ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

気分はパイロット!
本物のパイロットの養成に使われるBoeing777・コックピットのフライトシミュレーターに挑戦!

2016.09.29ANAオリジナル

ANAオリジナル

本物の飛行機のコックピットに入り操縦してみたい…。飛行機好きならば、誰しも一度はそう思うのではないでしょうか。今回ご紹介するのは2016年5月に品川に誕生した「SKY ART JAPAN株式会社」のシミュレーション施設。なんとパイロットの養成に使われる、Boeing777・コックピットのフライトシミュレーターを一般の人でも体験することができるのです。それでは早速行ってみることにしましょう。

Text by
Naoko Sumita

実際にパイロットの養成に使われるシミュレーターを操縦できる!

品川駅から徒歩15分ほどのところにあるガーデンシティ品川御殿山1階。コックピットの写真が大々的に貼られているものの、一見普通のオフィスのよう。本当にここにプロが使うシミュレーターがあるのでしょうか?

飲食店などが入るビルの1階にある「SKY ART JAPAN株式会社」
飲食店などが入るビルの1階にある「SKY ART JAPAN株式会社」

店内に入りまずは受付へ。予約していたことを告げ、受付用紙に名前などを記入します。

笑顔で迎えてくれるスタッフ。これまでの操縦体験などのアンケートに回答する
笑顔で迎えてくれるスタッフ。これまでの操縦体験などのアンケートに回答する

続いて案内されたのはなんと本物さながらの飛行機の客室。Airbus320の実寸と同じで胴体は全長8メートル、幅は4メートルもあり、点灯・消灯が可能なシーリングライトや、ギャレーコンテナ、ミールカートなどの備品も装備しています。

プライベートジェット仕様のAirbus320の機内を再現
プライベートジェット仕様のAirbus320の機内を再現

ここでキャプテン兼社長のアルパ・アブドラさんが登場。いきなり流暢な英語で挨拶されるので、一瞬びびりますがご安心を。アブドラさんは日本在住20年ということで日本語も流暢です。アブドラさんはBoeing737とBoeing 747の教官資格をお持ちだということ。操縦体験ゼロでも、丁寧に教えてくれるので安心です。

キャプテンのアブドラさんと本日のフライトについて相談
キャプテンのアブドラさんと本日のフライトについて相談

打ち合わせでは、希望のフライトルートや、シミュレーションに来た目的を伝えます。最初は特に希望がなくてもOK。インストラクターが最適なルートを組んでくれます。そしていよいよコックピットに移動!

機窓に広がる滑走路の景色も本物さながら
機窓に広がる滑走路の景色も本物さながら

シミュレーターとはいえ、本物のBoeing777-300ERと造りはほぼ同じ。50種類以上の計器が並ぶBoeing 747に比べ、操縦席の前にある5つの液晶ディスプレイとその下にある合計6つのディスプレイというシンプルなデザイン。「グラスコックピット」と呼ばれるのも納得です。そして頭上には100近くのスイッチ。キャプテンがボタンを操作するたびにエレクトロニック・チェックリストはどこに表示されるんだろう、と横目でちらちら見たりしてしまいます。昔はフライト中にコックピットの中を見学させてくれ、写真撮影をさせてくれるなんていう時代もありましたが、今は保安上の問題からコックピットは立入禁止。計器類を間近で見られるチャンスは激減してしまいました。なのでコックピットを目の前で見られるだけでも飛行機好きならば興奮すること間違いありません。

空港データは約4500!世界中の好きな空港からフライトできる!

この日のフライトは、アブドラさんが特別に組んでくれた羽田空港発、成田空港着の訓練コース。スイッチを入れると、無数のランプが点灯し、エンジンの始動音が響き渡ります。

操縦桿を握り発進!振動が体に伝わってくる
操縦桿を握り発進!振動が体に伝わってくる

そしていよいよ滑走路からテイクオフ。徐々に地上が遠くなり眼下に東京湾が広がります。初心者なので操縦はさっぱりですが、インストラクターがリードしてくれるので大丈夫。ときおり眼下に流れて行く雲や遠くの空に光る稲妻など、臨場感満点で本当に空を飛んでいるみたいです。

やがて目的地の成田空港が見えてきました。

前方に滑走路が。PFDを見ながら機体の姿勢を調整する
前方に滑走路が。PFDを見ながら機体の姿勢を調整する

もう少し操縦がうまければ、機体の姿勢が表示されるモニター(PFD)を確認しながら機体を調整したりするのですが、初心者には難しくあわや大事故寸前。インストラクターがサポートしてくれたのでなんとか無事に着陸できました。いや~、手に汗握るフライトでした。

慣れてきたら難易度の高い条件を選んでレベルアップも

今回は全くの初心者だったのでインストラクターにアシストしてもらいつつ、簡単なコースを飛びましたが、例えば、先日旅行で行った都市の空を飛びたいとか、世界一危険な空港といわれるカリブ海のプリンセス・ジュリアナ国際空港に行きたいなど希望があれば、世界の約4500の空港から自由に設定することができます。

また腕に覚えのある人なら、雷雨や霧という難しい気象条件にチャレンジすることも可能。アマチュアでもプロさながらに技術を持っている人もおり、あえて難しい状況をリクエストする方もいるそうです。とはいえ大半の方は初心者。家族連れはもちろん、最近はデートで訪れるカップルも多いとか。

アブドラさんは、トルコ語の他、英語、日本語が堪能で、希望とあれば英語での講義もOK。“駅前留学も兼ねてます”とユーモアもたっぷりにウィンクしてくれました。

キャプテンのアブドラさん(中央)とスタッフ達
キャプテンのアブドラさん(中央)とスタッフ達

ところで、このシミュレーターは実際にパイロットの養成に使われるほか、自社の訓練施設を持たないLCCのキャビンアテンダントの訓練に使われるそう。また映画やドラマの撮影や、パーティーなどの貸切も可能だそうです。アイディア次第でいろいろと使えそうですね!

お宝発見!飛行機関連のグッズも販売

施設内では数々の飛行機グッズも販売しています。ミールカートを改造したワインセラーや、実際の機体を使った本棚、飛行機のエンジン部分のカバーを使ったテーブルなど、単に飛行機グッズと呼ぶには少し度を超したマニア向けのアイテムもありますが、貴重なものが多く、全国の愛好家から問合せが絶えないそう。

ミールカートを改造した収納。飛行機好きにはたまらない(はず)
ミールカートを改造した収納。飛行機好きにはたまらない(はず)

本物の飛行機の機体から切り出したネームプレートなんていうのは、飛行機好きのあの人へのプレゼントに良さそうです!

Airbus320やBoeing747の機体を切り出した貴重なネームタグ
Airbus320やBoeing747の機体を切り出した貴重なネームタグ

ここに訪れれば「飛行機好きレベル」がまた一段あがりそう!ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

SKY ART JAPAN株式会社
住所:東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川御殿山1F
電話:03-3440-6777
時間:10:00~18:00(土・日休み、ただしシミュレーターの予約が入った場合は営業)
URL:http://www.skyart-japan.tokyo/
シミュレーター体験料金:30分/11,000円 60分/20,000円