コンテンツへ

    出典 : pixta_50867382

    掲載日:2021.03.19

    【ドッグトレーナー監修】《ゴールデンレトリバー》散歩の役割や必要な運動量は?注意点も解説

    大きな体でありながら、とても優しく人懐っこい性格の持ち主であるゴールデンレトリバー。体を動かすことが大好きなため、ストレスを抱えさせないためにも毎日のお散歩が必要です。ここでは、ゴールデンレトリバーのお散歩量やお散歩時に注意すべき点についてご紹介していきます。愛犬がいつまでも健康でいられるために、確認してみましょう。

    【ゴールデンレトリバー】の散歩はいつからしていいの?

    【ゴールデンレトリバー】の散歩はいつからしていいの?
    pixta_70965979

    ゴールデンレトリバーに限らず、どの犬種にも共通しますが、お散歩で直接地面を歩かせるのは《ワクチンプログラムが終了してから》が基本です。

    ワクチン接種が終わっていないのに地面を歩かせたり他の犬と接触をさせてしまうと、病原菌や細菌に感染してしまうおそれがあります。
    犬には、特効薬がない病気や感染力が強い病気、さらには後遺症が残りやすい病気があるため、ワクチン接種は必須です。

    しかし、最近では「ワクチンプログラムが終了する 生後3ヶ月よりも前に、外の刺激を受けた方が良い」とも言われています。

    ワクチンの接種が終わる前に外出する場合は、直接地面を歩かせたり他の犬と触れ合ったりすることがないよう、抱っこをしたり、キャリーに入れることで外の環境を経験させるのがおすすめです。
    抱っこで少しずつ外の世界に慣れることで、スムーズなお散歩デビューが期待できるでしょう。

    初めてお散歩する時はどうしたらいい?

    ゴールデンレトリバーは、生後4ヶ月頃で10kgを超えるほど成長します。
    お散歩ができるようになった頃にはすでに小型犬サイズを超えているため、飼い主さんは引っ張られて怪我をしないように注意が必要です。

    子犬の頃から褒めることを中心にお散歩の練習をすることも大切ですが、飼い主さんの歩調に合わせて歩いてくれるようになるためには時間がかかるため、飼い主さんにも犬にも負担が少ない引っ張り防止用のハーネスを利用することをお勧めします。

    小型犬を超えるサイズではありますが、骨や筋肉は未発達です。
    大型犬と同じくらいの時間や距離のお散歩をしてしまうと、体に負担がかかってしまいます。
    1回の時間は15~30分程度を目安に、愛犬の様子をよく見ながら散歩をしましょう。

    【ゴールデンレトリバー】の散歩は毎日必要?しなくていい?

    【ゴールデンレトリバー】の散歩は毎日必要?しなくていい?
    pixta_33260953

    ゴールデンレトリバーは、運動が大好きな犬種です。
    そのため、できるだけ毎日お散歩をするのが好ましいと言えます。
    運動不足になってしまうとストレスが溜まる、肥満になるなどの原因になりかねません。

    ときにドッグランに連れて行き、思いっきり走らせてあげるのもおすすめです。

    雨の日、忙しい時、難しい時、お散歩はどうする?

    飼い主さんや天候の都合で、お散歩に行けない日もあるでしょう。
    大雨や雪の日にお散歩に出かけてしまうと、視界が悪かったり、滑ってしまったりするおそれがあります。

    どうしてもお散歩に行けない場合は無理をせず、室内遊びに切り替えてください。
    とはいえ、ゴールデンレトリバーを遊ばせるとなると、広い空間が必要です。
    ゴールデンレトリバーを家に迎える段階で、愛犬が遊べるほどの広さを自宅に確保するのが好ましいでしょう。

    万が一、自宅で遊びきれない場合は、屋内のドッグランなどに連れて行き思い切り遊ばせてあげてください。

    【ゴールデンレトリバー】の散歩の「回数」「時間」「距離」の目安は?

    体力があるうえ、とても活発な犬種のゴールデンレトリバーは、毎日2回、1回につき1時間程度のお散歩をするのが適しています。
    ただ歩くだけだと距離にして3~5kmと長距離になり、飼い主さんもかなり大変になってしまいます。
    そのため、歩くだけでなく、ボール投げや引っ張りっこなどの遊びを取り入れることで、歩くよりも運動量が確保でき、お互いのコミュニケーションも深まります。
    1日2回1時間程度の時間を取るのが難しいときは、1回目を30分、2回目を1時間30分など調整してあげると良いでしょう。

    もともと狩猟犬だったこともあり、体を動かすことが大好きなので、お散歩だけでなく飼い主さんが一緒に遊んであげる時間も確保するのがおすすめです。

    【ゴールデンレトリバー】の散歩に適切な「時間帯」「季節」

    【ゴールデンレトリバー】の散歩に適切な「時間帯」「季節」
    pixta_4128039

    ゴールデンレトリバーに限ったことではありませんが、季節によってお散歩時間に注意しなければいけません。
    愛犬の健康を守るためにも、確認しておきましょう。

    暑さに弱いため「夏」のお散歩は早朝&夕方に!

