コンテンツへ

    【アユの釣り場ベスト50】釣り専門誌「月刊つり人」が、全国の河川からアユの有望釣り場をピックアップ

    エリアを選択してください

    北海道

    北海道 朱太川(しゅぶとがわ)

    ~注目増す北海道のアユリバー~

    札幌圏から一番近いアユ釣り場でありながら、釣れるのは豊富な天然ソ上。また、「北限のアユを守る」という趣旨のもと、現在は他の河川からの稚アユの放流も行なっていない。この川のアユは体高がありよく引く。釣り場は中流部にある熱郛(ねっぷ)川合流点より上流で、黒松内市街のヘリポート裏、東山公園付近、消防署裏、賀老橋周辺などになる。

       
    アクセス 新千歳空港からレンタカーで黒松内町方面へ
    シーズン 7~8月
    問合先 朱太川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 菅原商会 (0136-72-3547)

    東北・新潟

    青森県 赤石川(あかいしがわ)

    ~白神山地が育てる金アユの川~

    世界遺産の白神山地から流れ出る清流。全域が鰺ヶ沢町に属し、魚体が金色に染まるアユを地元では〝金アユ〟としてブランド化している。一番の魅力は何といっても豊富な天然ソ上。5月になると川を遡ってくるアユの匂いが分かるといわれるくらい、多数のソ上に恵まれる年もある。釣り場の核心部は中流域の種里地区、鬼袋地区で瀬とトロが連続する。

       
    アクセス 青森空港からレンタカーで赤石川方面へ
    シーズン 7~8月
    問合先 赤石水産漁協
    遊漁券購入・オトリ店 鰺ヶ沢町観光ポータルサイト
    こちらもチェック! 『青森県・赤石川』

    秋田県 米代川(よねしろがわ)

    ~良型ラッシュも味わえる北の横綱~

    秋田県の北部を流れる米代川は、白神山地、十和田湖、八幡平など、日本でも指折りの自然が周囲に控える。天然アユのソ上にも恵まれており、東北を代表する人気河川の1つになっている。大館市の扇田堰堤より上流は良型が多く、下流は3桁釣果も夢ではない数釣りが楽しめる。盛期は例年8月中旬のお盆頃から。遠征するなら上流の比内町漁業や鹿角市河川漁協がおすすめ。

       
    アクセス 大館能代空港からレンタカーで米代川へ
    シーズン 7~9月
    問合先 秋田県内水面漁連
    遊漁券購入・オトリ店 旅館たむら (0186-55-0151)
    こちらもチェック! 『秋田県・米代川』
    『秋田県/青森県・白神山地の釣り旅』
    『初心者でも渓流魚に会える「テンカラ釣り」入門【前編】』
    『初心者でも渓流魚に会える「テンカラ釣り」入門【後編】』

    秋田県 阿仁川(あにがわ)

    ~広いエリアに好ポイントが連続~

    阿仁川は秋田県北部を流れる米代川最大の支流。管轄は阿仁川漁協で、マタギの里として知られる奥阿仁から流れ出る打当川と比立内川が合流して阿仁川となる。上流から米代川との合流まで全域でアユ釣りが楽しめ、魚はほとんどが天然ソ上。なかでも根小屋堰堤から上流の中上流域は、良型で美味なアユが釣れるとして、毎シーズン多くの釣り人で賑わう。

       
    アクセス 大館能代空港からレンタカーで阿仁川へ
    シーズン 7~9月
    問合先 秋田県内水面漁連
    遊漁券購入・オトリ店 キクチオトリ店 (090-7324-5573)
    あゆっこ (0186-72-3265)

    秋田県 桧木内川(ひのきないがわ)

    ~放流も県内随一の天然ソ上河川~

    秋田県仙北市の高崎森に源を発し、みちのくの小京都と称される角館市街地を流れる桧内川。秋田県随一の放流量を誇るが、天然ソ上にも恵まれており、短い夏に数釣りが味わえる。管轄は角館漁協で、主な釣り場は下流から、変化に富んだ鵜ノ崎橋周辺、岩盤がらみの瀬もある桧木内川河川公園前周辺、上流域にあたり渓流相の釣り場もある栃木橋周辺などだ。

       
    アクセス 秋田空港からレンタカーで角館方面へ
    シーズン 7~8月
    問合先 秋田県内水面漁業協同組合連合会
    遊漁券購入・オトリ店 藤枝オトリ (0187-55-4235)
    森オトリ (090-2600-5491)

    岩手県 閉伊川(へいがわ)

    ~川相もアユも県内トップクラス~

    盛岡市内から1時間程度で行くことができ、三陸の宮古湾に注ぐ閉伊川。森と海をつなぐ川として県内でもトップクラスの良質なアユが育ち、短い夏には3桁釣果も期待できる。天然ソ上アユも多く、さらに小国川や刈屋川といった支流も初期から安定した釣果が得られる。下流の湯ったり館周辺から上流の川内エリアまで広い範囲でサオがだせる。

       
    アクセス 大館能代空港、秋田空港、仙台空港などからレンタカーで宮古方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 閉伊川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 やな場/担当飛澤 (090-7338-1818)
    こちらもチェック! 『岩手県・閉伊川』

