コンテンツへ

掲載日:2021.08.02

ボーイング787型機の客室内の気圧は、高さ何メートルの山頂と同程度に保たれているでしょう?

思わず人に話したくなる、飛行機と旅にまつわるトリビアをクイズ形式でご紹介します。

Q:ボーイング787型機の客室内の気圧は、高さ何メートルの山頂と同程度に保たれているでしょう?

1.約1,500メートル

不正解
A: 約1,800メートル

ANAが開発段階から参画したボーイング787型機。従来は標高2,400mと同じだった機内の気圧が、ボーイング787型機では機体を構成する部材が強化され、高さ1,800mの山頂と同程度に与圧が可能になりました。その結果、耳が痛くなりにくく、より快適な機内環境をつくり出しています。

2.約1,800メートル

正解
A: 約1,800メートル

ANAが開発段階から参画したボーイング787型機。従来は標高2,400mと同じだった機内の気圧が、ボーイング787型機では機体を構成する部材が強化され、高さ1,800mの山頂と同程度に与圧が可能になりました。その結果、耳が痛くなりにくく、より快適な機内環境をつくり出しています。

3.約2,100メートル

不正解
A: 約1,800メートル

ANAが開発段階から参画したボーイング787型機。従来は標高2,400mと同じだった機内の気圧が、ボーイング787型機では機体を構成する部材が強化され、高さ1,800mの山頂と同程度に与圧が可能になりました。その結果、耳が痛くなりにくく、より快適な機内環境をつくり出しています。

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る