コンテンツへ

    掲載日:2016.12.15

    子連れで行くオーストラリア、ゴールドコーストの旅

    子連れで行く海外旅行先として、隠れた人気があるオーストラリアのゴールドコースト。今回、現地に住んでいる友人のすすめもあり、思い切って2歳と5歳の子供2人を連れて、家族4人で行ってきました。初めてのオーストラリア&ゴールドコーストでしたが、実際に行った体験から“安心して楽しめる”子連れ海外旅行先としておすすめします!
    ANAオリジナル

    子連れにうれしいゴールドコースト5つのポイント

    1. 治安が良く現地の人もフレンドリーで親切
    2. 海と森の自然に溢れ、珍しい動物にも会える
    3. 食べ物がおいしく、子供の食事も困らない
    4. 年間の300日が晴れで、どの季節も過ごしやすい
    5. 時差がなく時差ボケで1日ムダにする心配が無い

    現地に住む友人からとにかく物価が高いと聞いていたので、ショッピングはあまり期待せず(UGGのブーツだけは安かったけど)、何かあれば現地で友人に聞けば大丈夫!と思い、事前にあまり細かくプランも立てずに勢いで行きました。
    今回目指したのは、ゴールドコーストの中でも特に美しいビーチが広がり、人気があるサーファーズパラダイスです。

    【1日目】まずはサーファーズパラダイスを散策

    日本から家族4人無事現地に到着!ここからゴールドコーストの旅のスタートです。
    事前に予約していたので、空港を出たところで名前のカードを持ったシャトルバスの運転手さんが立っていました。荷物を積んですぐにホテルへ向かいました。空港から街までは比較的近く、サーファーズパラダイスにあるホテルまで約30分くらいでした。滞在先は友人からすすめられたマリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)です。立地もよくファミリー向けでプールが充実しているので子供たちは大喜びでした。

    マリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)
    マリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)

    ホテルに到着してフロントに荷物を預け、ロビーで荷物を整理したり、着替えたりしているとホテルのスタッフがオーストラリアの旗を持ったコアラのぬいぐるみを子供にプレゼントしてくれました。ウェルカムコアラに、娘達は大喜び。早速オーストラリアを感じました。プールの前にあるカフェで少し休んで、早速、サーファーズパラダイスの街へ歩いて行きました。下の2歳の子供は日本から持参したベビーカーで出発です。
    ホテルから出て少し歩くと海が見えてきました。やはり海を見るとテンションが上がります。真っ青な海と空、そしてキレイな砂浜。最高です!海沿いに広い歩道があり、ランニングしている現地の人やビーチで遊んでいる人もいて“海外に来た”感じを実感しました。道は広くフラットで階段などがなくベビーカーの移動も楽でした。

    サーファーズパラダイスのビーチ
    サーファーズパラダイスのビーチ
    サーファーズパラダイスのビーチ
    サーファーズパラダイスのビーチ

    しかし、日差しはかなり強めで日焼け止めクリームとサングラスは必須です。ゴールドコーストでは子供にもサングラスが必要になるので日本から持参してください。海辺から一歩街の中に入ると、カフェやレストラン、さまざまなお店が集まっています。サーファーズパラダイスの街中だったら歩いてどこでも行ける距離感で子連れでも移動はとても楽でした。

    サーファーズパラダイスの高層ビル
    サーファーズパラダイスの高層ビル
    サーファーズパラダイスの街並み
    サーファーズパラダイスの街並み
    サーファーズパラダイスの街並み
    サーファーズパラダイスの街並み

    【1日目】Q1からゴールドコーストを眺める

    サーファーズパラダイス近辺をブラブラして街の雰囲気を楽しんだ後、展望台のあるゴールドコーストで一番高い超高層ビル「Q1」に行きました。展望台の位置は、なんと230mにあるそうです。

    Q1(ビルディング)
    Q1(ビルディング)

    チケットを購入して、エレベーターで77Fまで一気に上がると360度見える展望台「スカイポイント」があります。「スカイポイント」からはビーチにスラッと並ぶ高層ビル群、川沿に優雅に並ぶプールやボートのある家、サーファーズパラダイスのビーチで楽しむ人たち。日本にはない優雅なライフスタイルの生活が見えます。Q1からゴールドコーストの全貌が見えるので、ざっくりと方向感もつかめ、後の旅に役立ちました。初日の早い時間にQ1に行って正解でした。

    Q1から見たゴールドコーストの高層ビル群とビーチ
    Q1から見たゴールドコーストの高層ビル群とビーチ
    Q1から見たサーファーズパラダイスのビーチ
    Q1から見たサーファーズパラダイスのビーチ
    Q1から見た海と反対側にあるネラング川
    Q1から見た海と反対側にあるネラング川

    【1日目】初めてのトラム!便利なパスを活用!