    山形県 小国川(おぐにがわ)

    ~穏やかな流れに美アユが泳ぐ~

    最上川支流の小国川は、昔から東北きってのアユの名川として知られる。澄んだ流れの良質なコケを食んだ「松原アユ」は、かつて天皇巡幸のおり献上された歴史もある。釣り場は上流の赤倉温泉周辺から最上川との合流点まで。温泉街のある上流部は放流魚が主体だが、下流部は比較的平板な流れながら、所々に大石もあり天然魚が多く数釣りが楽しめる。

       
    アクセス おいしい庄内空港または仙台空港からレンタカーで小国町方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 小国川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 小国川観光 (0233-32-3280)
    下山久伍 (0233-32-3309)
    こちらもチェック! 『山形県・小国川』

    山形県 鮭川(さけかわ)

    ~水量充分でも釣りやすい瀬~

    山形県の北部を流れる鮭川は、寒河江川と並ぶ最上川の最大支流の1つ。春にはサクラマス、秋にはシロザケもソ上し、森と川のつながりが今も保たれている。アユ釣りでおすすめなのは真室川との合流より下流の区間で、水量は充分にあるが、大石やガンガン瀬のポイントは少なく、トロ場、トロ瀬、チャラ瀬、早瀬と初めて訪れる人にも釣りやすい。

       
    アクセス おいしい庄内空港からレンタカーで鮭川村・真室川町方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 最上漁協
    遊漁券購入・オトリ店 沓沢食料品店 (0233-55-2318)

    福島県 伊南川(いながわ)

    ~只見川へ注ぐ最大の支流~

    桧枝岐村に源を発し只見川に注ぐ伊南川は、上流にダムがなく、水の透明度が非常に高い。かつてアユ釣り大会も頻繁に開催された川は、幅が20~40mで、瀬、トロ、淵、岩盤が随所にあり、川底には頭大の石が敷き詰められている。ただし、釣期は短く、解禁は7月下旬で9月下旬には終了。釣り場は大きく上流の伊南地区と下流の南郷地区に分かれる。

       
    アクセス 福島空港または新潟空港からレンタカーで南会津町方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 南会津西部非出資漁協
    遊漁券購入・オトリ店 宮川屋
    こちらもチェック! 『福島県・伊南川』

    新潟県 三面川(みおもてがわ)

    ~遡上魚豊富な日本海の清流~

    新潟県の村上市を流れる三面川。新潟と山形の県境に位置する朝日連峰から流れ出し、村上市の市街地を通って日本海に注ぐ。シロザケやサクラマスが遡る川としても有名で、アユも夏になると玉石底の澄んだ清流で天然ソ上の数釣りが楽しめる。釣り場は朝日まほろばICにほど近い水明橋から高速橋の周辺が有望。支流の高根川もソ上が多い。

       
    アクセス 新潟空港からレンタカーで村上市方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 三面川鮭産業漁協
    遊漁券購入・オトリ店 おとり屋あゆ熊太郎

    新潟県 魚野川(うおのがわ)

    ~アクセス抜群で釣果も安定~

    魚野川は群馬県と新潟県の分水嶺、谷川岳を源にする約40㎞の流れ。川は関越自動車道に沿って流れるためアクセスしやすく、本流の上流にはダムがない。アユは信濃川河口にソ上する稚アユの汲み上げ放流や、魚沼漁協の中間育成稚アユの放流だが、掛かると素晴らしい引きを見せる。例年釣果が安定しているのは、湯沢、石打、塩沢などの上流エリアになる。

       
    アクセス 新潟空港からレンタカーで関越道で魚沼市方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 魚沼漁協
    遊漁券購入・オトリ店 流心会 (090-2554-4921/小林 090-3065-5525/中山)

    新潟県 早川(はやかわ)

    ~水量充分でも釣りやすい瀬~

    新潟県の糸魚川市で日本海に注ぐ小河川が早川。川の規模こそ小さいが、上流から河口まで渓流相の流れが続き、美しいアユが釣れる。釣り場は糸魚川市の五十原地区で出合う支流の前川合流点から河口までの約8㎞。このうち、天然ソ上があるのは、河口から約2㎞の田屋堰堤までとなるが、限られた区間に高密度にアユがいるため束(100尾)釣りも可能だ。

       
    アクセス 新潟空港からレンタカーで糸魚川市方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 糸魚川内水面漁協
    遊漁券購入・オトリ店 早川友鮎仮設販売所/姫川ふ化場事務所 (025-552-7828)

    関東・甲信

    栃木県 那珂川(なかがわ)

    ~関東屈指の豊富な釣り場と魚影~

    栃木県の那須岳に発し、茨城県で太平洋に注ぐ全長150kmの那珂川。太平洋からの天然アユは約100km上流の那須塩原市内までソ上し、流域の各所が天然アユもねらえる。釣り場は栃木県の那須塩原市内から茨城県内の茂木町辺りまでが人気。中でも大田原市の黒羽周辺は多くのアユ釣り大会が催され、放流アユも多く、毎年6月の解禁当初から好釣果に沸く。

       

    アクセス 

    東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。東北道で大田原市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先

