コンテンツへ

    掲載日:2020.02.27

    2時間半で行けるヨーロッパ!ウラジオストクで週末フォトジェニック旅

    【2-3日目】ロシア風クレープの朝食を

    朝から観光客で賑わうウフティ・ブリン
    朝から観光客で賑わうウフティ・ブリン

    週末にあたる2-3日目の楽しみ方をご紹介していきましょう。まず朝は、ウラジオストク中心街に面したスポーツ湾沿いの海辺通りを散策するのがおすすめ。レトロな遊園地などがあり、心が和みます。今回は、ここから徒歩で噴水通りに向かい、ロシア風クレープ「プリヌイ」の専門店「ウフティ・ブリン」で朝食をいただきました。

    プリヌイは、スイーツにも食事にもなるクレープ風の食べ物で、ハチミツやジャムを包んだり、サーモンやイクラと一緒に食べたり…とスタイルは自由自在です。今回は、「鮭とクリームチーズのプリヌイ」をオーダー。朝食タイムだったので、カフェラテと一緒にいただきました。こちらのお店は観光客に大人気で、英語・日本語メニューも用意されています。

    鮭とクリームチーズのプリヌイ 230ルーブル(約390円)
    鮭とクリームチーズのプリヌイ 230ルーブル(約390円)
    ウフティ・ブリン Uh Ty Blin

    営業時間:10:00~21:00/無休
    Instagram:@uhtiblin_vl

    【2-3日目】博物館から名物ペリメニのランチ

    博物館に展示されていた19世紀頃のレンガ。移住してきた日本人の名前が彫られているものも
    博物館に展示されていた19世紀頃のレンガ。移住してきた日本人の名前が彫られているものも

    街散策をするなら、ウラジオストクのあるロシア沿海地方の歴史がわかる「アルセーニエフ記念国立沿海地方博物館」は外せません。噴水通りからすぐの位置にあります。こちらは、ロシア極東の探検家として知られていたウラジーミル・アルセーニエフの名を冠した博物館で、石器時代から中世、現代までの歴史的資料が展示されています。日本の縄文時代と同じような出土品があったり、日本人移住者や日露戦争の資料があったりと見どころ満載です。入場料は、400ルーブル(約680円)。

    アルセーニエフ記念国立沿海地方博物館

    営業時間:10:00~19:00/無休

    ローシキ・プローシキのペリメニ 290ルーブル(約500円)
    ローシキ・プローシキのペリメニ 290ルーブル(約500円)

    ランチの定番は、ロシアB級グルメの代名詞「ペリメニ」。噴水通り周辺には、ペリメニを出すレストランがたくさんあります。ペリメニは、言わばロシア風の水餃子。ペリメニ専門店のひとつ「ローシキ・プローシキ」では、牛肉、鶏肉、羊肉などはもちろん、チーズ入り、キノコ入りなど、バリエーション豊かなペリメニを食べることができます。メニューには、ビールやワインもあり、具材に合わせて注文することが可能。ポップなインテリアを楽しみながら、カラフルな食事を堪能できます。

    ローシキ・プローシキ

    営業時間:8:00~24:00(土・日曜 9:00~24:00)
    URL:http://lozhkiploshki.ru/

    【2-3日目】スーパーでB級土産ショッピング

    スーパーで買ったバラマキ土産の数々。どれもパッケージが独特
    スーパーで買ったバラマキ土産の数々。どれもパッケージが独特

    ウラジオストクには、24時間営業のスーパーがあちこちにあり、お土産探しにもってこいです。定番のチョコレートやスナック菓子、缶詰など、バラマキ土産にちょうどいい商品が探せます。ロシア独特のパッケージは、ハワイやソウルのトレンド土産とは違った魅力があり、変化球を好むお友達に喜ばれそうです。

    特に缶詰のパッケージが秀逸
    特に缶詰のパッケージが秀逸
    ロシア産のビールも探せる。味も本格的
    ロシア産のビールも探せる。味も本格的

    噴水通り周辺には、24時間営業のコンビニ的なスーパーがいくつかあり、お土産探しをするには便利です。食材だけでなく、ビールや化粧品、雑貨、マトリョーシカなども売っています。

