コンテンツへ

    掲載日:2022.04.13

    散策してこそ出会える、歴史と自然が織りなす日光の魅力

    一度は訪れたことがあるかもしれない。そんな人気の観光地日光を改めて散策してみよう。

    散策の楽しさが散りばめられた日光

    華厳の滝

    ダイナミックな姿を見せる「華厳の滝」

    言わずと知れた日光の名所「華厳の滝」。
    高さ97m、滝幅7mもの大瀑布は、見た目もさることながら、その轟音も大迫力。
    華厳滝エレベーターで滝つぼから見る景色は圧巻。

    華厳の滝

    • 住所:栃木県日光市中宮祠

    日光東照宮

    世界遺産「日光東照宮」。言わずと知れた日本の宝

    言わずと知れた日光の世界遺産「日光東照宮」。
    現在の主な社殿は、三代将軍、徳川家光により寛永13(1636)年に建て替えられたもの。

    息を飲む美しさの陽明門

    徳川家康が祀られた神社だけあって、豪華絢爛な作りは息を飲む美しさ。
    平成の大修理を終え、美しさを取り戻した陽明門は必見。

    日本全国の名工の手によるディテールも見どころのひとつ

    建物の漆や極彩色、柱に掘られた彫刻など、全国から名工を集めて作られたといわれている。
    細かいあしらいまで注意深く見るのも散策の楽しみだ。

    日光東照宮

    • 住所:栃木県日光市山内2301
    • 電話番号:0288-54-0560
    • 拝観時間:4月1日~10月31日(9:00〜17:00まで)/11月1日~3月31日(9:00〜16:00まで)
      ※なお、各期間とも受付は閉門30分前に終了いたします。
    • ウェブサイト:日光東照宮

    日光珈琲 御用邸通

    歩き疲れたら古民家カフェ「日光珈琲 御用邸通」でおいしいコーヒーを

    日光東照宮にほど近い、静かな御用邸正門通りに佇む古民家カフェ、「日光珈琲 御用邸通」。
    大正時代の商家だったという建物をリノベーションした店内は
    至る所にかつての趣を残し、中庭も見渡せる癒しの空間。

    人気の黒カレーなど、食事のメニューも

    自家焙煎のスペシャリティー珈琲はもちろん、
    オーブンでじっくり焼き上げた野菜が引き立てる人気の黒カレーなど
    お腹も満たしてくれる。

    必食のかき氷。これを目当てに訪れる人も多い

    四代目徳次郎の氷を使用したかき氷はスプーンが止まらない。
    時間が経っても氷が存在感を保っていて、洗練された舌触りが終わりまで楽しめる。
    かき氷激戦区の日光のなかでも、このかき氷を求めて訪れる人も多いのだとか。

    日光珈琲 御用邸通

    • 住所:栃木県日光市本町3-13
    • 電話番号:0288-53-2335
    • 営業時間:11:00~21:00
    • 定休日:月曜日・第1、3火曜日(祝日の際は翌日)
    • ウェブサイト:日光珈琲 御用邸通
    自然からグルメまで多様な魅力が日光の個性

    歴史もあり、美しい自然もあり、環境が生み出す食もある。
    日光の魅力を一言では言い表すことは、とても難しい。

    • 記載の内容は2022年2月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。