    那珂川北部漁協
    那珂川南部漁協

    遊漁券購入・オトリ店 林屋川魚店 (0287-96-3222)
    こちらもチェック! 『栃木県・那珂川』

    栃木県 箒川(ほうきがわ)

    ~穏やかに楽しめる那珂川の支流~

    那珂川最大の支流が箒川。約47㎞の流程のうち、アユ釣りが楽しめるのは最下流の那珂川出合から上流の上塩原温泉までの区間になる。塩原ダムより下流は天然ソ上してくるアユも多く、水の透明度も高くて川底が確認しやすいためポイントは絞りやすい。大雨などで上流の塩原ダムが放水しない限り、那珂川が釣りにならない時でもサオをだせることが多いのも魅力。

       
    アクセス 東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。東北道で大田原市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 那珂川北部漁協
    遊漁券購入・オトリ店 小種島オトリ店 (090-2321-6648)
    こちらもチェック! 『栃木県・箒川』

    栃木県 鬼怒川(きぬがわ)

    ~北関東屈指の大アユ河川~

    日光連山を水源として、栃木県中央部を流れ、利根川に合流する鬼怒川。北関東屈指の大アユ河川として知られ、近年は初期の数釣り、中盤から終盤の大アユねらいに県内外から多くの釣り人が訪れる。川相は全体的に小石底の平瀬が多く、初心者や年配の人にも釣りやすい。放流量が多くシーズンを通じて釣果が安定するのは宇都宮市からさくら市近辺になる。

       
    アクセス 東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。東北道で宇都宮市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 鬼怒川漁協
    遊漁券購入・オトリ店     加藤釣具店 (028-661-4033)
    こちらもチェック! 『栃木県・鬼怒川』

    栃木県 大芦川(おおあしがわ)

    ~清流にひしめく香り高いアユ~

    鹿沼市と日光市の境に位置する薬師岳付近の山々を源に思川と合流する大芦川。栃木県内でも屈指の清流として知られ、春はヤマメ釣り、夏はアユ釣りで賑わう。天然ソ上は望めないため、釣れるアユはすべて放流魚となるが、7㎞ほどのエリアに多数の魚が放され魚影は非常に濃い。なかでもおすすめは下流の神舟神社から上流の小川橋までの区間になる。

       
    アクセス 東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。東北道で鹿沼市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 西大芦漁協
    遊漁券購入・オトリ店 若田屋商店 (0289-74-2017)
    こちらもチェック! 『栃木県・大芦川』

    群馬県 神流川(かんながわ)

    ~小河川に踊る生育のよいアユ~

    群馬県の南西部を流れる神流川は、ヤマメやイワナの釣り場としても知られるが、アユ釣り場としても人気が高い。下久保ダム(神流湖)より上流が釣り場で、そのうち下流側の神流町は南甘漁協、上流の上野村は上野村漁協の釣り場になる。どちらも山間渓谷の渓流相だが、釣れるアユは小河川のわりに生育がよく、後期には良型も掛かるのが特徴だ。

       
    アクセス 東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。神流町または上野村方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 南甘漁協
    上野村漁協
    遊漁券購入・オトリ店 天野刃物工房/南甘
    民宿不二野家/上野村
    こちらもチェック! 『群馬県・神流川』

    神奈川県 相模川(さがみがわ)

    ~首都圏の天然ソ上アユ釣り場~

    古くは鮎川とも呼ばれ、今も相模湾からの天然ソ上がある相模川。支流の中津川を含め、首都圏のアユ釣りファンにとっては貴重なアユ釣りフィールドで、本流の釣り場は津久井湖(城山ダム)から下流の広範囲。上大島、葉山島、水郷田名、望地と各所にオトリ販売所があり、水郷田名の高田橋周辺は、毎年メーカー主催のアユ釣り競技会の会場にもなっている。

       
    アクセス 東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。東名高速で厚木市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 相模川第一漁協
    遊漁券購入・オトリ店 上大島友鮎販売所 (042-761-9405)
    相模屋水郷田名店 (042-762-0330)

    山梨県 桂川(かつらがわ)

    ~豊富な放流稚アユで抜群の魚影~

    山梨県の東部を流れ、中央高速に沿った大月市から上野原市の約15㎞区間が釣り場になる桂川。下流に相模湖、津久井湖があるため天然ソ上はないが、毎年流域に100万尾の稚アユが放されるため魚影は非常に多い。また、アユの生育もよいため、初期から20㎝クラスを交えた数釣りが楽しめる。支流の鶴川、葛野川、笹子川も同様によく釣れ人気が高い。

       
    アクセス 東京国際(羽田)空港からレンタカーを利用。中央道で大月市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 桂川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 井上オトリ (090-3003-6143)
    熊坂オトリ (0554-26-2862)

    北陸・東海

    富山県 小川(おがわ)

    ~日本海に注ぐ魚影濃密な小河川~

    富山県の朝日町を流れる小川は、海を目の前にして追い気の強い無数の天然アユが泳いでいる。一番上りの良型はソ上できる最上流部に潜むといわれるが、海が近くてもエサ場があれば、そこでナワバリを張る天然魚が多い。ただし、下流域が渇水になると、途中にある新川小川橋より上流エリアが、アユの密度が濃くなり数が出やすくなるのでおすすめになる。

