コンテンツへ

    掲載日:2015.10.22

    ブルーマウンテンズで体験する オージースタイルのワイルド&ラグジュアリーな休日

    都会的でスタイリッシュな雰囲気に包まれたシドニーから車を走らせること約3時間。そこにアボリジニの伝説に彩られた世界遺産、ブルーマウンテンズがあります。100万ヘクタールに及ぶ美しい原生林に砂岩の絶壁、渓谷、滝……。大自然に包まれたオーストラリアを体感する素晴らしい国立公園が広がっています。 そんなオーストラリアらしいダイナミックな景観のなかで、自然と親しみ野生動物と触れ合うアクティビティや、その地域ならではの美食を楽しみながら、ラグジュアリーかつロマンティックな時間を過ごせるホテルが、今、注目されています。
    ANAオリジナル

    アボリジニの聖地に隣接したラグジュアリー・ロッジ

    19世紀に建てられた農場を改装して造られたリゾート
    19世紀に建てられた農場を改装して造られたリゾート

    3つの奇岩が屹立するスリー・シスターズや、古代アートや儀式のあとが見られるなど、ダイナミックな自然景観とアボリジニの豊かな文化遺産が楽しめるブルーマウンテンズ。世界遺産にも登録されているこの地に隣接するのが、エミレーツ・ワン&オンリー・ウォルガンバレーです。私有する7000エーカーもの自然保護区の中に佇む優雅なリゾートホテルで、古き良き時代のオーストラリアの雰囲気を大切にしながらも、環境に配慮した最新施設を備えています。

    40室限定のラグジュアリーなヴィラ

    大自然のパノラマが目の前に広がる優美なヘリテージ・スイート
    大自然のパノラマが目の前に広がる優美なヘリテージ・スイート
    3ベッドルームから成るウォルガン・スイート
    3ベッドルームから成るウォルガン・スイート

    客室はすべてベッドルームとリビングルームが分かれたスイート仕様です。いちばん“スタンダード”なヘリテージ・スイートでも38m2というゆったりサイズ。全室に水温管理されたプライベートプールがあるのも特徴です。どの部屋も素晴らしい大自然を一望できるデザインになっており、まるで別荘にきたかのようなプライベート感とアットホームな雰囲気を味わえます。それもそのはず、客室はたったの40室。ゲストそれぞれにあわせた、行き届いたサービスが旅をさらに優雅なものにしてくれます。

    滞在を素晴らしいものにしてくれるオーストラリアの美食

    地元のものをふんだんに使った料理。選び抜かれたオーストラリアワインとともに
    地元のものをふんだんに使った料理。選び抜かれたオーストラリアワインとともに

    農場やワイナリーに恵まれたロケーションのエミレーツ・ワン&オンリー・ウォルガンバレーでは、地元の食材を利用した美食も楽しみのひとつです。オーガニック食材を積極的に使用した料理はどれもヘルシー。ホームメイドのパンや自家焙煎のコーヒーに至るまで、シェフの心配りが感じられます。
    そして、地元の食材にこだわるのはもうひとつ理由があります。それは運送による二酸化炭素の排出を削減するという目的のため。食事ひとつとっても環境に配慮し、高級リゾートホテルらしい意識の高さを感じます。

    地元のワインを美味なるチーズとともに
    地元のワインを美味なるチーズとともに

    ワインも楽しみのひとつです。オーストラリア産はもちろん世界各国のワインを150種以上用意していますが、やはりおすすめは地元のワイン。歴史あるハンター・バレーをはじめ、オレンジ、マッジーといった近隣のワインの産地から、極上のワインを仕入れています。同じく地元産のおいしいチーズとともに、ぜひオーストラリアの食の奥深さに触れてみてください。

    ここでしか体験できない大自然を満喫して

    子供から大人まで手軽に乗馬体験
    子供から大人まで手軽に乗馬体験
    かわいらしいオーストラリアの動物を間近に観察できる
    かわいらしいオーストラリアの動物を間近に観察できる

    7000エーカー(東京ドーム608個分!)という広大な自然保護区に囲まれたエミレーツ・ワン&オンリー・ウォルガンバレー。ホテルの周辺を散策するだけでも、カンガルーやウォンバットといったオーストラリアの固有動物に出会えます。珍しいところでは、アルビノ種の白いワラビーにも遭遇するとか。
    さらにブッシュウォーキングと呼ばれるトレッキングやマウンテンバイク、乗馬など、ダイナミックな自然を楽しむアクティビティも充実しています。豊富な知識を持ったガイドが常駐し、ブルーマウンテンへのガイドツアーやアボリジニの聖地を巡るツアーも開催し、宿泊客に人気があります。スケールの大きな大自然の中で、日本ではなかなかできない体験を満喫できるのが魅力です。

    都会的な雰囲気のシドニーから少し郊外に出るだけで楽しめる大自然に包まれた世界遺産、ブルーマウンテンズ。日帰りで訪れる人が多いようですが、ぜひ宿泊してそのスケールの大きさを体感してほしいものです。
    大自然に包まれたリゾートホテルで、ワイルドかつラグジュアリーな時間を満喫。遊びを知り尽くした大人にこそ体験してほしい、新しいオーストラリアの楽しみ方です。

    Emirates One&Only Wolgan Valley

    住所: 2600 Wolgan Road Wolgan Valley NSW 2790
    電話: +61-2-6350-1800
    URL: http://wolganvalley.oneandonlyresorts.com/
    客室数: 40室

    ライター:Hikaru Arasawa

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る