コンテンツへ

掲載日:2020.10.22

マイクロツーリズムで再発見!東京ウエスト・サイド・ストーリー

「マイクロツーリズム」という言葉を聞いたことはありますか? 家からサクッと移動し、気軽にリフレッシュを楽しめる小さな旅。身近な土地の新しい施設や隠れた自然、伝統的なご当地グルメに改めて目を向ける地域再発見の旅。そんな新しい旅のあり方を体験するなら、いまこそ東京の西側エリアがおすすめです。都市型リゾートでウェルビーイングなひと時をすごし、高尾山の自然に癒され、そばや名酒に舌鼓。1泊2日で次の週末からでも楽しめる、マイクロでローカルな西東京の旅へと出かけましょう。

東京にあって東京にない、身近な日常遣いの都市型リゾート

客室、ダイニング、スパとこだわりが徹底された都市型リゾート

西東京を再発見する旅の1日目は、ホテルで心と体をゆっくり癒す時間に充ててはいかがでしょうか。行き先は都心からほど近く、中央線や南武線、青梅線など電車でのアクセスにも便利な立川エリア。立川市による空と大地と人がつながる大型都市開発プロジェクト「GREEN SPRINGS」の街区内で2020年6月にオープンした、ライフスタイルホテルの「SORANO HOTEL」です。

SORANO HOTELが目指すのはウェルビーイングな宿泊体験。心にも体にも健やかな暮らしやライフスタイルを望む人々の声に応え、空を感じられる開放的な空間設計の下、極上の癒しを提供します。高品位・高品質なホテルでありながら、おもてなしは当然のホスピタリティとしてサービス料のチャージは不要。それだけ身近な、いわば日常遣いのリゾートなのです。

滞在そのものがウェルビーイング体験

52㎡のゆったりとした客室設計

ウェルビーイングなひと時を約束するSORANO HOTELでは、部屋ですごすだけでも心と体が癒されます。すべての客室が52m2以上とホテルらしからぬ広さに設計され、大きく取られた窓からは全室パークビュー。隣接する昭和記念公園の緑を楽しめるよう、ぜいたくにも客室中央にベッドが置かれ、全室バルコニー付きとなっています。華やかなインテリアよりも地域にある緑の風景を優先して考えられた、ナチュラルテイストの心地よさが味わえます。

全客室のベッドにはハンガリー産のマザーホワイトグースを使用した羽毛布団を採用しています。通常のホテルでは見られない最高品質の羽毛布団。快適さとエコを重視した高反発ウレタンマットレスも導入し、「ぐっすり眠りたいからSORANO HOTELに泊まる!」という声も宿泊客から続出しています。

「DAICHINO RESTAURANT」では食を通してウェルビーイングな体験を提供

癒しといえば食の時間も欠かせません。館内の「DAICHINO RESTAURANT」では、和食をベースにさまざまな料理のエッセンスを掛け合わせたクロスオーバーフードが楽しめます。山梨県の上野原ハーブガーデン、栃木県の那須で育てるオリジナル米、立川で唯一の養豚場である古川養豚場の柔豚(やわらとん)ブランド……。地元立川はもとより、近隣生産者と連携したローカルな食材が並びます。

また、「DAICINO RESTAURANT」が提唱するのは地産地消をさらに前進させた「適地適作」。最適な食材を最適な場所から調達する、ウェルビーイングな食材選びは、ドリンクメニューにも徹底されています。イタリア企業とコラボしたスパークリングワイン、有機米にこだわった日本酒「立飛のそら」など、オリジナルドリンクもラインナップ。食材が並ぶセラールーム、作り手の仕事が見えるオープンキッチンなど、そのこだわりが随所に徹底されたオールデイダイニングです。

心地よい感動のためのアイコニックなスパ

水面がプールの縁と同じ高さにある、ルーフトップのインフィニティプール

そして、SORANO HOTELのアイコンともいえるのが「SORANO SPA」です。10・11階に構える、宿泊客とスパ会員専用の施設。10階のインドアスパやジャクジースパ、ナノミストサウナでは、繊細で上質な入浴体験を高層階ならではのすばらしい眺望とともに楽しめます。

ルーフトップにあたる最上階の11階では、インフィニティプールが直線60mにわたって延びています。一般的なプールと異なり、水面をプールの縁と同じ高さとし、縁から水をあふれ出させることで、水面と空が一体化。水平線が空に溶け込み、無限に広がるような開放感は、SORANO HOTEL自慢のオンリーワンな感動体験です。

ジムスタジオの窓も大きく取られ、眺望とともに楽しめる

インフィニティプールやインドアスパだけでなく、「SORANO SPA」内にはジムスタジオも併設しています。重視するのはコンディショニング。医学的根拠に基づいて指導し、個々に合ったプログラムを組んで体の機能を回復することで、年齢性別を問わずに効果的なトレーニングを実現する考え方です。

ウェルビーイングなトレーニングをしながらも、眼下には昭和記念公園の森をはじめとする立川の街並みが広がり、晴天日なら遠くに富士山も見渡せる抜群のロケーション。プールサイド・ヨガ、アクアランニングなど季節や時間帯に合ったプログラムもあるので、「ボディリトリート」に注力するパーソナルトレーニングを体験してみてはいかがでしょうか。

SORANO HOTEL

住所:東京都立川市緑町3-1 W1
TEL:042-540-7777
URL:https://soranohotel.com

高尾山へ三つ星登山へ!

