コンテンツへ

    掲載日:2018.10.18

    子連れ海外旅行の持ち物 あってよかった vs なくてよかったもの

    子連れで海外旅行に出る際に、まず気になるのが「何を持っていくか」ですよね。大人だけの旅支度とは異なり、子どものこととなるといろいろと心配したり、念のためにと備えたり、荷物はどんどん増えていきます。そこで、実際に子連れ旅の経験者のアドバイスをもとに、実際に持っていってよかったと思うもの、そして持っていかなくてよかったと感じたものを紹介していきます。
    ANAオリジナル

    子連れ旅行の持ち物選びのポイントは日常の延長

    子連れ旅行の持ち物選びのポイントは日常の延長

    あれもこれもと思って、気がつけばものすごい量になってしまう子どもの荷物。整理のポイントは、普段から使用している衣類やベビー&子ども用品、おもちゃ、食べ物などを基本に、旅先でだけ使用するアイテムや旅を親子で楽しむアイテムをプラスしていくことです。プラスαの持ち物は現地で手に入れるのも楽しいものなので、子連れ旅に向けて、何か特別に用意するものはそんなに多くないかもしれません。

    たとえば衣類は子どものお気に入りを中心に(旅先で捨ててもいいように着古した衣類でもいいかもしれません)、ビーチリゾートであれば水着や浮き輪などのビーチで必要になるアイテム、アジアンタウンであれば過ごしやすいおしゃれ着などをプラス。さらに機内や旅先で子どもが飽きてしまったときに与えられるような目新しいおもちゃなどを用意するといいでしょう。

    ただし、日常的に使用しているものこそ、家を出る直前まで使用していることが多く、置き忘れてしまう確率も高まります。最後にバッグに入れるものをリストアップしたり、同じものを旅行用に用意しておくなどの忘れ物防止策もお忘れなく。

    子連れ旅経験者が語る 海外旅行に持っていってよかったもの

    子連れ旅経験者が語る 海外旅行に持っていってよかったもの

    基本的な持ち物はある程度まとまったけれど、実際に旅行に出てから「あれ持ってくればよかった!」と後悔するのは嫌ですよね。そこで、旅行ガイドブックの「地球の歩き方」のムック『海外子連れ旅★パーフェクトガイド!2019』が、子連れ旅行経験者110名を対象にとったアンケート結果を参考に、実際に子連れ旅経験者が持っていってよかったと思ったグッズを紹介します。

    1. 消毒用アルコールジェル

    「外でごはんやおやつを食べるときに、さっと利用できて何かと便利でした(東京都/Yさん)」

    旅先ではすぐに手を洗えない場面も多いので、携帯用のアルコールジェルは重宝します。特に衛生面に不安の残る国では大活躍しますね。

    2. 風呂敷や大きめのストール

    「飛行機では寒さ対策、ビーチでは敷物、荷物を包んだりと大活躍。私は新婚旅行で買ったパレオを利用しています(東京都/Kさん)」

    大きめのストールは1枚バッグに忍ばせておくといいですね。アジア諸国などでは、ホテルやショッピングセンターの冷房がかなり強いこともあり、子どもにさっと羽織らせることもできます。外でも首に巻けばママの日焼け防止にもなりますよ。

    3. 携帯ウエットティッシュ

    「アルコール入り、ノンアルコールともに多めに持っていきました。惜しげなく使え、いろんな場面で大活躍!(神奈川県Oさん)」

    ベビーであれば普段使っているおしりふきでも代用できます。アルコール入りのウエットティッシュはアルコールジェルの代用にもなります。

    4. お気に入りのぬいぐるみ

    「いつも一緒に寝ているぬいぐるみ。異なる環境でも精神的な安堵感が保てます(東京都/Oさん)」

    精神的な安堵感というのは「なるほど」という感じです。親が思っている以上に、慣れない海外で子どもはストレスをためているかもしれません。寝るときだけでなく、街歩きにも一緒に連れていってあげたいですね。

    5. おやつ

    「海外での食事に渋ったときも、日本のお菓子があったので空腹をしのぐことができました。子どもは大人以上に味に敏感なので、食べ慣れた味を持っていくのは大切だと実感(神奈川県/Aさん)」

