コンテンツへ

    掲載日:2020.05.13

    【ドッグトレーナー監修】なぜ、犬の嗅覚はすごいの? 人の何倍? どのくらいの距離まで嗅ぎ分ける?

    よく知られている通り、犬の嗅覚はとても優れています。ここでは、具体的にどのくらい優れているのか、その素晴らしい犬の嗅覚についてお話します。ほかにも、嗅ぎ分けるのが得意なにおいの種類、嗅覚がとくに発達している犬種、警察犬の高度な嗅覚の使い方など、犬の嗅覚にまつわるあれこれを紹介していきます

    犬の嗅覚がすごい理由は?

    犬の嗅覚がすごい理由は?
    pixta_31372214

    ●わずかなにおいを嗅ぎ分ける
    においは、鼻の中の嗅上皮(きゅうじょうひ)にある嗅細胞(きゅうさいぼう)によって感知されます。

    犬はにおいを受け取る場所(嗅上皮)の面積が広く、細胞の数も多いため、人より敏感ににおいを嗅ぎ取ることができるのです。
    具体的な上皮の面積は、人間は3〜4㎠であるのに対し、犬は18〜150㎠にもなります。

    ●得意なにおい
    犬がより敏感に嗅ぎ分けられる、得意とするにおいがあります。
    それは酢酸と吉草酸(きっそうさん)です。

    ・酢酸とは
    酢酸は人間の汗に含まれています。
    人間と暮らすようになった犬が、飼い主さんのにおいを嗅ぎ分ける能力が発達したのではないかという説があります。

    ・吉草酸(きっそうさん)とは
    脂肪酸の一種である吉草酸。
    分かりやすくいうと、足の裏のにおいのことです。
    靴下が好きな犬が多いのは、飼い主さんの足裏のにおいに敏感に反応しているからかもしれません。  

    犬の嗅覚は人の何倍?

    犬はにおいの情報処理を行なう嗅球とよばれる脳の部位が発達しています。
    そのため、犬の嗅覚は人に比べて数千倍から1億倍優れているといわれています。
    (酢酸は人の1億倍、吉草酸は人の170万倍)

    これはにおいを「100万倍強く感じている」「100万倍遠くからでも嗅ぎ取れる」というわけでなく「人が感じ取れる最小の物質が、さらに100万倍薄まっても感知できる」ということを表しています。  

    犬の嗅覚はどのくらいの距離まで嗅ぎ分ける?

    犬の嗅覚はどのくらいの距離まで嗅ぎ分ける?
    pixta_38538614

    嗅覚が優れている犬ですが、遠くのにおいを嗅ぎ取るのが得意なわけではありません。
    犬がキャッチできるのは、風向きにもよりますが最大で3m範囲くらいまでといわれています。

    たとえば警察犬がにおいを追う際も、遠くのにおいを嗅ぎ取っているのではなく、足元の地面に付着した微量なにおいを感知して追跡しているのです。

    犬の嗅覚、芳香剤は嫌い?

    人よりはるかに発達した嗅覚を持つ犬にとって、芳香剤の香りはどのような影響があるのでしょうか。

    基本的には、日常生活において人間に支障ないレベルであれば、犬への影響もほぼないと考えても大丈夫ですが、化学物質などから作られた人工的な匂いや刺激臭が強すぎるものは苦手に感じているかもしれません。

    なお、ココナッツやジンジャーの匂いを犬に嗅がせると睡眠が増えたという研究もあるため(Johnathan Binks, Sienna Taylor et al., 2018)、これらの匂いは犬にとってリラックス効果があるかもしれません。  

    犬の嗅覚、犬種別の特徴

    犬の嗅覚、犬種別の特徴
    pixta_39579984

    ●嗅覚に優れたセントハウンド
    マズルの長さによって嗅覚は異なります。
    鼻が長い犬種は嗅上皮の面積が広く、細胞の数も多いため、より優れた嗅覚を持ちます。

    なかでも、セントハウンドと呼ばれるグループの犬種は、優れた嗅覚を最大限に活用し、タフな集中力で獲物を追跡するエキスパートです。
    代表的な犬種にビーグルやバセット・ハウンドが挙げられます。

    ●「猿追い」が得意な日本犬
    近年、日本の各地で、農作物を守るために猿を山へ追い戻す使役犬「猿追い犬」が活躍しています。
    モンキードッグとも呼ばれています。
    訓練によってさまざまな犬種のモンキードッグが誕生していますが、なかでも「猿追い」に向いた性質を持つといわれるのが、柴犬をはじめとする日本犬です。

    日本犬は空気中の上方に漂う臭いを察知することに長け、木の上にいる猿の臭いを感じ取ることを得意としています。
    これは、日本のマタギの猟では樹上の獲物を追うことが多かったため、マタギ犬として活躍していた日本犬には本能的にこうした能力が備わっているためと考えられています。

    ちなみに、ヨーロッパの犬種は地中にある巣穴を探索したり、地面に近い部分の臭いを追跡する能力に優れています。
    同じ嗅覚の能力でも、こうした犬種の由来によるものがあるのです。

    警察犬はどのくらいすごいの?

    警察犬はどのくらいすごいの?
    pixta_2019961

    高度な訓練を受けることで、犬が持つ嗅覚の能力を最大限に発揮しています。

    ●追跡する能力
    地面にわずかに残った特定のにおいを手がかりに、対象人物の移動した順路を追跡していきます。
    警察犬は靴の裏の匂いではなく、対象人物の体から落ちた細胞の匂いをかぎ取って追跡しているといわれています。

    ●判別する能力
    複数のにおいを嗅ぎ分ける能力にも優れています。
    嗅いだにおいを記憶にとどめ、同じにおいのするものや人を嗅ぎ分けて判別することができます。  

    犬の嗅覚、においに敏感な犬は?

    ●嗅覚を使うには訓練が必要
    家庭犬として暮らす犬は、嗅覚をフル稼働して情報を得ることが少なくなっています。
    視覚で判断することも多い犬たちは、優れた嗅覚を持っていても、意識的に使っていなければ能力は発揮できません。
    そこで、おやつが入った箱や入れ物をにおいで当てたり、特定のにおいをつけたものを部屋の中から探すような、嗅覚を使うトレーニングを日常のゲームや遊びとして取り入れてみましょう。
    こうした学習を進めていくと、嗅覚を使うことが習慣になり、より研ぎすまされて、犬の本能的欲求が満たされるでしょう。

    ●嗅覚が弱い犬種
    パグやフレンチ・ブルドッグ、ボストンテリアなど、鼻が短く短頭種と呼ばれる犬は、ほかの犬種にくらべて嗅覚が劣るといわれます。
    (Zita Polgár et al., 2016)
    鼻が極端に短いために嗅上皮のスペースが狭く、においを感知する細胞の数も少ないためと考えられます。

    犬の嗅覚まとめ

    犬の嗅覚まとめ
    pixta_59792000

    人間の1億倍も優れた嗅覚を持つ犬たち。
    人間にはキャッチできないわずかなにおいを感知したり、複数のにおいを識別したりと、人間の鼻の機能とは大きく異なっていることが分かります。
    こんなにも素晴らしい能力を持っているのですから、お散歩中や家の中など日常的にも嗅覚を使う遊びを取り入れるなどして、その力を発揮させてあげましょう。
    ぜひ、におい当てゲームを愛犬と一緒に楽しんでみてください。
    優れた能力にきっと驚かされるはずですよ。  

    ライター:石川 明加 Haruka Ishikawa
    監修者:鹿野 正顕(学術博士)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る