ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

香港No.1のパワースポット・黄大仙祠で
2018年の運勢を占ってみよう!

2018.01.18ANAオリジナル

参拝のあとは四川料理の老舗でピリ辛ランチ

メニューの写真が貼ってあるので迷ったら指差しでの注文も可
メニューの写真が貼ってあるので迷ったら指差しでの注文も可

参拝と占いを済ませたら、そろそろお腹が空いてくるころ。黄大仙祠のそばで昼食を取るなら、5分ほど歩いたところにある四川料理の老舗「詠藜園四川菜館(ウィン ライ ユウ)」がおすすめです。担々麺など、日本人にも馴染みの深い定番料理はもちろん、伝統的な四川料理や創作料理が味わえます。

席に着くと、白湯とお湯に浸かったお皿とレンゲが出てくるのが、香港スタイル。日本ではお水といえばお冷ですが、香港人は体が冷えることを嫌うため、温かい白湯が基本。また温まったお皿とレンゲは自分で軽くゆすいで使います。

店長の楊さんにおすすめを聞き、選んだメニューは、唐辛子とニンニクの香ばしさが食欲をそそる鶏肉料理の「大千雞」。ホタテの旨味がアクセントになった「瑤柱金勾拌麺」。ぷるぷるとした半透明の皮に豚肉を載せた「白肉拉皮」。ぽりぽりとした食感がクセになる「乾扁四季豆」の4品。

辛くないメニューもあるので、辛いものが苦手な人も安心です
辛くないメニューもあるので、辛いものが苦手な人も安心です

いずれの料理もピリリとした辛さの奥に、しっかりとした旨味が感じられ、辛党にはたまらない味付けです。

詠藜園四川菜館
住所:黃大仙鳳德道15-17號地下
営業時間:11:00~23:00/無休

店主の優しさがにじみ出た絶品香港スイーツ

自分は笑顔が苦手だという陳さん。カメラを前に少し緊張気味
自分は笑顔が苦手だという陳さん。カメラを前に少し緊張気味

お腹を満たしたら、唐辛子で痺れた口を癒やしてくれるスイーツ店へ。詠藜園四川菜館から歩いて3分ほどのところにある香港デザートの穴場が「想甜嚐甜(Sweet Dreamer Dessert)」です。店主の陳さんは、「お客さんの笑顔が集まるスイーツ店をやりたい」と、脱サラをしてこのお店をオープンしたと言います。レシピはすべて独学でマスターし、試行錯誤して作り上げたメニューのほとんどには、手作りした食材が使われています。聞けば、毎日開店の3時間前から仕込んでいるとか。撮影中も仕込みに追われる姿に、スイーツ作りにかける思いが伝わってきます。

笑顔溢れる『レストラン』じゃあダメだったの?と少し意地悪な質問をすると、「レストランだと食欲を満たすことに集中しがちだけど、スイーツはもっと時間や味を楽しむ場所なんだよ」と、笑顔で答えてくれました。

スイーツのほかドリンクメニューも豊富に用意されています
スイーツのほかドリンクメニューも豊富に用意されています

里芋とサツマイモで作るもちもちとした芋圓と仙草ゼリーが上品に絡んだ「黒糖芋圓仙草」。甘酸っぱさとプチプチとして食感の水晶珠が印象的な「芒芋」。ドリアン初心者も食べやすい独創的な「榴蓮黒糯米椰汁」。マンゴーの甘酸っぱさが爽やかな「嚐甜楊露」など、いずれも優しい甘さが特徴で、陳さんの人柄を投影したようなメニューばかり。

想甜嚐甜
住所:黃大仙蒲崗村道73號富佑大廈地下
営業時間:13:00~0:15/不定休

福を呼び込む花文字を描いてもらおう

代々続く花文字師の家系に生まれ、6歳のころから描き始めたそう
代々続く花文字師の家系に生まれ、6歳のころから描き始めたそう

黄大仙をあとにし、最後に訪れたのは、九龍一の繁華街・尖沙咀です。ここに運気をアップさせてくれるスポットがもうひとつあります。それが花文字を描いてくれる「Lucky 7」です。花文字とは、文字を絵柄のように描く、絵画と書道をミックスさせたような中国発祥の伝統工芸です。風水で縁起の良いとされる絵柄を組み合わせて、名前や言葉を描くことで、福を呼び込みと言われています。

香港で花文字といえば香港島の最南部に位置する赤柱(スタンレー)というエリアが有名なのですが、Lucky 7のGunnyさんは同地の花文字師の家系に育ち、幼少のころから鍛錬を積んだ継承者として知られています。

木の角を器用に使いながら、あっという間に描き進めていきます
木の角を器用に使いながら、あっという間に描き進めていきます

木を削って作った専用の絵具を使い、下書きなしで器用に描いていきます。

「魚はお金持ちを表し、龍は権力、鶴は長生きを表します。30分もいただければ、その場で一気に書き上げますよ。名前や言葉は、漢字だけじゃなく、アルファベットでもOKです」とGunnyさん。

名前のほか縁起の良い言葉を描いてもらうこともできます
名前のほか縁起の良い言葉を描いてもらうこともできます

壁に無数に貼られた著名人のサインの中には世界的なセレブの名前も。Gunnyさんは日本語も話せるので、もし要望があれば、日本語で伝えることもできます。

Lucky 7
住所:九龍尖沙咀麼地道75号、南洋中心2階 UG48号
営業時間:12:00~19:00/無休
URL:http://www.luckysevenstore.com/

黄大仙祠は午前中にツアー客が集まり、ごった返している日もあるので、ゆっくり参拝したい人はお昼頃からが吉です。また香港には黄大仙以外にもパワースポットがあちこちにあります。日本からも4時間弱のフライトで、週末を利用して訪れることができる、距離の近さも魅力的。2018年の運気をアップさせるため、あなたも香港を訪れてみては?