    その後、現地に住んでいる友人とランチの約束があったので、サーファーズパラダイスから移動しました。ここで少し距離があったので初めて街を走るトラム(路面電車)に乗りました。
    ゴールドコーストの移動はこのトラムが便利です。チケットは「Suica」のようなタッチ式でカードが2種類あります。1つは10$のデポジットを払って使う「go card」。駅の販売機かセブン-イレブンで入手できます。駅の販売機で「Suica」のようにカードにお金をチャージして使います。この「go card」は最後の返金(Refund)の場所も限られていて少し面倒ですが、比較的長く滞在する方にはおすすめです。もう1種類はセブン-イレブンで購入できる、1日10$でバスとトラムが乗り放題の「Gold Coast go explore card」。2日目以降はセブン-イレブンや駅の券売機で1日パスを10$で追加(Add pass)することで使い続けられます。こちらの「Gold Coast go explore card」は短期滞在の方におすすめです。もし、1、2回しか乗らないのであればカードを買わずにその都度チケットを買って乗車するのをおすすめします。

    ゴールドコーストの街を走るトラム
    ゴールドコーストの街を走るトラム

    【1日目】ローカルなカフェレストランでランチ

    トラムを降りて、Google Mapでレストランの場所を確認して向かうと、住宅街の中にひっそりと「bumbles」という友人と待ち合わせたカフェレストランが見えてきました。目の前には川があり開放的でとても気持ちのいいロケーションです。観光客はあまりいない場所らしく、川の水辺では地元の人たちが家族でピクニックや水遊びを楽しんでいました。ここで、ゴールドコーストで最初のランチをいただきました。

    カフェレストラン「bumbles」
    カフェレストラン「bumbles」
    「bumbles」の前にある川辺
    「bumbles」の前にある川辺

    現地に住む友人と再会し、ビールで乾杯!久しぶりの出会いで話も弾みます。
    食事は友人のおすすめもあってハンバーガーとシュリンプサンドを注文しました。ハンバーガーは肉の味が濃くジューシーでとても美味しかったです。シュリンプサンドはあっさりした味で大粒のエビがプリプリでいくつでも食べられます。朝早くから動いていたのであっという間に食べてしまいました。観光スポットやおすすめのレストランの情報も友人から入手し、その場でスマホを使って場所を調べて2日目、3日目のざっくりとしたプランを立てました。やはり、現地に住む友人の生情報は頼りになりました。感謝です。

    「bumbles」のハンバーガー
    「bumbles」のハンバーガー
    「bumbles」のシュリンプサンド
    「bumbles」のシュリンプサンド

    【1日目】ホテルに戻ってプールとディナー

    食事を終え、帰りにドリンク、パン、ヨーグルトなどを買ってホテルに戻りました。物価が高いので必要なものはできるだけコンビニやスーパーで買って持ち込みです。ちなみにホテルでは1.5リットルくらいのペットボトルの水が7$しました。

    さすがに子供たちも疲れた様子。ホテルに戻ってみんなでしばらく昼寝。昼寝から目覚めると、子供たちはベランダからプールを見て、「行きたい!」と言い出しました。マリオットプールは、魚も泳ぐ海のようなプール、水が流れるプールがあり子供には最高です。私はプールサイドの日陰でのんびりリラックスしました。

    ベランダから見たマリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)のプール
    ベランダから見たマリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)のプール
    マリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)のプールの浅瀬
    マリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)のプールの浅瀬

    プールにいたトカゲを見て子供たちは大興奮!プールでありながら洞窟やジャングルもあり、かなり楽しめます。あっという間に2時間が過ぎていました。部屋に戻りシャワーを浴びると、そろそろ夕飯の時間。

    マリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)のプールにいたトカゲ
    マリオット(Surfers Paradise Marriott Resort & Spa)のプールにいたトカゲ

    到着からかなり飛ばして動いたので子供たちも相当疲れていたようです。これから子供を連れて外に行くにはしんどいなと思い、1Fにあるホテルのレストランに行ってみると1人85$とかなり高額。しかも、土曜の夜で満席。泣く泣く部屋に戻り、恐る恐るルームサービスのメニューを見ると思ったより安い!よかった!今夜はルームサービスで決まり!
    今、考えるとこの時ルームサービスにして良かったと思います。私と夫が食べたステーキもとても美味しかったし、部屋から見る夜景はとても綺麗で、プールのイルミネーションやトラムなども見ることができて、まるで高層ビルのレストランにいるようでした。キッズメニューのスパゲティーを子供たちが気に入って食べたのでお腹いっぱいになってぐっすり休めました。

    ライター:A Mother with Children

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る