コンテンツへ

    掲載日:2019.08.29

    芸術の都・パリ。何度も訪れたい、王道の観光モデルコース

    芸術の都、パリ。今回はエッフェル塔、凱旋門、ルーヴル美術館など、フランスのシンボルともいえる歴史的なモニュメントをめぐりながら、話題のスイーツやカフェ、パリらしいお土産などをご紹介します。また、今年で350周年を迎えるパリ・オペラ座を記念して、オペラ・ガルニエの内部をご案内しながら、フランスの歴史や芸術に思いを馳せる旅をご提案します。

    老舗のサロン・ド・テで、優雅な朝食を

    1日の始まりはおいしいパンから。パリにはいたるところにカフェやサロン・ド・テがあります。おしゃれなサロン・ド・テでパリジャン気分を味わいながら、朝食をとってはいかがでしょう。おすすめは、エッフェル塔が美しく見えるトロカデロ広場にある「カレット(Carette)」。

    サロン・ド・テとは、パティスリーや紅茶を揃える喫茶店のこと。1927年から続く老舗のサロン・ド・テ「カレット」では、ミルフィーユ、エクレア、タルトなどおいしいケーキのほか、クロワッサン、パン・オ・ショコラ(クロワッサンの生地にチョコレートをはさんだもの)、パン・オ・レザン(レーズンとクリームをはさみ込んだパン菓子)、ショッソン・オ・ポム(パイ生地にりんごのコンポートをつめたアップルパイのようなもの)など、菓子パンも豊富です。平日は朝7時からオープンしており、仕事前に立ち寄る地元パリジャンの姿も見られます。

    フランス人の朝食の定番、生地にバターを挟み込んだサクサクとした食感のクロワッサンやパン・オ・ショコラ
    フランス人の朝食の定番、生地にバターを挟み込んだサクサクとした食感のクロワッサンやパン・オ・ショコラ

    ちなみに、カフェオレは、フランス語で「カフェ・クレーム(Café Crème)」。この店では、コーヒーとミルクが別々に提供され、自分の好きな量だけミルクを注ぐことができます。注文時に「カフェ・クレーム、シルヴプレ」のように、最後に「お願いします」という意味の「シルヴプレ」を付けると、ていねいな印象になります。

    カレット Carette

    住所:4 Place du Trocadéro et du 11 Novembre, 75116
    TEL:(33)1-47-27-98-85
    営業時間:7:00~23:30(土日7:30~)/無休
    アクセス:メトロ6・9号線「Trocadéro」駅

    エッフェル塔を望む絶景ポイントへ

    ゆっくりパリジャン気分を味わった後は、トロカデロ広場をぐるりと回り、エッフェル塔が真正面に見える絶景ポイントに向かいましょう。

    シャイヨー国立劇場と国立海洋博物館の間にある広場は、エッフェル塔が一望できる記念写真スポット © Paris Tourist Office - Photographe : © Sarah Sergent
    シャイヨー国立劇場と国立海洋博物館の間にある広場は、エッフェル塔が一望できる記念写真スポット
    © Paris Tourist Office - Photographe : © Sarah Sergent

    エッフェル塔は1889年のパリ万国博覧会に合わせて、技師ギュスターヴ・エッフェル氏により建造されたモニュメント。白い石の建物の街並みに、突如現れた324mの鉄製の塔は、当時、景観を損ねると嫌う人もいたそうです。作家のモーパッサンが「エッフェル塔を眺めずに済むから」という理由で、塔内のレストランで食事をとった話はよく知られています。

    広場から階段を降り、セーヌ川を渡れば、約10分でエッフェル塔の麓まで歩くことができます。一見、シンプルに見える塔ですが、間近で見るとレースのように繊細な装飾が施され、「鉄の貴婦人」という別名で愛されていることに納得します。

    2019年で130周年を迎えたエッフェル塔。時代を超えて愛されるエレガントなデザイン
    2019年で130周年を迎えたエッフェル塔。時代を超えて愛されるエレガントなデザイン

