竹田城 城下町 ホテルEN竹田城 城下町 ホテルEN

竹田城下町の新たなランドマーク竹田城下町の新たなランドマーク

城下町でもひときわ広大な敷地を活用した複合商業施設。
歴史、自然、暮らし、そして人がつながる旅へ。

人と人との縁を結ぶEN

竹田城跡のふもとにある竹田城 城下町 ホテルEN。元は約400年の歴史を持つ酒造場で、2度の火災に見舞われるも、明治35年頃に現在の建物が再建されました。それからさらに100年以上もの時を経てリノベート。外観や内装はできるだけそのままに生まれ変わることに。
竹田城跡を訪れた観光客が昔ながらの生活に触れられる宿泊棟、地産地消のフレンチレストランなどを設け、人と人との縁を結ぶ場所になってほしいという願いが込められています。

ご宿泊

悠久の時が流れる明治期の豪邸悠久の時が流れる明治期の豪邸

客室は全部で5つ。かつて貴賓の間であった部屋や、窓から竹田城跡が見える部屋、愛犬と過ごせる部屋など、すべて異なる空間が広がります。
浴衣に着替え大浴場に向かうと、そこはなんと本来蔵だった建物。竹田城跡と雲海をモチーフにした湯船でほっと一息つけば心身ともにゆっくりとほぐされていきます。

お食事

滋味豊かな食材の本格フレンチ

開放感あふれるレストランは元発酵蔵をリノベーションしたもの。料理に使われるのは但馬牛や香住蟹などを含む地元の新鮮食材。ワインはもちろん、地元の銘酒とも相性がぴったりで箸が進むこと間違いありません。また、一品一品が鮮やかに盛り付けられ目にもおいしい料理です。

散策

幻想的なその姿はまさに天空の城幻想的なその姿はまさに天空の城

ENから歩くこと約50分、目の前に現れるのは石積みの城郭の竹田城跡。室町時代に基礎が築かれ、約130年後、秀吉の手によって落城しました。城郭を整備したのは最後の城主である赤松広秀。石垣遺構としては全国屈指のもので「日本の名城100」にも選ばれるほどです。
竹田城といえば雲海に包まれた姿が有名ですが、四季折々で違う表情を見せてくれます。春に立雲峡から城跡を望めば満開の桜越しの城跡や城下町が、夏には抜けるような青空とのコントラストに目を奪われます。雲海を見るなら秋から冬にかけて。よく晴れた早朝に朝霧がかかり天空に浮かぶ城を見ることができます。

Access

〒669-5252 兵庫県朝来市和田山町竹田
和田山町竹田上町西側363番