       
    アクセス 富山きときと空港からレンタカーを利用。北陸道で朝日町方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 朝日内水面漁協
    遊漁券購入・オトリ店 ハマヤ釣具店 (0765-74-0069)

    富山県 神通川(じんづうがわ)

    ~北陸を代表する天然数釣り河川~

    富山県内の川として最大の長さと流域面積を持つ神通川。豊かな水が富山湾に注ぎ、川には毎年、ケンカっ早い天然アユが無数にソ上する。地元の富山漁協によるアユの放流量も安定しており、6月ともなれば川の至るところで川底の石に生えたコケを食むアユの姿が見られ、8月の第1週頃からは、各所で100尾以上が釣れる「束釣り」の声も聞かれるようになる。

       
    アクセス 富山きときと空港からレンタカーを利用。目の前が神通川
    シーズン 6~9月
    問合先 富山漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    ふなさきオトリ店
    フィッシング吉井青島店 (076-465-2001)

    こちらもチェック! 『富山県・神通川』

    福井県 九頭竜川(くずりゅうがわ)

    ~天然の数釣りができる激流釣り場~

    サクラマスでも有名な九頭竜川。アユ釣りは九頭竜川中部漁協の管内にある鳴鹿堰堤を境に性格が異なり、上流は大型ねらい、下流は数釣りが楽しめる傾向にある。そんな中でも人気が高いのは、堰堤上流の激流の中での大アユ釣り。北島の大トロ、坂東島の瀬といった有名ポイントがあり、シーズン後半なら尺クラスの筋肉質なアユが本流ザオを引き絞る。

       
    アクセス 小松空港からレンタカーを利用。北陸道で九頭竜川方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 九頭竜川中部漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    笠川オトリ店 (090-4683-2192)
    もりいし釣具店 (0776-64-2107)
    尾崎オトリ (090-1310-0489)

    こちらもチェック!

    『福井県・九頭竜川』

    静岡県 狩野川(かのがわ)

    ~ポイントがひしめく友釣り発祥の川~

    伊豆半島の天城山に源を発し、沼津市で駿河湾に注ぐ狩野川。友釣り発祥の地ともいわれ、シーズン中は多くのファンが訪れる。豊富な天然ソ上に加え、漁協による放流も盛ん。釣り場は広範にわたるが、全体に渓流相の場所が多く、特に釣り人が多いのは中流域の宮田橋から松ヶ瀬吊り橋の区間にかけてで、チャラ瀬からガンガン瀬までポイントも変化に富む。

       
    アクセス 羽田空港からレンタカーを利用。東名高速で沼津を経由し伊豆方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 狩野川漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    嵯峨沢オトリの家 (0558-85-0052)
    旭水園

    こちらもチェック! 『静岡県・狩野川』

    静岡県 興津川(おきつがわ)

    ~シーズン終盤まで楽しめる清流~

    静岡と山梨の県境の田代峠から流れ出し、駿河湾に注ぐ興津川。流れは澄んでおり釣れるアユの食味もよいため人気がある。新東名が開通し、最寄りの新清水ICから車で10分とアクセスもよくなった。およそ20㎞の流れは水量もほどよく、荒瀬などもないので安全に釣りやすい。また、10月いっぱいも釣果が期待できるなどシーズンが長いのも特徴になる。

       
    アクセス 羽田空港からレンタカーを利用。第二東名で最寄りの新清水ICへ
    シーズン 6~10月
    問合先 興津川非出資漁協
    遊漁券購入・オトリ店 宮原おとり

    静岡県 藁科川(わらしながわ)

    ~泳がせで数が出るダムなし河川~

    河口から7㎞上流で安倍川と合流し駿河湾に注ぐ藁科川。茶所で有名な藁科の谷間を縫うように流れ、水量豊富とはいえないが、荒瀬、浅瀬、トロ場など、釣り場は変化に富んで誰でも楽しめる。ダムがないため増水しても回復が早く、水温が安定すれば天然ソ上アユの動きも活発。釣り場は複数あるが、上流の「さおしん前」は魚影も多く安定した釣果が望める。

       
    アクセス 羽田空港または富士山静岡空港からレンタカーを利用。静岡市方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 安倍藁科川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 さおしん藁科川店 (054-270-1056)

    愛知県 巴川(ともえがわ)

    ~天然ソ上、放流ともに多い人気河川~

    愛知県の豊田市を流れる巴川は、上流、中流、下流と多彩なポイントが続く中部地方の人気河川。なかでも中流域にある巴橋(足助川合流やや上)から下流の足助記念橋までの区間は、比較的水深もあり、この川のメインの釣り場といえる流れで、段々瀬、荒瀬、チャラ瀬とポイントも多く、さらにアユも天然ソ上と放流のどちらも多いため楽しい釣りができる。

       
    アクセス 中部国際空港からレンタカーを利用。豊田市の巴川方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 巴川漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    いろは釣具店 (0565-62-0113)
    九重つり具店 (0565-62-1766)

    岐阜県 長良川(ながらがわ)