    おやつだけでなく、インスタント食品も持っていってよかったという声がかなり多かったようです。インスタント食品については別の項目で紹介しましょう。

    6. 水筒

    「暑い国へ行ったとき、冷たい飲み物があると熱中症の予防になるし、涼しくなるので重宝しました(東京都/Mさん)」

    現地でペットボトルの水を購入してもいいのですが、気温差で水滴が荷物や衣類について濡れてしまうのが嫌ですよね。少し重いですが、やっぱり水筒は必携です。

    7. イオン飲料(粉末タイプ)

    「海やプールで遊んでいるとのどの渇きに気がつかなくてうっかり熱中症になっていることもあるそう。水筒に入れて持ち歩いていました(千葉県/Gさん)」

    ポカリスエットなどのイオン飲料は、粉末タイプもあり旅行の携帯に便利です。熱射病予防だけでなく、発熱や嘔吐、下痢などのときの水分補給にも役立つそうです。

    8. 子ども用のカトラリー

    「現地ではないお店も多く、あっても大きすぎたり使いづらかったりするので普段使い慣れているものを持っていってよかった。テイクアウトしてホテルで何か食べるときにも重宝します(千葉県/Eさん)」

    これは私自身も子連れ海外旅行の際に、意外に思った点でもあります。よほど子ども向けのレストランでない限り、子ども向けの小さなカトラリー(スプーンやフォーク)の用意がありません。お願いするとティースプーンやデザートフォークを持ってきてくれることもありますが、これは柄が細すぎで小さな子どもには使いづらそう。お弁当用などのケース入りのものを持っていくといいですよ。

    9. 色鉛筆・クレヨン

    「レストランで料理が来るまでの時間や、ホテルで退屈したときに色鉛筆を取り出し、お絵かきタイム。紙は持っていくこともありますが、その辺にあるもので大丈夫だったりします(大阪府/Yさん)」

    子どもによるかもしれませんが、下手にいろんなおもちゃを持っていくよりも、色鉛筆やクレヨンを持っていったほうが何かと重宝します。ジッパー付きビニール袋に36色色鉛筆を移し替えて持っていく人もいるそうです。

    ほかにも100円均一で購入したシリコン製の折りたためるカップを持っていくという人もいました。ホテルの洗面所には大きなガラス製のコップしかないことが多く、子どもの歯磨き用に便利だとか。100円均一では、ほかにジッパー付きビニール袋やハンガー&ロープといった子連れ旅行の必携アイテムがリーズナブルに揃います。

    ほとんどの人が持っていく!インスタント食品

    ほとんどの人が持っていく!インスタント食品

    大人にとって、旅先のローカルフードは楽しみのひとつですよね。でも子どもがまったく受け付けてくれないことも多々あります。特に小さな子どもほどその傾向は強いようです。

    そんなときやっぱり頼りになるのが日本のインスタント食品。ハワイやアジアなどでは、白米は手に入ることが多いので、ふりかけさえ持っていけば食べてくれるという声も多かったです。
    ほかにも小さなインスタントラーメンや、味噌汁や雑炊などのフリーズドライ食品、お茶漬けなどが定番です。

    ただし、インスタント食品を持っていく際に注意したいのは、各国の検疫です。生の野菜や果物、乳製品、肉や魚類は持ち込み禁止の国が多く、加工品でも原材料にたまごや肉を使っているだけで持ち込みNGの国もあります。宗教上の理由から、豚肉やポークエキスの入った加工品を持ち込み禁止にしている国もあります。インスタント食品を持っていこうと計画している人は、必ず渡航先の情報をチェックしてくださいね。

    子連れ経験者が語る 海外旅行に持っていかなくてよかったもの

    子連れ旅行の持ち物選びのポイントは日常の延長

    念のために…と持っていっても、結局使わなかったものもたくさんあります。子連れ海外旅行を重ねるうちに、経験者が口を揃えて「持っていかなくてよかった」と言うものもあるようです。再び、『海外子連れ旅★パーフェクトガイド!2019』の子連れ旅行経験者の声を参考に、私自身の経験を加味して紹介します。