    ゴールデンレトリバーの被毛は、オーバーコートとアンダーコートの二重構造になった「ダブルコート」で、暑さが苦手です。

    そのため、夏の暑い時期は涼しい時間帯である「早朝」や「夕方」以降にお散歩に出かけるようにしましょう。

    また、アスファルトが熱を持っている時間帯にお散歩をしてしまうと、肉球が火傷してしまうおそれがあります。
    夏のお散歩には注意してください。

    食事の2時間前後のお散歩は避けましょう

    大型犬であるゴールデンレトリバーは、胃が拡張してねじれてしまうことで、呼吸困難や脈圧の低下、ショック症状などを引き起こしてしまう「胃捻転」になりやすい犬種です。

    食前や食後(食事の2時間前後)は「胃拡張」といい、腹部に空気やガスが溜まることがあります。
    お腹にガスが溜まった状態で胃がねじれる「胃捻転」が起きてしまうと、犬はゲップなどで空気を出すことができず、血流も悪化します。
    血流が悪くなることで、胃が壊死してしまうことがあるのです。

    胃捻転はお散歩をしているときや遊んでいる最中など、ちょっとしたはずみで起こる場合があり、最悪の場合、命を落とす危険もあります。
    ゴールデンレトリバーの命を守るためにも、食事の2時間前後にお散歩をすることは避けてください。

    【ゴールデンレトリバー】を散歩する際のトイレ(排泄)はどうする?

    ゴールデンレトリバーに限らず全ての犬種にいえることですが、お散歩時に排泄した場合、必ず持ち帰るのが基本です。
    散歩時には必ずウンチ袋を持って出かけてください。

    またゴールデンレトリバーには、1回1時間程度のお散歩が必要です。
    長時間の外出となるため、ウンチ袋を入れるバッグはリュックやショルダーバッグのような、両手が空くものを選ぶのがおすすめです。

    【ゴールデンレトリバー】が散歩を嫌がる(歩かない)場合の理由と対処法は?

    【ゴールデンレトリバー】が散歩を嫌がる(歩かない)場合の理由と対処法は?
    pixta_73017548

    体を動かすことが大好きなゴールデンレトリバーですが、なかにはお散歩が嫌いという子もいるかもしれません。
    お散歩の途中で歩かなくなるような仕草を見せたときは、周辺にゴールデンレトリバーが警戒する何かがないか、確認してみてください。

    また、毎回同じ場所でお散歩を嫌がるようであれば、その場所で過去に何か嫌なことがあったのかもしれません。
    お散歩ルートを変えてみてもいいでしょう。

    体調不良が原因でお散歩を嫌がることもあります。
    愛犬の体を触って、嫌がる箇所や痛がる箇所がないか確認することも必要です。

    吠える時

    “番犬に不向き”と言われるほど、人に懐きやすい犬種であるゴールデンレトリバー。
    吠えることが少ないため、お散歩中に吠えたら飼い主さんもびっくりしてしまうでしょう。

    お散歩中に愛犬が吠えたら、歩くのを嫌がる仕草をみせたとき同様、愛犬が警戒するものが近くにないか確認してみてください。

    また、屋外で飼育しているゴールデンレトリバーは、室内で飼育されている場合に比べて過度な吠えが多いようです。
    室内で飼育できるように環境を整えるのもおすすめです。

    運動不足やしつけ不足で吠えてしまうこともあります。
    愛犬の運動量が足りているか、再確認してみるのも良いでしょう。

    【ゴールデンレトリバー】が散歩から帰った後のお手入れ方法!

    【ゴールデンレトリバー】が散歩から帰った後のお手入れ方法!
    pixta_36992117

    お散歩から帰宅したら、家に入る前に足を拭いてあげてください。
    基本的には、乾いた布や濡れた布、ウェットティシュで拭くだけで良いでしょう。

    汚れが気になる場所は、ぬるま湯で絞ったタオルでふき取るか、その部分だけ洗ってください。
    このとき、濡れたまま放置してしまうと皮膚の質を低下させてしまうおそれがあるため、洗った後はドライヤーを使用し、しっかりと乾かしてあげることも大切です。

    ゴールデンレトリバーの下毛は細く柔らかいため、毛玉になることがあります。
    お散歩で付着したゴミを取る意味も込めて、お散歩の後にブラッシングしてあげるのもおすすめです。

    まとめ

    ゴールデンレトリバーには運動が大好きな子が多いため、できるだけ毎日お散歩に出かけてあげましょう。
    毎日1時間程度のお散歩をするのは大変かもしれませんが、愛犬がストレスを溜めずに過ごせるようにするには重要なことです。
    愛犬の健康を維持するため、お散歩量にも注意してみてくださいね。

    ライター:PECO
    監修者:鹿野 正顕(学術博士)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る