    ~職漁師が生まれた中部の名川~

    岐阜県の奥美濃山地を水源に、濃尾平野を経て伊勢湾に注ぐ長良川。瀬、落ち込み、淵、トロと変化に富んだ流れは、例年6月に解禁を迎え、10月中旬までがねらいめ。なかでも水の都と称される郡上八幡周辺は人気を集める。この川では荒瀬とそうでないポイント(チャラ瀬やトロ、淵など)で、タックルを明確に使い分けると釣果が伸びやすい。

       
    アクセス 中部国際空港からレンタカーを利用。東海北陸自動車道・関IC、美並IC、郡上八幡ICなどから長良川へ
    シーズン 6~10月
    問合先

    長良川中央漁協
    郡上漁協

    遊漁券購入・オトリ店

    森オトリ店 (0575-65-2955 郡上)
    矢島オトリ店 (0575-33-2833 長良川中央)

    こちらもチェック! 『岐阜県・長良川』

    岐阜県 板取川(いたどりがわ)

    ~安全なポイントも多い長良川の支流~

    岐阜県関市の板取地区から美濃市にかけて、いくつかの支流を合わせながら長良川に注ぐ板取川。美しい清流だが、管轄漁協が2つあり、上流は板取川上流漁協、下流は長良川中央漁協になる。下流部は天然アユも多く、上流の上牧橋か長良川合流点までの各所がおすすめ。長良川本流が増水の時でも釣りになることも多く、ビギナーや年配の人でも釣りやすい。

       
    アクセス 中部国際空港からレンタカーを利用。東海北陸自動車道・美濃ICから板取川へ
    シーズン 6~10月
    問合先

    長良川中央漁協
    板取川上流漁協

    遊漁券購入・オトリ店

    辻おとり (0575-37-2406)
    矢島オトリ (0575-33-2833)

    こちらもチェック!

    『岐阜県・板取川』

    岐阜県 吉田川(よしだがわ)

    ~瀬と淵が連続する変化に富んだ川相~

    郡上地区を流れる吉田川は、長良川最大の支流。豊富な水量と瀬と淵が連続する流れは、この地域の昔ながらの川の姿を彷彿とさせる。長良川との合流点からしばらくの間は周囲が開けているが、上流に行くにつれ道路と川の高低差が大きくなり、落差のある渓流域になる。ポイントは多いが、街裏と呼ばれる、郡上八幡の市街地周辺はシーズンを通じて人気がある。

       
    アクセス 中部国際空港からレンタカーを利用。東海北陸自動車道・郡上八幡ICから吉田川へ
    シーズン 6~10月
    問合先 郡上漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    田中釣具店 (0575-65-2540)
    小池オトリ店 (0575-65-5485)

    こちらもチェック!

    『岐阜県・長良川』

    岐阜県 馬瀬川(まぜがわ)

    ~エメラルドグリーンに輝く山間の清流~

    岐阜県下呂市の山間部を流れる清流が馬瀬川。アユの味がよいことでも知られ、アユ釣り場となるのは流域にある東仙峡金山湖より上流の区間(正確には西山ダムに流れ込むまでの区間)になる。管轄は馬瀬川上流漁協で、核心部は黒石地区の黒石堰堤から名丸地区の清流大橋付近までの中流部。この区間は各所にトイレが設置され女性ファンも楽しみやすい。

       
    アクセス 羽田空港や中部国際空港からレンタカーを利用。下呂市方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 馬瀬川上流漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    丸八旅館 (0576-47-2502)
    民宿無笹屋 (0576-47-2065)

    こちらもチェック! 『岐阜県・馬瀬川』

    岐阜県 和良川(わらがわ)

    ~ブランド美味アユが育つ清流~

    近年、美味しいアユが釣れる川として人気が高い和良川。同じく釣れるアユの食味に定評のある馬瀬川の支流にあたるが、各地の河川で競う「全国清流めぐり利き鮎会」で、最多となる4度のグランプリ受賞歴がある。ポイントはアクセスもよい旧和良村(郡上市和良)の市街地周辺にコンパクトに広がっており、瀬、淵、トロと変化もあって誰でも釣りやすい。

       
    アクセス 羽田空港や中部国際空港からレンタカーを利用。下呂市方面または郡上八幡方面から和良川へ
    シーズン 7~9月(9/30まで)
    問合先 和良川漁協
    遊漁券購入・オトリ店

    大野屋 (0575-77-2634)
    牧田屋 (0575-77-2553)

    こちらもチェック! 『岐阜県・和良川』

    岐阜県 宮川(みやがわ)

    ~後期は大型もねらえる開けた流れ~

    岐阜県の飛騨高山を流れ、小八賀川、川上川、小鳥川などの魅力的な支流を合わせて神通川に注ぐのが宮川。そのうち上流部にあたる宮川漁協管内のエリアは放流量も多く、お盆を過ぎるシーズン終盤になると25㎝オーバーの大型もサオを曲げる。メインの釣り場はR41に川が沿って流れる桜野公園前。広い駐車スペースとオトリ店があり広い瀬が広がる。

       
    アクセス 中部国際空港からレンタカーを利用。東海北陸道・飛騨清見ICから高山清見に入り高山ICから宮川へ
    シーズン 7~9月
    問合先 宮川漁協 (0577-32-7606)
    遊漁券購入・オトリ店 桜華苑 (0577-72-4141)