    トップ3はこちらです。

    1. 必要以上のおむつ
    2. 必要以上の服
    3. 必要以上の絵本やおもちゃ

    どれも、足りなかったら大変!という親心からくるものですよね(泣けてきます)。ポイントは「必要以上」という点と、どれもかさばるという点です。

    おむつは、海外では日本のように少量パックの販売がほとんどないので、足りずに現地で購入すると無駄になってしまい、大量に持ち帰る羽目に。加えて渡航先によって紙おむつが高額だったり、サイズ表記が日本と異なっていたり、素材自体が子どもにあわないこともあるので、心配になってついつい多めに持っていきがち。
    対策としては1日の使用量を出して計画的に数量をコントロールするしかありません。万が一に備えては1週間程度の旅行であればプラス5~10枚程度で済むと思います。
    それでも足りなかったら、現地で購入することになりますが、残ってしまったおむつは、たとえば子どものいるホテルスタッフにプレゼントすれば「もったいない」という気持ちも少しは解消されます。少量であれば、ホテルで相談してみるのも手です。

    衣類については、食べこぼしなどが多い幼児さんママは、特に余分に用意してしまいがち。結局1度も袖を通さないまま帰ってくることも少なくありません。
    旅慣れたママからよく聞くのは、まずはスケジュールにあわせて、事前に日数分+予備分1~2日分の服のコーディネートをジッパー付きビニール袋にセットしていくという方法です。圧縮袋のように小さくコンパクトになるのもポイント。
    それでも足りなかったら現地でも安くてかわいい服が購入できますし、コインランドリーはなくても、ランドリーサービスがあるホテルは多いので、これを利用するのも手。衣類は少なめを意識して準備しましょう。

    最後に絵本やおもちゃですが、これは最低限で構いません。おもちゃがなくても、子どもたちは毎日が新しい発見と経験の連続で楽しく過ごしてくれるはず。それに現地で安くてかわいらしくて、そして目新しいおもちゃや絵本がたくさん手に入ります。

    あとは、「足りなかったら現地で調達!」という気持ちで、足し算よりも引き算する気持ちで準備するほうが、心配性なママにはちょうどいいと思います。

    ベビーカーは持っていく? 持っていかない?

    ベビーカーは持っていく? 持っていかない?

    最後になりましたが、初めての子連れ海外旅行で、ママ&パパが最初に持っていくか悩むのがベビーカーかもしれません。

    結果からいうと、ベビーカーは持っていく派が大多数です。特にお昼寝をする年齢の子ども連れなら必携といっていいでしょう。子どもが歩くときは荷物を置けますし、大人も子どももストレスなく街歩きを楽しめます。
    なかには段差や階段が多く、また道がでこぼこしていてベビーカーでの移動がかなり負担になる国もあるようです。そんなときは軽量でコンパクトな折りたためるタイプのものがおすすめです。まだ抱っこで対応できる年齢であれば、割り切って持っていかずに抱っこ紐だけというのもありです。

    ストレスフリーで楽しい子連れ海外旅行を!

    ストレスフリーで楽しい子連れ海外旅行を!

    さあ、準備はできましたか? せっかくの子連れ海外旅行なのですから、現地に到着したら旅を思いっきり楽しみましょう。旅先にも子どもはいます。何かあったら勇気を出して現地のママ&パパをつかまえて相談したり、情報提供をしてもらいましょう。子連れ旅行ならではの現地の人とのコミュニケーションを楽しんでください。
    そしてもし、あれを持ってくればよかった…というものがあったら、次の家族旅行に忘れないように、メモしておくといいですよ。

    • 記載の内容は2018年10月現在のもので、変更となることがあります。
    海外子連れ旅★パーフェクトガイド! 2019
    【情報提供・参考資料】 地球の歩き方MOOKハンディ 『海外子連れ旅★パーフェクトガイド! 2019』

    海外子連れ旅★パーフェクトガイド! 2019
    家族で行く海外旅行の楽しさを伝えつつ、準備や安全などの不安を払拭するノウハウを徹底紹介。また年齢やテーマに合ったおすすめの旅先を数多く提案。経験者はもちろん、不安で一歩が踏み出せなかった家族にも旅のきっかけを提供する1冊。
    地球の歩き方:https://www.arukikata.co.jp

    ライター:Hikaru Arasawa(Atoll Inc.)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る