コンテンツへ

掲載日:2022.03.25

ラクに風を切って景色を満喫。eバイクレンタルで絶景巡りできる観光地

今、eバイクをレンタルして巡る旅が注目を集めています。eバイクとは、スポーツバイクの走行性能と電動自転車のアシスト機能を持った自転車です。そのため風を感じながら、その土地の景色やグルメを発見する旅のお供としては最適。今回は、そんなeバイクで巡るのにおすすめの観光地と、そのコースをご紹介します。

北海道 ニセコ・ひらふエリア

蝦夷富士の愛称で知られる羊蹄山

スキーリゾートで有名な北海道のニセコ・ひらふエリアは、雪のないシーズンは澄んだ空気と豊かな自然が楽しめる高原リゾート地です。倶知安の市街地やニセコ周辺にはカフェや温泉があり、羊蹄山やニセコ連山を登る途中には山から日本海が眼下に望めます。山を登り始めるまでの道のりにも、たくさんのグルメスポットや写真スポットが点在しているため、eバイクで巡るのにぴったりの観光地です。

アンヌプリ方面へ向かって走るeバイク

eバイクで巡るなら、羊蹄山一周コースとニセコ連山の主峰ニセコアンヌプリ一周コースがおすすめです。羊蹄山一周コースでは、真狩村やニセコ町、京極町のカフェ「The POW BAR café」「ニセコジェラート」や日帰り温泉「ニセコ駅前温泉綺羅乃湯」に立ち寄ってから羊蹄山を目指しましょう。

アンヌプリコースでは、倶知安市街地やひらふエリアにカフェが点在。ひらふエリアの「% ARABICA Niseko Hirafu 188」、俱知安市街の「ROCO SAND」「マウンテンキオスクコーヒー」などに立ち寄ってみましょう。

eサイクル レンタルスポット:ホワイトアイル

  • 受付場所:北海道虻田郡倶知安町南2条東1丁目1-1
  • 電話番号:0136-22-6699
  • 貸し出し期間:4月中旬〜10月中旬、9:00〜17:00
  • 料金:レンタル 2h 2,500円、4h 3,500円、1日4,500円/ツアー 半日6,500円、1日10,000円(すべて税込)
  • ウェブサイト:ホワイトアイル

長野・白樺湖エリア

白樺湖展望台

長野の白樺湖エリアは、標高1,450mの地点にある天空のレイクリゾート地。近くには、八ヶ岳中信高原国定公園の高原地帯を縫うように走るドライブルート「ビーナスライン」が走っています。ビーナスラインは視界を遮るものがなく、目の前に稜線が広がり、美しい緑の風景が続くコース。車では通り過ぎてしまうような景色もサイクリングならじっくり楽しむことができます。

湖畔のサイクリングロード

白樺湖エリアを最もコンパクトに楽しむなら、1周4kmの白樺湖畔のランニング&サイクリング専用コース「ぐるりん」がおすすめ。コース途中には、「八臣の雫」という地下200mから超軟水の冷たい天然水が湧き出るスポットがあります。少し足を延ばせるなら、白樺湖展望台まで行くのも良いでしょう。

時間がある人は、ぜひ霧ヶ峰展望台へ。霧ヶ峰展望台は、360°に広がる絶景パノラマビューが楽しめる展望台。富士山や八ヶ岳連峰、中央・北・南アルプスなど日本の百名山を見ることができます。早朝に行けば、雲海の絶景を拝めるチャンスもあります。

休憩&グルメスポットのおすすめは、ウッドデッキでコーヒーがいただける「ころぼっくるひゅって」と、自園の畑で育てた打ち立てそばが食べられる蕎麦「朝日ヶ丘」。おいしい空気とともに味わいましょう。

eサイクル レンタルスポット:八ヶ岳アドベンチャーツアーズ

  • 受付場所:長野県茅野市北山3419-75
  • 電話番号:0266-68-1007
  • 貸し出し期間:4月〜11月、10:00〜16:00
  • 料金:レンタル 2h 2,000円、4h 3,500円、1日5,000円/ツアー 2h 6,000円〜(すべて税込)
  • ウェブサイト:八ヶ岳アドベンチャーツアーズ

京都・丹後半島エリア

丹後の夏の海は、異次元の美しさ

京都府北部の日本海側にある丹後半島は、“海の京都“と呼ばれるエリア。天橋立や伊根の舟屋などの観光スポットが有名です。eバイクで丹後半島を走ると、宮津湾の海岸線を行くことになるため、”異次元の美しさ“と称される海の絶景を存分に堪能できます。また、伊根の舟屋群を訪れると、“海に一番近い暮らし”とされる独自の文化を感じることもできます。丹後半島は、峠を越えるたびに集落の景色や食文化、言葉が違ってくるのが特徴。eバイクなら、そうした多様な半島の表情を感じ取ることができるでしょう。

伊根の舟屋

初めて丹後半島をeバイクで巡るなら、天橋立から伊根の舟屋までの20kmのコースがおすすめです。宮津湾の海岸線は、走行時間も1時間ほど。名所を効率よく巡ることができます。

丹後半島の真骨頂を味わいたいという人は、丹後半島の一周90kmを走破する通称・タンイチに挑戦してみましょう。ハイライトとなるのは、カマヤ海岸の走行。断崖絶壁を持つ海岸線の道は、ジェットコースターのようにアップダウンがあり、爽快感は格別。サイクリストの聖地と呼ばれるのも納得の、挑み甲斐があるコースです。

蒲入水産 漁港めし2,200円(税込)

4月から10月にかけての立ち寄りグルメは、水産会社・蒲入水産による漁港めしがおすすめです。また、夏から秋にかけては、夕日ヶ浦一帯のフルーツ直売所でフルーツのスムージーが楽しめます。

eサイクル レンタルスポット:京都海道 海の京都e-Bike

  • 受付場所:天橋立駅前智恵くらべ、道の駅海の京都宮津、橋立ベイホテルなど
  • 電話番号:050-1743-3085(9:00〜18:00)
  • 貸し出し期間:通年、9:00〜17:00 最大1週間可能
  • 料金:レンタル 1日 3,500円〜、1週間12,500円/ツアー 2〜3h 5,000円〜(すべて税込)
  • ウェブサイト:京都海道 海の京都e-Bike

関連リンク

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る