    三重県 大内山川(おおうちやまがわ)

    ~上流にダムのない通いやすい流れ~

    大内山川は三重県の中南部を横切る宮川水系最大の支流。旧大内山村と旧宮川村の境界から流れ出て、流域は渓谷美も楽しめて、主に大紀町を流れる。R42が川に沿い、水の透明度も高いため、先行者やアユを確認しながら入川可能。放流魚がメインの釣り場だが、年によっては本流からの天然ソ上もある。盛期になると中流から下流で安定した釣果が望める。

       
    アクセス 中部国際空港からレンタカーを利用。紀伊自動車道・大宮大台ICから大内山川へ
    シーズン 6~9月
    問合先 大内山川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 かつみ食堂 (0598-86-2752)

    関西

    滋賀県 安曇川(あどがわ)

    ~琵琶湖天然ソ上が楽しめる人気河川~

    京都市郊外から流れ出し、滋賀県の大津市、高島市を通って琵琶湖に注ぐ安曇川。全長40㎞ほどの小河川だが、琵琶湖産の天然アユがソ上することで、人気の友釣り河川となっている。上流から葛川漁協、朽木漁協、廣瀬漁協と3つの漁協の管区に分かれるが、解禁から9月頃まで数釣りも楽しめ、いずれも穏やかな流れのため特別な大ものザオなどは必要ない。

       
    アクセス 大阪国際(伊丹)空港からレンタカーを利用。名神高速・竜王ICから琵琶湖・安曇川方面へ
    シーズン 6~9月(葛川漁協は7月解禁)
    問合先 葛川漁協
    廣瀬漁協
    遊漁券購入・オトリ店 谷口天然鮎オトリ (090-8829-0717)

    京都府 美山川(みやまがわ)

    ~美味アユが泳ぐ山間の流れ~

    地図上では由良川が正式名称。美山漁協が管轄する由良川の最上流部から大野ダムまでの区間が、アユ釣りファンの間でそのように呼ばれる。京都、滋賀、福井の県境の森から流れる川は、周囲に山里らしいのどかな風景が残り、釣れるアユの食味も大変よい。おすすめは道の駅「美山ふれあい広場」周辺。漁協もありシーズンをとおして釣果も安定している。

       
    アクセス 大阪国際(伊丹)空港からレンタカーを利用。京都縦貫自動車道・園部ICから南丹市美山方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 美山漁協
    遊漁券購入・オトリ店 ひまわりオトリ店 (0771-77-0123)

    和歌山県 有田川(ありだがわ)

    ~全国一早い解禁から賑わう~

    霊峰高野山を源に、和歌山県の中部地区を流れて紀伊水道に注ぐ有田川。例年、5月を迎えると全国でも最も早くアユ釣りが解禁される。釣り場は大きく二川ダムの上流と下流に分かれるが、全体に荒瀬、瀬、チャラ瀬、トロ場と変化に富み、シーズンを通じて楽しめる。ダム上流は山間の渓流相で放流魚主体、ダム下流は天然ソ上が10月下旬まで釣れる。

       
    アクセス 関西国際空港からレンタカーを利用。湯浅御坊道路・有田ICから有田川方面へ
    シーズン 5~10月
    問合先 有田川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 西浦おとり店
    岡本おとり店 (0737-52-4845)

    和歌山県 日置川(ひきがわ)

    ~南紀の自然に囲まれる清流~

    果無山脈の千丈山に源を発し、中辺路町・旧大塔村・白浜町と著しく屈曲を繰り返して太平洋に注ぐ日置川。川は全体に荒瀬が少なく、トロ場やチャラ瀬など、流れの緩やかな瀬が多い。泳がせ釣りの腕を上げるフィールドとして知られ、豊かな緑に囲まれて気持ちのよい釣ができるが、釣り人は比較的少なく、ゆったりとした気持ちでアユとのやり取りを楽しめる。

       
    アクセス 関西国際空港からレンタカーを利用。阪和道・南紀田辺ICから日置川方面へ
    シーズン 5~9月
    問合先 日置川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 民宿森のお宿
    前田屋
    こちらもチェック! 『和歌山県・日置川』

    和歌山県 日高川(ひだかがわ)

    ~長いシーズン楽しめる人気河川~

    日高川は護摩壇山に源を発し、椿山ダムを経て太平洋に注ぐ。アユ釣りの解禁は近隣の有田川と並んで早く、10月いっぱいまで友釣りが楽しめるためシーズンも長い。ダム上流は龍神地区と呼ばれ、放流魚主体だが天然ソ上が多い年は汲み上げもあり、梅雨明けからがよい。ダム下流は天然ソ上がメインで、ポイントは長子橋周辺や千鳥橋上流が数も伸びやすい。

       
    アクセス 関西国際空港からレンタカーを利用。湯浅御坊道路・川辺ICから日高川方面へ
    シーズン 5~10月
    問合先 日高川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 みちのく/ダム下 (0738-54-0415)
    松阪食堂/ダム上 (0739-79-0259)

    和歌山県 古座川(こざがわ)

