コンテンツへ

掲載日:2017.01.26

現役CAが選ぶ、バレンタインデーのとっておきチョコレート12選

もうすぐバレンタインデーですね。特別な人はもちろん、いつもお世話になっているあの人や仲よしのあの子へ、チョコレートとともに感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。 せっかく贈るのですから、誰からも「センスいいな~」と思われるチョコを選びたいもの。そこでチョコレート大好きというANAの現役CAに、とっておきのチョコレートを聞いてみました!
ANA CA's Note

話題のチョコから定番チョコまで勢揃い

テーブルにCAおすすめのチョコレートが並び華やか!

冷蔵庫にチョコレートは欠かせない!というCA6人には、事前のアンケートでおすすめのチョコレートをヒアリング。当日は厳選した12個のチョコレートを試食してもらいました。

旬の高級チョコから気軽に贈れる定番チョコまで、バランスのとれたラインナップに!CAたちもズラリと並んだチョコレートを見てテンション高めです。

にぎやかにチョコレートの試食。左から見崎CA、丁子CA、森下CA

予想と違った味のチョコレートには驚きの声、定番チョコには「やっぱりおいしい♪」という納得の声があがっていました。

味わうときは真剣そのもの!左から宮崎CA、深水CA、高橋CA

それでは、CAがおすすめする12のチョコレートを紹介します!

チョコレート・ジェムズ(5個)…5400円/ブルガリ イル・チョコラート

専属ショコラティエが一つひとつ手作りする宝石のようなチョコレート

言わずと知れたラグジュアリーブランド「BVLGARI」が手がける「ブルガリ イル・チョコラート」。ジュエリーのような繊細なコレクションは、チョコレートの中にイタリアの最高級食材を包み込み、唯一無二の世界観を醸し出しています。

おすすめしてくれた高橋CAは「専属ショコラティエが手作りするチョコレートは、上品さや高級感がありプレゼントにぴったり」とさすがのコメント。シャンパンにも合うそうです。

見崎CAは「口の中に入れた瞬間とろけて、少しずつ変化していく味が楽しめる!」と思わず笑顔。その場を幸福感に包み込むチョコレートでした。

惑星の輝き(8個)…3880円/ショコラブティック レクラ

地球はカカオ風味、水星はココナッツマンゴーなど多彩な味を楽しめる

太陽系8惑星をモチーフにしたボンボンショコラ「惑星ショコラ」は、大阪のリーガロイヤルホテルが手がける「ショコラブティック レクラ」のショコラコレクション。人気は8惑星すべてを味わえる惑星の輝きです。

「ブティックという名前どおり、店内には宝石のようなチョコレートが並んでいてテンションがあがります」と丁子CA。何度もリピートしているそうで「本当に食べていいのか躊躇してしまうほど美しく、特に地球は大陸や雲まで表現されているんです!」と熱く語ってくれました。

シャンパントリュフ(12個)…4104円/トイスチャー

ねっとり濃厚なシャンパンクリームは香りがよく上品な味わい

スイスの老舗チョコレート専門店「トイスチャー」の代名詞シャンパントリュフ。高級シャンパンで練り上げた華やかなシャンパンクリームをチョコレートで包み、とろけるような食感に仕上げました。

チューリッヒの工場で一粒ずつ丁寧に作られるシャンパントリュフは、毎週、日本に空輸されています。
パティシエの知人にすすめられたという見崎CAは「ほのかにシャンパンが香る贅沢なチョコレート」と高評価。深水CAは「白のシャンパンは甘味が広がり、黒のダークシャンパンは大人の味です」と、2種類の味を楽しめることに注目していました。

獺祭ショコラ…2484円/ショコラティエ パレ ド オール

獺祭がもつ芳醇な甘味とほのかな酸味、華やかな香りを楽しめる

世界にファンをもつ日本酒、獺祭のなかでも洗練された風味が魅力の「獺祭 磨き二割三分」を使ったチョコレート。2004年創業の「ショコラティエ パレ ド オール」が手がけるこだわりのチョコレートです。

パッケージには日本酒をイメージして稲穂をアレンジ

ビタータイプを試食した宮崎CAは「甘酒のようなお米の甘味を感じました。初めて食べた味です」と驚いた様子。ミルクタイプを選んだ森下CAは「日本酒の風味のなかに、アクセントとして塩味が効いていて新鮮」とのこと。
獺祭が大好きという高橋CAは「日本酒好きにはたまらない味!食感、風味ともに最高です」と絶賛でした。

カルネ・サンク・セゾン…5184円/ユーゴ&ヴィクトール

カラフルな色はすべて自然の植物やスパイスなどからとったもの

パリ発のショコラトリー「ユーゴ&ヴィクトール」。スフェール形(半球形)のかわいらしいショコラは、口の中にグレープフルーツやライムなど風味豊かなキャラメルペーストがあふれます。

本のようなパッケージ。開くと華やかなショコラの世界が

森下CAはパリステイのときに先輩から教えてもらい、パリ店にも足を運んだそう。
「ショーケースに並べられたショコラは宝石のようでした。中のペーストはフレッシュで、フルーツそのものの味を感じられます」
丁子CAは「さわやかで甘酸っぱいペーストがおいしい」と、素材のよさを感じさせるコメントをよせてくれました。

ガトー…668円~/ジャン=ポール・エヴァン

カカオの風味はもちろん、ガナッシュやジュレなどの食感も楽しみたい

もはやアートの域と評価されるショコラブランド「ジャン=ポール・エヴァン」から、カカオが香るケーキをチョイス。左からショコラムースが濃厚な「グアヤキル(686円)」、ピスタチオ入りのチョコ生地とビターガナッシュのサンド「ピラミッド(686円)」、ビターチョコと甘酸っぱいフランボワーズのバランスが秀逸な「ショコラ フランボワーズ(669円)」。ケーキは賞味期限が短いので、当日、フレッシュな状態でいただきましょう。

見崎CAは「ケーキを何種類か買って、いろいろな味を楽しむのがいい」と大人なコメント。
宮崎CAはショコラ フランボワーズを試食して「フランボワーズのジュレが上品な酸味を醸し、濃厚なチョコレートを引き立てていました」と笑顔で語ってくれました。

ライター:Shotaro Takai
Photo by Masashi Yoshikawa

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
ページの先頭に戻る