ケーブルカーの最急勾配は31度18分と日本一の斜度を誇る

SORANO HOTELで1泊し、心と体を健やかにしたら、2日目は西東京の観光へと繰り出しましょう。一度は訪れたいのが高尾山。フランスのガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』にて三つ星として掲載されたばかりか、約300万人もの年間登山者数はなんと世界第一位。新宿からでも1時間足らずでアクセスできる、都内きっての一大観光地です。

標高599mの山頂へ登るには、1号路から6号路までルートが延びています。安全な舗装路があれば本格的な登山道もあり、ハイキング初心者から登山好きまでレベルを問わずに楽しむことができるところが人気の秘訣。ケーブルカーやリフトを使えば、1時間半を超えるコースタイムを40分程度にまで短縮することもできます。

高尾山の山頂からは奥多摩の山々だけでなく富士山も一望できる

元気いっぱいのサルが見られる「高尾山 さる園」や根がタコのような形をした「たこ杉」を通り、修験道の舞台となった薬王院にお参りしたら、いよいよ高尾山の山頂に到着です。山頂からは晴れていれば遠くに富士山がそびえ、11月には都内きっての紅葉の名所として賑わいます。都心から半日もかからずに味わえる壮大な自然に、息を飲まずにはいられないでしょう。

山頂や道中には多くの茶店が並び、登山客の憩いの場となっています。カレーやラーメンのような定番から、体の温まる汁物、昔懐かしい味噌だんごまで。京王高尾線高尾山口駅には駅直結の日帰り天然温泉「京王高尾山温泉 極楽湯」もあり、とことんリフレッシュできるのが高尾山の醍醐味です。

修験者由来の名物グルメ

店ごとに違いを食べ比べても楽しい

高尾山の山中や麓を歩いていると、多くの食事処に同じような看板が掲げられています。それは「名物 とろろそば」。とろろには滋養強壮の効果があると考えられ、昔から薬王院の参拝客に振る舞っていたことから、とろろそばが高尾エリアの名物グルメとなったのです。

登山口に日本家屋を構える「髙尾山 髙橋家」の歴史はとくに古く、創業は江戸時代の天保年間(1830~1843)にまで遡ります。自然豊かな土地の清らかな水にさらされたそばはそば粉が6割、残りをとろろと上質粉で練った自慢のもの。口当たりのよい長芋と粘り気の強い大和芋をブレンドしたとろろと絶妙な相性に仕上げています。

髙尾山 髙橋家

住所:東京都八王子市高尾町2209
TEL:042-661-0010
営業時間:10:00~18:00
URL:http://www.takahasiya.com

旅をしめくくる西東京の一杯

ローカルから根強い支持のある高尾ビールのタップルーム

高尾山で汗を流し、とろろそばで胃袋を満たしたら、最後に西東京ならではの一杯で喉を潤しましょう。旅のしめくくりにアルコールを楽しめるのもまた、小さな旅であるマイクロツーリズムの醍醐味です。

「高尾ビールタップルーム」は、高尾発のクラフトビールメーカーによる常設店です。定番は八王子産の無農薬ホップと桑の葉茶を使用した「Oh! Mountain」。季節の旬のフルーツを使った「森は生きている」シリーズも好評。豊かな自然を活かした個性豊かなクラフトビールの味わいは、知りえなかった東京の再発見そのものです。

酒蔵見学(現在は休止中)の最後にはきき酒も体験できる

ビールよりも日本酒派であれば、青梅市まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。「澤乃井」は1702年創業の老舗の酒蔵です。奥多摩の豊かな名水が流れる土地で、岩盤を140mも掘り抜いた洞窟から湧き出る仕込水が酒のキレとコシを生み、多くのファンを集めています。

酒造りの工程や蔵に関する話、蔵内の案内など、無料で酒蔵見学(現在は休止中)ができるほか、きき酒処や庭園、自家製豆腐の食事処など直営施設も多岐にわたります。老舗の銘酒をじっくりと味わえるだけでなく、旅の最後のおみやげ選びにもおすすめです。

高尾ビールタップルーム

住所:東京都八王子市高尾町1200-1-2階 Lantern内
営業時間:金曜16:00~21:00、土・日曜14:00~20:00
URL:https://www.takaobeer.com

澤乃井 醸造元 小澤酒造

住所:東京都青梅市沢井2-770
TEL:0428-78-8215
URL:http://www.sawanoi-sake.com

1日はホテルで心と体を癒し、もう1日は高尾山に登って西東京の味覚を味わう。思い立った休日に旅立ち、普段は見逃しがちな地域の魅力を再発見してこそ、新しい旅のあり方です。次の週末からでも楽しめるマイクロツーリズムに、まずは西東京からはじめてみましょう。

  • 記載の内容は2020年9月現在のもので、変更となることがあります。
ライター:Minimal

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る