    ~美女アユが泳ぐ本州最南端の流れ~

    和歌山県串本町・潮岬は本州最南端に位置する。そのすぐ側で熊野灘に注ぐのが古座川だ。魅力はなんといっても天然アユ。流れを寸断する七川ダム下までソ上があり、背ビレが長く追い星(アユのエラ近くにある黄色い斑点)が美しい。この魚体に魅せられるアユ釣りファンは多く、地元名手は当地の方言で「美女(みめ)アユ」と呼ぶ。

       
    アクセス 関西国際空港からレンタカーを利用。阪和道で串本・古座川町方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 古座川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 田上おとり (0735-75-0225)
    こちらもチェック! 『和歌山県・古座川』

    兵庫県 揖保川(いぼがわ)

    ~大アユも人気の国道に沿う川~

    兵庫県の藤無山から流れ出て播磨灘に注ぐ揖保川。釣れるアユは放流魚が主体だが、下流域では天然ソ上もねらえる。主な釣り場は上流で2つに分かれる引原川・三方川から、山陽道の龍野IC近くまで。京阪神地区からアクセスがよく、川に沿って道路が走り入川もしやすいので、初心者や女性でも充分楽しめるが、一方で大アユねらいに通うファンも多い。

       
    アクセス 神戸空港からレンタカーを利用。山陽道・龍野ICや山崎ICから揖保川へ
    シーズン 5~9月
    問合先 揖保川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 高井釣具店 (0790-62-2334)

    中国・四国

    鳥取県 日野川(ひのがわ)

    ~大山を望む人気のアユ釣り場~

    山陰地方を代表するアユ釣り河川の1つが日野川。江府町内は発電所で水を取っているため水量は少ないが、その分入川しやすく、旧江府中学校前から江府IC出口までの間がおすすめ区間。下流の伯耆町地区も、各メーカーの大会が毎週のように開催されるので放流量が多く、さらに天然アユもソ上する。魚影は安定しており、伯耆町役場裏が主な釣り場になる。

       
    アクセス 米子鬼太郎空港からレンタカーを利用。米子道・江府ICなどから日野川へ
    シーズン 6~9月
    問合先 日野川水系漁協
    遊漁券購入・オトリ店 ひらい美容室 (0859-82-0649)
    プロスパーウダ (0859-72-1688)

    島根県 高津川(たかつがわ)

    ~日本一の鮎どころの碑が立つ川~

    無声映画の弁士・徳川夢声が「これはこれ日本一の鮎どころ」と称賛した高津川。上流は柿木村周辺から益田市の支流匹見川との合流点付近までの広範囲がアユ釣り場で、中でも道の駅「シルクウエイにちはら」の周辺は釣り人が多く、チャラ、ザラ瀬、荒瀬、岩盤の深トロと変化に富む。また匹見川もアユの魚影は濃く、里山に囲まれのんびり釣りができる。

       
    アクセス 萩・石見空港からレンタカーを利用。高津川上流方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 高津川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 宮島おとり (090-4898-3583)
    こちらもチェック! 『島根県・高津川』

    山口県 錦川(にしきがわ)

    ~錦帯橋を擁する風光明媚な川~

    山口県の東部を流れる錦川は、日本三名橋のひとつである岩国市の「錦帯橋」で知られる川。天然アユが釣れるのは岩国市から錦町までのエリアで、なかでも錦帯橋付近は数も多く釣れる可能性がある。また、大型のアユが釣れることでも知られ、お盆過ぎから9月下旬頃は、大もののひとつの目安である尺サイズ(およそ30cm)に届くアユもねらえる。

       
    アクセス 岩国錦帯橋空港からレンタカーを利用。錦川方面へ
    シーズン
    シーズン 6~9月
    問合先 玖北漁協(上流)
    錦川漁協(下流) (0827-41-1029)
    遊漁券購入・オトリ店 三谷オトリ店 (090-8360-9783)
    こちらもチェック! 『山口県・錦川』

    高知県 安田川(やすだがわ)

    ~南国の太陽と黒潮が育てる天然アユ~

    高知県東部に位置する安田川は、流程約30kmの小河川ながらそのほぼすべてに土佐湾から天然アユがソ上する。釣り場はすぐそこが海の河口周辺に始まり、上流の馬路村内にある相名の堰堤まで広範囲。例年、天然アユが多いのは安田町と馬路村の境界辺りまでで、河口から川と並行に県道が続いているので入川もしやすい。

       
    アクセス 高知龍馬空港からレンタカーを利用。R55で安田町方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 安田川漁協 (0887-38-6272)
    遊漁券購入・オトリ店 河田釣具店 (0887-38-6816)
    こちらもチェック! 『高知県・安田川』

    高知県 仁淀川(によどがわ)

    ~仁淀ブルーに浸れる清涼な本流~

    西日本の最高峰石鎚山を源流とし土佐湾に注ぐ仁淀川。青く輝く流れは〝仁淀ブルー〟と呼ばれ、釣れるアユの力強さとともに大きな魅力となっている。川を囲むように山々があり、また、川底の石に泥っぽさや砂っぽさがない。有名なポイントは柳瀬、黒瀬など。全体的にはフラットな川相のところが多いが、上流の三石付近などはダイナミックな流れを見せる。

