コンテンツへ

掲載日:2015.11.12

ANA Trivia Vol.07 ANAのロゴカラーの濃いブルーの由来は?

ANAのイメージカラーといえばブルー。おなじみのロゴのほか、現在利用されている機体外装デザイン、また客室乗務員の制服でも「ブルーライン」として使われています。このようにANAを象徴するカラーとしていたるところで使われている濃いブルーですが、皆さまの「旅の安全」を願う気持ちを込めて、ギリシア神話に登場する神様の名前を由来としているのをご存知でしょうか?

Q: ANAのロゴカラーの濃いブルーの由来は?

ANAのロゴカラーの濃いブルーの由来は?

1.海にまつわる神トリートーン

正解
A: 1.海にまつわる神トリートーン

ラッパのように法螺貝を吹いて、海の波と風を鎮めたといわれる海にまつわる神トリートーン。「海」と「空」の違いはあるものの、このトリートーンにあやかり「旅の安全」を願う気持ちを込めて「トリトンブルー」と命名されています。
この「トリトンブルー」が最初に登場したのは創立30周年を迎えた1982年。「トリトンブルー」に加え、それまで基調としていたブルーをそれまでの機体外装デザインのモヒカンルックにちなんで「モヒカンブルー」と名付け、以来この2つの色はANAの様々なシーンで利用されています。

2.大地にまつわる神ガイア

不正解
A: 1.海にまつわる神トリートーン

ラッパのように法螺貝を吹いて、海の波と風を鎮めたといわれる海にまつわる神トリートーン。「海」と「空」の違いはあるものの、このトリートーンにあやかり「旅の安全」を願う気持ちを込めて「トリトンブルー」と命名されています。
この「トリトンブルー」が最初に登場したのは創立30周年を迎えた1982年。「トリトンブルー」に加え、それまで基調としていたブルーをそれまでの機体外装デザインのモヒカンルックにちなんで「モヒカンブルー」と名付け、以来この2つの色はANAの様々なシーンで利用されています。

3.天空にまつわる神ゼウス

不正解
A: 1.海にまつわる神トリートーン

ラッパのように法螺貝を吹いて、海の波と風を鎮めたといわれる海にまつわる神トリートーン。「海」と「空」の違いはあるものの、このトリートーンにあやかり「旅の安全」を願う気持ちを込めて「トリトンブルー」と命名されています。
この「トリトンブルー」が最初に登場したのは創立30周年を迎えた1982年。「トリトンブルー」に加え、それまで基調としていたブルーをそれまでの機体外装デザインのモヒカンルックにちなんで「モヒカンブルー」と名付け、以来この2つの色はANAの様々なシーンで利用されています。

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る