コンテンツへ

自宅でアロハ〜♪な気分になれるおこもりハワイ

【料理編】 朝から食べれば気分はハワイ! アサイボウルをつくる

自分好みの食材を揃えてつくれるのが醍醐味だ

食事で気軽にハワイな気分に浸りたいなら、ハワイアンスイーツの定番アサイボウルをつくってみてはいかがでしょうか。用意するものは、アサイペーストとお好みのフルーツ、グラノーラだけ。甘さを出したいときはハニーもあるといいでしょう。アサイペーストはお店で見つけるのは難しいですが、インターネットやアサイ専門サイトなどで簡単に購入することができます。今回用意した食材は以下の通りです

バナナ…2本
イチゴ…お好み
アサイペースト…200g
グラノーラ…大さじ4杯
牛乳…100ml
ハニー…適量

上記はお好みで材料や量を変更しても問題ありません。

【1】まずはアサイペーストを溶かしてイン!

溶けにくい場合は袋ごとお湯でさっと温めて

料理を始める前に、凍っているアサイペーストは袋から出して15分ほどおき、指でほぐせるくらいまで溶かしておきましょう。ミキサーやジューサーによっては、凍ったままだとブレンドできない場合があるので、細かく砕いて入れるのがポイント。ほかのフルーツも同様です。

【2】お好みでバナナなどフルーツも入れる

一緒に入れるフルーツは混ざりやすいように小さくカットして

バナナを1cm台にカットし、ミキサーに入れます。今回使用したアサイペーストは無糖のものなので、バナナと一緒にブレンドするとやさしい甘さがプラスされ食べやすくなります。よりアサイ本来の味わいを楽しみたいという方はこの工程を飛ばして【3】に進んでOKです。

【3】牛乳を入れてミックス!

アサイスムージーをつくりたいなら牛乳は多めに

最後に牛乳を100ml入れて混ぜ合わせます。とろみがつくくらいまでしっかり混ぜたいなら10秒ほど、軽くフルーツの食感などを残したい場合は5秒ほど混ぜ合わせましょう。ここまで来たら8割完成です。

【4】各種トッピング

グラノーラは栄養価が高くとってもヘルシー

あとはグラノーラ、フルーツ、ハニーの順で盛り付けていくだけ。グラノーラをしっかり敷きつめると、フルーツがトッピングしやすくなります。グラノーラはコーンフレークでも代用可能です。

ハニーはさっと1周まわすくらいで

仕上げにハニーをかけていきます。甘さ控えめがお好みなら、ハニーなしでも問題ありません。また、変化がほしいときはハニーではなくリリコイ(パッションフルーツ)やグアバなど、フルーツシロップをかけてもいいでしょう。

【5】完成!いただきます

キレイに盛りつければSNS映えもバッチリ

グラノーラのザクザク感とアサイが絡んだフルーツの相性が抜群で、ハニーもいいアクセントになっています。今回は基本のつくり方をご紹介しましたが、アレンジはいくらでも可能なので、ぜひ自分だけのオリジナルアサイボウルづくりに挑戦してみてくださいね。

自宅にいながらにしてハワイを感じる方法はたくさんあります。そこを日本と思うかハワイと思うかは自分次第。ハワイへの思いを馳せて、さまざまなコンテンツを楽しめば、次回ハワイを訪れるときにいっそう楽しめること間違いなしです。ちなみに、Googleストリートビューで、ハワイの街を散策するのもおすすめ。一部のエリアのみですが、なんと海の中まで入ることができるので試してみてくださいね。

  • 記載の内容は2020年5月現在のもので、変更となることがあります。
  • 映画・ドラマに登場した実際の場所は、臨時休業・閉鎖中の場合があります(2020年5月現在)。

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る