       
    アクセス 高知龍馬空港からレンタカーを利用。高知道・伊野ICから仁淀川方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 仁淀川漁協
    遊漁券購入・オトリ店 フレッシュマートキシモト (088-850-5014)
    こちらもチェック! 『高知県・仁淀川の釣り旅』

    高知県 四万十川(しまんとがわ)

    ~全国屈指の心洗う清流~

    四国を代表する河川である四万十川。川は大きく蛇行するが、それによって今でも「ひとりひと瀬」の釣りができ、見渡す限り自分しかいないという、贅沢な釣りが堪能できる魅力がある。上流から下流まで釣り場は広範囲にわたるが、良型の天然アユをねらうなら中流部。四万十町の三島沈下橋下流、そして上流の藤の瀬、松の下と呼ばれる区間が有望だ。

       
    アクセス 高知龍馬空港からレンタカーを利用。高知道で四万十町方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 四万十川漁連 (0880-35-4813)
    遊漁券購入・オトリ店 小野川オトリ店 (080-2970-4873)
    こちらもチェック! 『高知県・四万十川』

    九州

    大分県 大野川(おおのがわ)

    ~本支流ともに期待できる天然ソ上~

    大野川は全長107㎞ある大分県随一の一級河川。源流から別府湾に注ぐ河口まで、川を完全にせき止めるダムがないため、毎年多数の天然ソ上があり、強いアタリと強烈な引きで友釣りファンを楽しませてくれる。川相もバラエティーに富んでおり、岩盤瀬、大トロ、玉石の瀬と多彩。なかでも大アユは本流にある舞田の瀬から下流の大南大橋までの実績が高い。

       
    アクセス 大分空港からレンタカーを利用。東九州道・大分米良ICから大野川へ
    シーズン 6~9月
    問合先 大野川漁協 (097-597-1091)
    遊漁券購入・オトリ店 釣具スーパーイヴ戸次店
    こちらもチェック! 『大分県・大野川』

    宮崎県 一ツ瀬川(ひとつせがわ)

    ~山里を流れるダム湖産アユの川~

    宮崎県の西米良村を流れる清流が一ツ瀬川。滞在施設も多くのんびりと釣りを楽しめる。おすすめのエリアは村の中心にある村所橋や双子キャンプ場の周辺。村所橋下は頭大ほどの石が敷き詰められた平瀬が広がり、下流ダムからのソ上アユもいて魚影が濃い。双子キャンプ場前は巨岩が連なり増水後にもアカが残りやすいため梅雨時期などは特におすすめだ。

       
    アクセス 鹿児島空港からレンタカーを利用。九州道・人吉球磨スマートICから西米良村方面へ
    シーズン 7~9月
    問合先 西米良漁協 (0983-36-1111)
    遊漁券購入・オトリ店 民宿あさぎり (0983-36-1862)

    宮崎県 五ヶ瀬川(ごかせがわ)

    ~魅力的な瀬が続く大アユ河川~

    五ヶ瀬川は宮崎県北部を東流し日向灘に注ぐ。天然ソ上も豊富で人気があり、主な釣り場は八戸ダムの前後になる。ダム上流にある「カンバの瀬」は、尺を超える巨アユが掛かる高実績釣り場として名高い。また、ダム下流もヒサゲの瀬、鶴の瀬、蔵田の一本瀬など人気ポイントが目白押しで、岩盤帯と大岩にナワバリを張ったアユはとてもパワフルだ。

       
    アクセス 宮崎ブーゲンビリア空港からレンタカーを利用。宮崎道と東九州道経由で延岡方面へ
    シーズン 6~9月
    問合先 五ヶ瀬川漁協 (0982-47-2240)
    遊漁券購入・オトリ店 プロショップタイトライン (0982-35-8455)
    こちらもチェック! 『宮崎県・五ヶ瀬川』

    熊本県 球磨川(くまがわ)

    ~尺アユがねらえる日本三大急流~

    熊本県南部の人吉盆地を流れる球磨川は、全国屈指の大アユ河川として知られている。アユ釣りのシーズンは毎年6月から年内まで。なかでも彼岸花が咲くお盆明けからは、続々と尺上のアユが出る。釣り場は上流が球磨川と支流の川辺川の合流付近で、そこから下流の旧荒瀬ダム付近まで。広いエリアに熊太郎の瀬、修理の瀬、槍倒しの瀬など、良い瀬が点在する。

       
    アクセス あそ熊本空港または鹿児島空港からレンタカーを利用。九州自動車道・人吉ICから球磨川へ
    シーズン 6~12月
    問合先 球磨川漁協
    遊漁券購入・オトリ店  くま川オトリ店 (090-4489-3668)
     丸山水産 (0966-24-8787)
     川口商店 (0966-32-0881)
    こちらもチェック! 『熊本県・球磨川/川辺川』
    • 掲載している情報は2020年6月現在のものです。
    • アユ釣りをする際は、管轄漁協の発行する遊漁券(日釣券や年券)が必要です。事前に購入のうえ釣りをしてください。
    • 解禁中も雨による増水などで釣りができない場合があります。事前に確認のうえお出かけください。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る