメニュー作成など裏方に回って二人三脚でお店を回しているそう。その日の日本酒が紹介されているカウンターの大きなスクリーンの内容もご主人が作成。ひとりで訪れたときなんかは、これを眺めていればちょうどいい暇つぶしにもなります。

    物腰やわらかな女将さんは、お酒の解説もわかりやすく丁寧。お酒に詳しくなくても安心して飲める
    物腰やわらかな女将さんは、お酒の解説もわかりやすく丁寧。お酒に詳しくなくても安心して飲める
    燗酒は1銘柄で400円。希望があれば冷酒も倍額でお燗にしてくれる
    燗酒は1銘柄で400円。希望があれば冷酒も倍額でお燗にしてくれる

    常連客が多いですが客層が良く、一見客もウェルカムの雰囲気。客同士が仲良くなって「あそこにいい飲み屋ができたよ」なんて情報交換の場にもなっているとか。お腹いっぱいだけどもう1杯だけ飲みたい…なんてときにもぜひ。今池はしご酒の合間に立ち寄ってみてはいかが?

    なかむら参

    住所:愛知県名古屋市千種区今池1-13-13
    電話番号:052-734-8152
    営業時間:18:00~22:00/土曜・日曜休 ※予約不可

    今池の新星イタリアンバル「bar Banzai」

    和食や中華の店が多い今池エリアに、地元のワイン好き待望のイタリアンバルが昨年オープン。「bar Banzai」は宮崎県で肉バルを営む店主が、今池の雰囲気を気に入りこの地に自身の2軒目を構えたのだそう。

    店を営む井上さん夫婦。料理はご主人、ドルチェは奥様が担当する
    店を営む井上さん夫婦。料理はご主人、ドルチェは奥様が担当する

    丁寧な味の定番イタリアンが絶品

    前菜からガッツリ系の肉料理、〆のパスタやリゾットまで幅広く用意。メニューは奇をてらった料理よりも定番料理が多く、耳にも舌にも馴染みのあるイタリアンを丁寧に作って提供する。そんな真摯な姿勢が味に表れています。

    とりあえずの定番、「前菜の盛り合わせ」700円。5~6品乗ってこのお値段! 「日替わりのキッシュ」480円
    とりあえずの定番、「前菜の盛り合わせ」700円。5~6品乗ってこのお値段! 「日替わりのキッシュ」480円

    さっそく地元の呑兵衛たちのはしごコースにも組み込まれている様子で、この日も取材中に「マグロー」帰りの2人組が来店。ちなみに、「マグロー」の大将もこの店のファンで「何を食べてもおいしい」と太鼓判を押しています。

    マリネした豚肉のハーブとガーリックの香りが食欲をそそる!
    マリネした豚肉のハーブとガーリックの香りが食欲をそそる!
    「豚バラ肉のボルケッタ」1,280円
    「豚バラ肉のボルケッタ」1,280円

    おすすめは、「豚バラ肉のボルケッタ」。一晩マリネ液につけた豚肉をロール状にして、110℃のオーブンで4時間半ロースト。注文が入ったらもう一度オーブンで焼いて提供する手間暇かけた逸品。やわらかなバラ肉の食感と、ジュワッと広がる豚の甘い旨みはワインとの相性も抜群で、ぐんぐん杯が進んでしまいます。

    レモンサワー感覚で飲めるリモンチェッロが人気!

    「自家製リモンチェッロ」500円
    「自家製リモンチェッロ」500円

    ワインはもちろんですが、常連に人気なのが自家製のリモンチェッロ。96℃のウォッカにレモンピールを漬けてシロップと合わせたリキュールを、そのままロックで飲んだり、炭酸で割ってレモンサワー感覚で飲んだり。また、ホッピーみたいに徐々にリキュールを足しながら好みの濃さを楽しむこともできます。

    デートにも接待にも◎!

    ワインは全てイタリア産。食事に合う軽めから中くらいの飲み口が中心で、ボトルは1,900円~
    ワインは全てイタリア産。食事に合う軽めから中くらいの飲み口が中心で、ボトルは1,900円~

    座ってゆっくり食事ができるので、接待やデートにも重宝。“お通し料・チャージなし”もうれしく、1杯だけのサクッと飲みも大歓迎とのこと。深夜2:00ラストオーダーで遅めのディナーにも心強く、どんなシーンでも対応できる使い勝手の良さも魅力です。

    bar Banzai

    住所:愛知県名古屋市千種区今池1-14-5
    電話番号:052-753-7715
    営業時間:17:00~翌2:00L.O.、日・祝15:00~21:00L.O./0と5が付く日が休

    単身赴任者や転勤族が多いエリアということもあり、一見や他県の客に対しても懐の広い店と常連が多いのも今池の特徴的。行った先の常連さんに、おすすめの店を教えてもらってその店をはしごする。そんなローカル感満載の夜をぜひ体験して!

    地域限定の特別プライス!今ならおトクにいけるかも

    国内の地域限定でおトクなおすすめ路線をピックアップしました。
    おトクな路線の空席・予約を今すぐチェック!

    ライター:Ayano Sakai(verb)
    Photo by Noriko Yoneyama

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る