コンテンツへ

掲載日:2021.07.15

【獣医師監修】トイ・プードルは寝るのが好き?快適な睡眠のためのポイントを解説

トイ・プードルはよく眠る犬種でしょうか?子犬から老犬まで、トイ・プードルに必要な睡眠時間などを知っておき、愛犬の健康維持に役立てましょう。旅行時や季節ごとに快適にトイ・プードルが寝られるポイントも紹介します。

トイ・プードルは寝るのが好き?子犬〜成犬それぞれの睡眠時間、寝る時間帯

トイ・プードルはお気に入りの場所でゆったり過ごすことが多い
pixta_74486036

作業犬ではなく愛玩犬であるトイ・プードルの場合、1日の過ごし方としては室内のお気に入りの場所でゆったりと寝ている時間が少なくないでしょう。
トイ・プードルは寝るのが好きというより、散歩や遊ぶ時間以外はすることがないため、眠っていなくても横になっている時間が自然と多くなるものです。
老犬になると、身体機能の低下によって活動量が落ちるため、眠ってはいなくてもドッグベッドなどで休んでいる時間がさらに増えるに違いありません。
トイ・プードルがもっともよく寝る時間帯は、飼い主さんも眠る夜間や、静かな環境になる留守番中が多いでしょう。

成犬の睡眠時間の平均は、およそ11時間だったというアメリカの研究結果があります。
子犬に必要な睡眠時間は、生後2カ月~3カ月齢で18~19時間、4カ月~5カ月齢で17~18時間、6カ月~7カ月齢で16~17時間と考えられています。

1歳以降の成犬でも、1日合計で12~15時間の睡眠時間が確保できるのが理想とされています。
また、成犬に比べて老犬の睡眠時間は長い傾向にあります。
近年、犬の平均寿命が延びたことから、よく寝る生活を高齢のトイプードルたちは送っているでしょう。

トイ・プードルの睡眠時間と健康の関係

構いすぎて犬が睡眠不足になってしまうことも。特に子犬期は注意
pixta_72131740

犬のレム睡眠とノンレム睡眠は、約20分おきに訪れると考えられています。
野生の時代は危機をすぐに察知して、即座に逃げるといった対処をする必要があったため、犬の眠りは浅く、人間のように継続して眠らなくても問題ありません。
1日の合計で、ライフステージごとの理想的な睡眠時間が確保できれば、健康を損なうことはないでしょう。

ただし、人間でも「寝る子は育つ」と言われるとおり、トイ・プードルの骨格構成がほぼ固まる生後7カ月頃までは、心身の健全な発達のため、適切な睡眠時間を確保できるように飼い主さんも特に気をつけてください。
活発で愛らしい子犬を迎え、家族みんながバラバラに遊び時間を作ったりすると、トイ・プードルが睡眠不足に陥りがち。子犬を構いすぎないようにしましょう。

もちろん、生後8カ月以降も、睡眠不足が続くとストレスレベルが上がったり、免疫力が低下したりして心身に悪影響が生じるため、日々しっかり眠れるように環境を整えてあげることが重要です。
なお、もともと眠りが浅い犬たちはすぐ起きるので、起こさないように飼い主さんが静かに行動するといった気を遣う必要はありません。

トイ・プードルが寝ない時はどのようにすれば良いか、寝床で寝ない時の工夫点

トイ・プードルは飼い主さんのそばにいることを好む
pixta_54099524

水猟犬であるスタンダード・プードルを小型化してできたトイ・プードルは、愛玩犬の中では活発なタイプです。飼い主さんと一緒に遊んだり、トレーニングをしたりすると、きっと大喜びすることでしょう。
そんなトイ・プードルが興奮してしまうと、なかなか気持ちがクールダウンせず、寝てくれない時があります。
特に、直前まで楽しく遊んでいたのにサークルに突然入れられたりすると、ドッグベッドがあっても、寝る気分になれないかもしれません。

