コンテンツへ

出典 : pixta_53816574

掲載日:2020.01.15

【獣医師監修】犬が下痢を繰り返すときは病院に!下痢の原因・考えられる病気と対処法は?

犬が下痢を引き起こす原因はたくさんあります。下痢に加えて嘔吐もある場合や、下痢を繰り返す時は早急に動物病院へ向かいましょう。今回は、下痢のさまざまな原因から治療方法、下痢の予防までを解説します。犬の下痢について、正しい知識を得て、愛犬のために備えておきましょう。

犬の下痢の原因は多数!

下痢の原因
pixta_48373799

犬が下痢をする原因は、多数あります。
胃腸や肝臓や膵臓の病気、腹部の腫瘍、細菌感染症やウイルス感染症、寄生虫感染、食中毒など。
精神的なストレスや冷え、食べ過ぎ、食べ慣れないものによる刺激、食物アレルギーによって下痢を生じるケースもめずらしくありません。
そもそも犬が消化酵素を持たない食べ物を食べた時にも、下痢をすることがあります。
また、異物誤飲や誤食によって腸閉塞を起こした際にも下痢になります。

犬の下痢の症状は? こんな症状があったらすぐに病院へ

下痢の症状は? 下痢便の状態も要チェック
pixta_47558401

1回や2回だけ下痢をして、食欲不振でもなく普段通りにしているようなケースから、犬も苦痛そうな表情を浮かべて1日に何度も下痢を繰り返すケースまで、症状は異なります。
緊急度が高いのは、下痢に加えて嘔吐や元気消失の症状があるケースで、深刻な感染症にかかっている可能性があります。
パルボウイルス感染症、イヌ伝染性肝炎、犬コロナウイルス感染症、犬ジステンパー、レプトスピラ症などです。
感染症では発熱や震えを伴う例も多く見られます。
異物誤飲によって腸閉塞などを起こした場合も、下痢と嘔吐が見られます。
下痢と嘔吐が続く場合は、処置が遅れると命に関わるため、早急に動物病院へ。
腸閉塞を起こしていたら、緊急手術が必要です。
犬回虫などの肉眼で見える大きさの寄生虫に感染した場合、下痢便の中に寄生虫の一部が混じっていることもあります。
寄生虫を発見したら、便を動物病院に持参してください。
便がチョコレート色や黒っぽい色をしている場合、胃や小腸から出血していると考えられます。
これをタール便と呼びます。
その他、下痢便の一部に血が混じっている場合、リンパ腫などの腫瘍の可能性もあります。
下痢と一緒に大腸の粘液が混じって排出された場合は、ゼリー状の便になります。
便が黄土色をしている場合は肝疾患、灰色の場合は膵臓の疾患が疑われます。
下痢の症状で動物病院を受診する際は、下痢便の頻度、回数、量、臭い、色などの状態をなるべく正確に獣医師に伝えられるように、よく観察しておきましょう。

犬の下痢をしやすい犬種や季節は?

下痢をしやすい犬種や季節はある?
pixta_60504426

季節の変わり目に、胃腸が不調になる犬もめずらしくありません。
その場合、食欲と元気がそれほど落ちなくても下痢や軟便をすることがあるでしょう。
人間同様、もともと消化器官が弱く生まれてしまうと、犬種にかかわらず下痢を起こしやすいかもしれません。
食物アレルギーが起こりやすい、柴犬やフレンチ・ブルドッグなどは、食物アレルギーがあると下痢と同時に皮膚トラブルも発生するケースが多いでしょう。
食物アレルギーの反応は1歳未満で出ます。
アレルギーかもしれないと気になるようであれば、早めに獣医師に相談を。

犬の下痢の時の散歩や食事など生活管理はどうする?

下痢の時の散歩や食事など生活管理はどうする?
pixta_59948252

愛犬が下痢をしている間は、通常は絶食をして様子を見ます。
ただ、水分を摂取できないと下痢によって脱水症状が起こりやすくなるため、なるべく水分は摂らせるようにしましょう。
鶏肉のゆで汁などで味をつけたものならば、愛犬が飲んでくれやすくなります。
下痢が続くと、体力を消耗します。
そのため、下痢が収まるまでは散歩は控えてなるべく安静に過ごさせてください。
軽い下痢症状で、発症同日や翌日に収まった場合は、おかゆやふやかしたドッグフード、胃腸サポート用ウェットフード(療法食)などの消化の良いご飯をしばらくは与えて、胃腸への負担を軽減させながら完全な回復を待ちましょう。
感染症では同居犬にうつる危険性があるため、多頭飼育をしている家庭では、下痢をしている愛犬は隔離するようにしてください。

犬の下痢の治療方法

下痢の治療方法
pixta_24773488

引っ越しや飼い主の不在、人間の赤ちゃんや新しいペットが家族に加わったなど、愛犬がストレスを感じて下痢になったことが明らかな場合、まずは、なるべく愛犬のストレスを軽減させてあげられるような工夫をしてください。
ストレスが軽減されるだけで、下痢が止まることも少なくありません。
病気が原因だと疑われる場合は、なるべく早期に獣医師に診てもらいましょう。
下痢止めや整腸剤が、必要に応じて使用されます。
治療法は、当然ながら診断結果により異なります。
細菌感染症の場合は抗生剤、ウイルス感染の場合は抗ウイルス薬などを用いた治療が必要で、点滴や注射や経口で投与を行います。
肝臓や膵臓に問題がある場合、それらの病気に対する治療を施さなければなりません。
内部寄生虫による下痢であれば、寄生虫の種類を特定したのち、駆虫薬を投与します。
ストレスや感染症にかかわらず、脱水症状を改善するための補液も、対症療法として多くのケースで行われるでしょう。
治療費は、下痢の原因となる病気、犬のサイズや入院や手術の有無などによって異なります。

犬の下痢の予防方法

下痢を予防するには
pixta_43176495

食べ慣れないものを食べて下痢を起こしやすい犬は、ドッグフードを切り替える際に、1週間ほどかけて新しいフードの比率を増やしていくといった方法で行えば安心です。
下痢を生じる感染症に関しては、混合ワクチンなどの定期接種で予防を。
アレルギーが疑われる場合、なるべく早期にアレルゲンを特定できるように、獣医師と相談しながら改善に取り組みましょう。
環境の変化による精神的なストレスで下痢をしやすい犬は、あらゆる環境に慣れる“社会化”を行うのが、下痢のひとつの予防法になります。
犬の幼稚園といった施設を活用したり、ドッグトレーナーなど犬のプロの力を借りながら、少しずつ精神的な強さと自信を身につけさせてあげてください。
定期的に健康診断を受診し、下痢の原因となるような病気を早期に発見して早期に治療を開始することも大切です。

犬の下痢のまとめ

まとめ
pixta_9533306

下痢の背景には、様々な原因が隠れています。
まずは原因を特定し、適切な対処と治療を行うことが重要です。
下痢が続くと、愛犬もつらいものです。
様子を見続けることなく、下痢が止まらないようであれば、早めに動物病院へ向かいましょう。

ライター:臼井 京音 Kyone Usui
監修者:箱崎 加奈子(獣医師)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る