コンテンツへ

掲載日:2021.03.30

公共料金の支払いで無理なくマイルが貯まる方法

生活に欠かせない公共料金の支払い。その定期的な月々の支払いを通して、同時にマイルが貯まるしくみがあるのです。無理なくマイルが貯まる暮らし、はじめてみませんか?

日々の暮らしがマイルに変わる

暮らしに欠かせない月々の公共料金の支払いでマイルを貯めることも

ガス代や電気代、通信費など公共料金の支払いは、快適な生活を送るために欠かせない出費です。そんな公共料金の支払いで、同時にANAのマイルが貯まったら、素敵だと思いませんか?

ANAが提携しているガス会社や電気会社と契約していると、決済、あるいはANAマイレージクラブ会員番号の連携で、料金を支払うたびにマイルが貯まるのです。

「固定費」とも呼ばれるほど、暮らしの中に根づいた当たり前の支出なだけに、ふだんは強く意識することもない公共料金です。しかし、ちりも積もれば何とやら。公共料金の支払いだけで貯まったマイル数を確かめたら、きっと驚くことでしょう。

公共料金の支払いとともに広がる楽しみ

ANAの提携先を選べば、決済やマイレージクラブ番号の連携でマイルが貯まる

たとえば2人暮らし以上の世帯の場合、2020年の年間平均値から割り出した1カ月あたりの電気代は1万671円(※)。1年間では実に12万8,052円にものぼることになります。ANAの提携先である電力会社を選べば、こうした料金の支払いごとにマイルが貯まっていくのです。

エアコンで快適な室温に保たれた明るい住居で、新鮮な食材を料理した美味しい食卓を囲む。温かいお風呂でストレスを洗い流した後には、冷えたビールを片手に夫婦や家族で語らい…。そんな何気なくも幸せな暮らしの中で、自然に無理なくマイルが貯まるのだから楽しみが広がります。

なお、初回申し込み時のボーナスマイルなど、お得にマイルが貯まるキャンペーンも定期的に実施。その上、ENEOSでんきやENEOS都市ガス、サミットエナジーに切り替えると、カード会社で貯まるポイント移行とは別にさらにマイルが貯まります。
おトクに、自然に無理なくマイルが貯まる公共料金のお支払い。まずは来月の電気代から、始めてみませんか?

  • 総務省 家計調査(2020年)調べ

日々の生活で毎月マイルが自動的に貯まる!

          

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る