    もちろん定番のマトリョーシカも。値段は400ルーブル程度(約700円)~
    もちろん定番のマトリョーシカも。値段は400ルーブル程度(約700円)~

    【2-3日目】ジョージア料理レストランでディナー

    ジョージア料理レストラン、スプラ
    ジョージア料理レストラン、スプラ

    お待ちかねのディナーは、趣向を変えて東欧ジョージア(グルジア)料理のレストランを訪れました。ウラジオストクには、なぜかジョージア料理専門店がたくさんあります。なかでもダントツで人気なのが、噴水通りのスポーツ湾側に位置する「スプラ」。平日でも予約必須の繁盛店で、料理に合わせてジョージア産ワインも楽しむことができます。

    中央アジア風の水餃子ヒンカリ。具のバリエーションが豊富
    中央アジア風の水餃子ヒンカリ。具のバリエーションが豊富

    看板メニューは、巨大水餃子「ヒンカリ」。牛肉、ラム肉、ホタテなど具材はさまざまで1個80~140ルーブル(約130~240円)。グラスワインも1杯500円程度なので、日本よりリーズナブルに本場の東欧料理を楽しむことができます。夜10時を過ぎると、店内は地元の若者でいっぱいになり賑やかな雰囲気に。ファッショナブルなロシアの若者たちを見ているだけでも楽しめます。

    スプラ Supra

    営業時間:12:00~24:00/無休
    Instagram:@supra.ge

    【2-3日目】トレンドスポット・グム百貨店の裏路地へ

    ディナーを済ませたら、噴水通りから徒歩でグム百貨店に向かいましょう。アールヌーヴォー様式の瀟洒(しょうしゃ)な外観が特徴のグム百貨店は、19世紀末に建てられたウラジオストクを代表するデパート。2017年のリニューアルに合わせて、百貨店周辺の石畳の路地におしゃれなワインバーやレストランなどが続々オープンし、話題を集めています。夜になっても比較的治安はいいので、ふらりと散策しながら、お気に入りのお店を探してみるといいでしょう。

    グム百貨店裏の路地におしゃれなお店が集まる
    グム百貨店裏の路地におしゃれなお店が集まる

    【2-3日目】ルースキー島の巨大水族館へ

    ルースキー島のプリモルスキー水族館
    ルースキー島のプリモルスキー水族館

    市街散策を満喫したら中心エリアを離れて少し遠出してみましょう。ウラジオストクに隣接するルースキー島には、2017年にオープンしたばかりの巨大アクアリウム「プリモルスキー水族館」があり、半日程度過ごすのにおすすめ。極東ロシアのアムール河、バイカル湖、日本海に生息する多様な水中生物の展示を楽しむことができます。ウラジオストク中心街からタクシーで30分ほど。料金は620ルーブル(約1,050円)でした。

    エントランス脇にある脱力系の巨大イカオブジェ
    エントランス脇にある脱力系の巨大イカオブジェ

    到着すると出迎えてくれるのが、巨大なイカのオブジェ。日本の雑誌にも取り上げられ、「インスタ映え」と話題のようですが、実物はなんともシュールです。館内に入るとロシア沿海地方の海水魚、淡水魚が見やすく展示されています。1日に何度かイルカのショーもあります。1回30分ほどで、イルカの宙返りなど迫力のエンタテインメントを楽しめます。時間が合えば観てみるといいでしょう。

    迫力のある展示が楽しめる
    迫力のある展示が楽しめる
    イルカショーもぜひ堪能したい
    イルカショーもぜひ堪能したい
    プリモルスキー水族館

    営業時間:10:00~20:00(最終入館 18:30)/月曜休
    入館料:大人 1,000ルーブル、子ども 500ルーブル(イルカショー付き +200ルーブル)
    URL:http://primocean.ru/en/index.html

    プリモルスキー水族館から市街地に戻る際に立ち寄りたいのが、ウラジオストク随一のビューポイント鷹の巣展望台です。ちょうど夕方に通りかかれば、街全体が夕暮れ色に染まる絶景を見ることができます。標高200mほどの丘の上にある鷹の巣展望台は、ロシア各地から新婚カップルが訪れ、記念撮影をする名所なのだとか。

    鷹の巣展望台から見たウラジオストクの夜景
    鷹の巣展望台から見たウラジオストクの夜景
    Photo by Takad5 / PIXTA(ピクスタ)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る