コンテンツへ

掲載日:2018.03.15

ANAで行く! シンガポールの定番&注目スポット体験ツアー

フラワー・ドームでミシュランの星付きランチを

ドーム内の植物と一体化した、POLLEN(ポーレン)の入り口

優雅な気分でドーム内の植物を鑑賞したところで、そのままランチをいただくことに。フラワー・ドームの中には、緑に囲まれながらミシュラン星付きの味を堪能できるレストラン「POLLEN(ポーレン)」があるんです。ロンドンのミシュラン一ツ星レストランで腕をふるったスティーブシェフがエグゼクティブシェフを務めるポーレンでは、世界中の新鮮な食材を使用したフランス流の地中海料理を味わうことができます。

1階のレストランフロアは、柔らかい外の明かりとひんやりとしたドームの空気が辺りを包むこみ、しっとりと落ち着いた雰囲気
メインのひとつ、タラのトリュフ添え。スモーククリームの香ばしさが味を引き立てています

まず目を惹かれるのが、華やかな盛り付けです。赤や緑の印象的な色のアクセントから炭のチップによる黒の意外性、さらにはお皿の余白まで、見た目のおいしさを楽しむのも醍醐味のひとつ。当然、お味もバツグンです。ひとつのお皿の中で多国籍な食材が共演し、豊かで複雑な味わいが口いっぱいに広がる幸せを噛み締めることができます。

根セロリの塩焼き。食感と色味のグラデーションがお見事です

ほっこりとした根セロリにカリカリに焼かれたチーズやナッツが添えられるなど、食材の組み合わせは味だけでなく香りや食感まで重層的に味わえるように計算されています。「これは何の食材だろう?」とその謎解きに夢中になったり、「料理ごとに種類の違うチーズが使われていて楽しい」と食材のセレクトに感心したりと、宮下さん親子の会話も弾んでいました。

ミクスチャーの名人・スティーブシェフ

エグゼクティブシェフのスティーブさんに少しだけお話をうかがうことができました。スティーブさんいわく、食材やソース、調理法の魅力的な組み合わせは、スタッフのバックグラウンドの豊かさによる部分も大きいとのこと。フレンチがベースにあるイギリス人シェフのスティーブさんが、イタリアンやドイツ料理など様々なバックグラウンドを持つシェフたちと作り出すメニューは、ヨーロッパのミクスチャー料理とも呼べるのかもしれません。シンガポールでは生産される食材が限られているというお国柄も、ミクスチャーが進みバリエーションが生まれる要因になっているようでした。

繊細な色味の前菜から、豪快なお肉料理までメニューは様々
Traveler's Memory

旅の思い出

ホタテのソテー(宮下さん撮影)

「店内にもお庭のあるPOLLENのお料理はどれも美しく、お皿にもこだわりが見られました。特に気に入ったのはホタテのソテー。肉厚で甘みの豊かなホタテが美味しかったです」(宮下さん)

POLLEN(ポーレン)

住所:Flower Dome, Gardens by the Bay, 18 Marina Gardens Drive, #01-09, Singapore 018953
URL:http://www.pollen.com.sg/

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る