酸素濃縮器(POC)をご利用のお客様

医療目的とした酸素濃縮器(POC)をご使用の場合、航空機の機内で使用できるものと使用できないものがあります。機内で使用される場合にはANA所定の診断書をご用意ください。

ご予約時

お客様ご自身の酸素濃縮器(POC)のご利用

以下のリストにある医療用酸素濃縮器(POC)は、機内にお持ち込み、お使いいただけます。

但し、機内のシート電源は、安定的な電源供給をお約束できるものでないことから、お客様の健康に影響が出る可能性がある医療機器は、ご利用いただけません。

酸素濃縮器(POC)用バッテリーは、飛行時間の150%を目安にお持ちいただくようお願いいたします。

ご注意

  1. 外部接続の外付けバッテリーをお持ちの場合(純正のバッテリーでないものは特に)、バッテリー自体が危険物の為、機内持込み可能な規格が国土交通省によって決められています。
    純正以外の外付けバッテリーをお持ちの場合は、バッテリーの製品安全データシート(SDS)をご用意いただくか、予めメーカー、型番等をお調べの上、ANAおからだの不自由な方の相談デスクにご相談ください。

    機内持込・お預け手荷物における危険物について詳しくは国土交通省のウェブサイトをご参照ください。

  2. 機内で酸素濃縮器(POC)のご使用を希望される場合は、事前に、ANAおからだの不自由な方の相談デスクまでご連絡をお願いします。

ANA機内で使用可能な酸素濃縮器(POC)

フクダ電子社製 AIR WALK AW-1

Precision Medical社製 EASY PULSE

SeQuel社製 ECLIPSE Oxygen System Model 1000

SeQuel社製 ECLIPSE2 Oxygen System Model 1000A

SeQuel社製 ECLIPSE3 Oxygen System

SeQuel社製 ECLIPSE5 Oxygen System

SeQuel社製 eQuinox(Model 4000)

フジ・レスピロニクス社製 Ever Go(Model 900)

Air Sep社製 Free Style

Air Sep社製 Free Style 5

Air Sep社製 Focus

Air Sep社製 Life Style

Devilbiss Health care社製 iGo

Inogen社製(Try-Med社製) Inogen One

Inogen社製 Inogen One G2

Inogen社製 Inogen One G3

Inogen社製 Inogen One G4

Inova Labs社製(IBC社製) Life Choice

Inova Labs社製 Life Choice Activox

Inova Labs社製 Life Choice Activox 4L

Inova Labs社製 Life Choice Activox PRO

Inova Labs社製 Life Choice Activox SPORT

OXYLIFE社製 OXYLIFE Independence

Oxytec Medical社製 OxyTec 900

SeQuel社製 Oxywell(Model 4000)

Delphi Medical System社製(Oxus社製) RS-00400

SeQuel社製 SAROS

Phillips Respironics社製 Simply Go

Phillips respironics社製 Simply Go mini

Invacare Corporation社製 Solo 2

VBOX社製 Trooper

Invacare Corporation社製 XPO 2

Invacare Corporation社製 XPO 100

Devilbiss Health care社製 306 DS

帝人ファーマ社製 ハイサンソポータブル α

チャートジャパン社製 ケアサンソ Focus

チャートジャパン社製 ケアサンソ FreeStyle

チャートジャパン社製 ケアサンソ FreeStyle 3

チャートジャパン社製 ケアサンソ FreeStyle 5

チャートジャパン社製 ケアサンソ Eclips

チャートジャパン社製 eQuinox(Model 4000)

チャートジャパン社製(大陽日酸社製) オキシウェル ポータブル

上記以外にも、以下の文言を含むFAA(米国運輸省航空局)の基準を満たしていることを示すラベル(赤字)があるものは、機内で使用可能です。
(但し、バッテリーの規格確認は、別途必要となります。)

"The manufacturer of this portable oxygen concentrator has determined this device conforms to all applicable FAA requirements for portable oxygen concentrator carriage and use on board aircraft."

また、機内でご使用の際は、機器を安全に運用していただく観点から、以下の項目を守って頂くことが条件となります。

  1. 禁煙もしくは10フィート(3m)以内は、火気厳禁
  2. 周辺にオイル、油脂物質、石油製品などがないように注意し、酸素濃縮器自体の作動が正常であること
  3. 当該機器は、前席足元下などに置くこと、また、機内では他のお客様の避難経路の妨げにならない座席に着席すること
  4. 非常口座席は着席不可
  5. 本人もしくは同行者が機器の操作や不具合などに詳しく、不具合時等も適切に対応できること
  6. 予備バッテリーは短絡(ショート)しないよう、絶縁措置(短絡防止措置)が施されていること
  7. 飛行時間に対して、少なくとも150%以上のフル充電されたバッテリーを持参すること
    (必要な数量のバッテリーの算出:お客様が飛行中に必要とされる酸素流量(ANA書式の診断書-Medical Information Sheetに表記されている)に応じて、担当医師とご相談の上、機種と必要なバッテリー数量を計算してください。)

ご注意

前席足元下に収納できない機器を持ち込まれる場合には、別途隣接座席を購入していただく必要があります。
また、掲載されている機種の中には、その形状、大きさから前席足元下には収納できない機種がありますので、ご注意ください。

必要書類について

ANA所定の診断書

コードシェア便について

ANA便名で提携航空会社が運航するコードシェア便については、運航会社の規定が適用されます。ANAグループとはお手伝い内容が異なる場合がありますので、下記をご参照の上、必要に応じ、詳しくは各運航会社にお問い合わせください。

座席の指定について

安全上の理由により、非常口座席にはお座りいただけません。

  • ※機材変更、その他やむを得ない理由により、予告なしに座席が変更になる場合がございます。
  • ※日本国内線ではWeb等で事前座席指定をご利用いただけない運賃が一部ございます。

ご搭乗時

出発当日はお早めに空港へお越しください。

空港でのお手続き時間の目安

事前にご申告いただいた場合でも、当日カウンターで目視確認をさせていただく場合があります。

事前改札サービス

「事前改札サービス」をご利用頂けます。
ご希望のお客様は搭乗口係員までお知らせください。機内準備が整い次第、初めにご案内いたします。なお、運航状況により実施できない場合がございます。

機内

酸素濃縮器(POC)の操作は医療行為にあたるため、客室乗務員がお手伝いをすることができません。ご本人様、もしくはお付添いの方に酸素濃縮器(POC)の操作を行っていただいております。

機内では前の座席の下に収納していただくため、前席足元下に収納可能である必要があります。また、十分な長さのあるチューブをご用意ください。
キャリー付きの場合は外していただくことがございます。

  • ※安全上の理由により、非常口座席にはお座りいただけません。
  • ※前席足元下に収納できない機器を持ち込まれる場合には、別途隣接座席を購入していただく必要があります。
  • 機内にあらかじめ搭載している酸素ボンベは緊急用であり、通常時はご使用いただけません。

ご到着時

降機に際しお手伝いを希望されたお客様は、係員がお手伝いに伺うまでお待ちください。到着ロビーやお出迎えの方まで、係員がご案内いたします。ご予約時もしくはANAおからだの不自由な方の相談デスクへ、事前にお申し付けください。