    日没後はライトアップされ、パリの夜空に美しく浮かび上がります。さらに、日没後の毎日0分から5分間にわたり、「シャンパン・フラッシュ」と呼ばれるキラキラと煌めくイルミネーションの演出もあるので、お見逃しなく。(イルミネーションは日没後~深夜1時まで)

    エッフェル塔 La Tour Eiffel

    住所:Champs de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris
    営業時間:9:30~23:45(6~8月は9:00~翌0:45)/無休
    アクセス:メトロ6号線「Bir-Hakeim」駅
    URL:https://www.toureiffel.paris/jp

    圧巻の歴史的モニュメント「凱旋門」

    © Paris Tourist Office - Photographe : Amélie Dupont
    © Paris Tourist Office - Photographe : Amélie Dupont

    次はシャンゼリゼ大通りの西端にある凱旋門へ。1806年ナポレオン・ボナパルトの命令によって建設が始まったものの、完成したのは彼の死後の1836年でした。高さ約50mを誇る歴史的なモニュメントは荘厳にして圧巻。ナポレオンの偉業をテーマにした彫刻も必見です。約300段の螺旋階段を上って屋上に出ると、パリの美しい街並みを360度見渡すことができます。コンコルド広場まで続くシャンゼリゼ大通りは約2km 。広場から放射状に伸びる12本の大通りが星のように見えることから、かつてこの広場は「星の広場(エトワール広場)」と呼ばれていました。

    シャンゼリゼ大通りから望む凱旋門
    シャンゼリゼ大通りから望む凱旋門
    凱旋門 Arc de Triomphe

    住所:Place Charles de Gaulle Etoile 75008 Paris
    TEL:(33)1-55-37-73-77
    営業時間:10:00~23:00(10~3月は~22:30)/12月15日、1月1日、一部祝日休
    アクセス:メトロ1・2・6号線「Charles de Gaulle Etoile」駅

    シャンゼリゼ大通りでお買い物

    シャンゼリゼ大通りには、フランスの老舗ブランドをはじめ、ファッショナブルなブティックやカフェが並び、ウィンドウショッピングを楽しむことができます。なかでも注目は、2017年末にオープンした「キャトルヴァン・シス・シャン(86 Champs)」。

    マカロンで有名なパティスリー「ピエール・エルメ(Pierre Hermé)」と南仏生まれの化粧品ブランド「ロクシタン(L’Occitane)」がコラボしたブティックで、この店でしか販売しないフレーバーのマカロンや限定コスメが手に入ります。化粧品はテスターが豊富で、ゆっくり買い物を楽しめます。店内奥には、サロン・ド・テのスペースもあり、パティスリーをいただくこともできます。

    「ピエール・エルメ」のマカロンは、常時20種類以上揃えていますが、ぜひ試していただきたいのはブティック限定のフレーバー。お土産にいかがでしょう。

    シャンゼリゼ大通りから望む凱旋門
    3種類の限定フレーバーのマカロン。
    写真は上からローズ・サフラン、左はカシス・ルバーブ、右はフルール&パッション(フレーバーは季節により変わります)

    また、コラボしたマカロンと同じフレーバーのハンドクリームも人気アイテムです。

    キャトルヴァン・シス・シャン 86 Champs

    住所:86 Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris
    TEL:(33)1-70-38-77-38
    営業時間:9:00~23:30(金・土曜は~24:30)/無休
    アクセス:メトロ1号線「GeorgeV」駅

    「ギャラリー・ラファイエット」で流行をチェック

    © Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti
    © Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti
    © Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti
    © Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti

    2019年3月には、老舗デパートの「ギャラリー・ラファイエット」がシャンゼリゼ大通りに、ファッションとビューティを中心としたコンセプトストアをオープンしました。有名ブランド、新進デザイナーを含め650ブランドが揃い、最新の流行をキャッチすることができます。

    ギャラリー・ラファイエット シャンゼリゼ Galeries Lafyette Champs-Elysées

    住所:60 Avenue des Champs-Élysées 75008 Paris
    TEL:(33)1-83-65-61-00
    営業時間:10:30~23:00(日・月曜は~22:00)/無休
    アクセス:メトロ1・9号線「Franklin D. Roosevelt」駅

    ライター:Motoko TANI
    Photo by Motoko TANI

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る