ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

ANA Trivia Vol.16
ドリームリフターは何を運ぶための専用機?

2016.07.14ANA Trivia

ANA Trivia

ドリームリフターの愛称で知られるB747-400LCFは、個性的なシルエットでファンの多い機体です。愛称に「リフター」と付くだけあって何かを運ぶための専用機なのですが、さて“何か”とは次のうちどれでしょう?

ドリームリフターは何を運ぶための専用機?

ドリームリフターは何を運ぶための専用機?

飛行機の部品

B747-400LCFのLCFは「Large Cargo Freighter」の略で、大型貨物機のこと。運んでいるのは、ボーイング787の部品です。B787の部品は世界各地で造られており、それを最終組み立て工場のあるアメリカのエバレットへと輸送するのがB747-400LCF(ドリームリフター)の役割なのです。

ドリームリフター最大の特徴は、機首から後ろが大きく膨らむ特殊な形状。これは中古のB747-400を改造したもの。太さはもちろん長さも延ばすことで、通常のB747-400F貨物機の約3倍の貨物搭載容量を誇っています。

世界中を行ったりきたりしているドリームリフターですが、4機しかないため大忙し。B787の部品のうち約35%を製造する日本では、中部国際空港で見られます。かなりユニークな形をしているので、たまたま遭遇してもすぐに分かりそうですね。

ちなみにB787は日本とのゆかりが深く、B787初号機を発注したローンチカスタマーはANA。初号機の初飛行はANAの成田-香港便でした。