トイ・プードルは、一般的には独立心が高いと言われるテリア種や日本犬とは違い、飼い主さんのそばにいることを好む犬種でもあります。
愛犬がなかなか寝ない時は、まずはソファやフロアの上などで飼い主さんの横で寝ることから始めて、トイ・プードルがリラックスしたら、そっとサークル内のドッグベッドに移してあげるのがおすすめです。

旅行中、愛犬がなかなか寝てくれないケースもめずらしくありません。
飼い主さんと同じベッドで一緒に寝る習慣がついているトイ・プードルの場合、最良なのは、犬もベッドに上がれる宿泊先を選ぶこと。
それがむずかしいホテルや旅館などに泊まる場合、旅行前に、飼い主さんのベッドや布団の横に置いたクレート内で寝かせる練習をしておいてください。
旅先では、愛犬や飼い主さんのにおいがついたタオルなどを寝床に敷いてあげたり、愛犬が一緒に寝ているぬいぐるみなどを持参したりすると、安心して寝てくれやすくなるでしょう。

トイ・プードルがトイレで寝る理由と対策

トイレで寝てしまうのは部屋が暑いと感じている場合も
pixta_57578545

サークル内にトイレと寝床を置いているケースをはじめ、トイレで寝るトイ・プードルも少なくないようです。
その理由は、いくつか考えられます。

ひとつは、トイレのほうが飼い主さんの居場所に近いから。
飼い主さんに近い位置にドッグベッドを置いたり寝床を用意すると、トイレで寝なくなる確率はアップします。

もうひとつは、ドッグベッドやクレートより、トイレのほうが寝心地が良いから。
特に暑い時期や暖房が効きすぎている部屋では、ふわふわのドッグベッドや空気がこもりやすいクレートでは暑く感じて、少しひんやりする感覚を得られるトイレで寝てしまうかもしれません。
その場合は、冷感ブランケットをドッグベッドにかけたり、冷たく感じるアルミマットを敷くスペースも設けたりして、寝心地の良い場所を作ってあげてください。

トイ・プードルがよく寝られる環境

季節に応じて快適に過ごすための工夫が必要
pixta_14138034

寝る場所は、安眠を得るために大切な要素です。
多くのトイ・プードルがよく眠れるのは、大好きな飼い主さんのそばでしょう。
同じベッドで寝ると、飼い主さんがかえって気になって熟睡できないのであれば、同じ寝室に寝床を設置してあげるだけでも構いません。

トイ・プードルは、保温効果の高い下毛(アンダーコート)を持っていない犬種なので、寒がりな傾向にあります。
特に、子犬と老犬は寒さに弱いので、冬は保温効果の高いドッグベッドや毛布を用意してあげましょう。

汗で放熱できない犬たちは、人間よりも高温多湿に弱いものです。
夏は、快眠のためだけでなく熱中症予防のためにも、夜間もエアコンをつけたままにしておくのがベスト。
トイ・プードルが床に近い場所で過ごす場合、エアコンの設定温度よりも低いはずです。
その点に注意しつつ、寝る場所が20度を下回らず、22~25度位に温度設定ができればトイ・プードルは心地よく寝られるでしょう。

夏は、日光で愛犬の寝床が温まらないように注意する必要もあります。
トイ・プードルが朝から日中にかけて過ごす場所は、遮熱機能のあるレースカーテンをはじめ、冷感マットや冷感ラグを活用したりしながら、快適に過ごせるように工夫してください。

まとめ

快眠のための環境を整えることが大切
pixta_11638807

トイ・プードルは、暑さにも寒さにも比較的弱い犬種なので、快適に眠れるように環境を整えてあげることが大切です。
また、飼い主さんの近くで過ごすことを好む犬種なので、なるべく飼い主さんのぬくもりが感じられるような場所にドッグベッドなどを置いてあげましょう。

旅行の際も、安心して寝られるように事前準備を忘れずに。
日々の快眠生活が、トイ・プードルの心身の健康維持につながります。

  • メインビジュアルは、イメージ(pixta_71537577)です。
ライター:臼井 京音
監修者:箱崎 加奈子(獣医師)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る